post

セミナーでの学びを100%実践できる考え方


ご訪問ありがとうございます。

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ川田治です。

「じゃさ、セミナー出てやったことって結局何なの?」

3年前 新橋にあるマイコーチの事務所で
前月の振り返りをしていた時のこと。

いつものように付箋で前回セッションからの成果を書いてました。
契約○件、セミナー集客○人、メルマガ読者○人獲得、などなど。

そして最後の方に「セミナー3件参加」と書き加えました。

(おー!俺って結構がんばってるじゃん)

そんな風に思っていたそんな時、マイコーチから 冒頭の一言。


「あ、、んと、、、コンサルや起業家の方と
繋がれましたし、メルマガ配信とかの知識は得ましたけどwwww
やったこと・・・・・・・・ないです大汗」

マイコーチ
「ふーん。そっかー、治ちゃんさ、それでいいの?


「いや・・・・・・・よくないです」

(そうだよな・・・何のためにセミナー行ってんだろ。。
行ったことで満足してんじゃん。。
このままセミナー行き続けても意味ないな・・)

痛烈に思いました

あなたもそんな風に思った経験ってありませんか?

セミナー以外でも、みんなが進めるビジネス本を読んで
気持ちは上がったんだけど結局行動には繋がってない。

コーチングの復習講座には通ったけど、
その場で気持ちが上がって、結果数日後には、
何を学んだのかも忘れてる。

今お伝えしてきたように僕も同じでした。

そんなインプットメタボから卒業できたのは、
母校であるコーチングスクールで
サポートスタッフをするようになってからなんです。

コーチングスクールで変えたメモの取り方

4年前スクールに通っている時は、
「とにかく講師の話を全部吸収しなくちゃ!」という意識で一杯でした。
だからとにかくメモとりまくり。

でも卒業してからは、そのノートを見返すことも、
ほとんどなく・・・・・・
「これじゃメモ意味ねーな」と気づきました(←遅い)

それから数ヶ月後、クラス運営のサポートに入ってからは
メモの取り方をガラッと変えました。

それは「学んだこと」を書くのではなく、
「学んだことのTO DOリスト」を最優先で書くように変えたんです。

例えば・・・

「次のセッションで○○という質問をつかってみる」
「帰ったら奥様に、○について説明してみる」
「明日のメルマガで□□について書いてみる」
といった感じです。

こうすることによって、
格段に自分のビジネスもコーチングスキルも
成長を感じられるようになったんです。

学んだことを実践に繋げられる意識

今振り返れば、僕は以前セミナーに参加した時には
こんな順番で目的を考えて参加してました。

1・新しい知識やノウハウを手に入れるため

2・参加者とのご縁や人脈の広げるため

3・参加後に、TO DOリストを作るため

という流れです。

で、この順番こそが大きな落とし穴だったんですよねww

でも気づけないから、何度も穴にハマりまくる・・・
を繰り返してました。

この順番が良くないのは、
結局、【学んだ気になっただけ】に終わっちゃう
可能性がかなり高いから。

せっかくの学びも、「さすがだなー。いい話だわ、やっぱり」
で終わっちゃうと、ビジネスに何の変化ももたらされません。

なぜならビジネスの場合に限らず
【知識は外の世界に出してみて、初めて価値を生み出すもの】
だからです。

だからこそ!セミナーに参加したら必ず、
「では実際にビジネスで何をするのか?」
たくさん付箋で書き出してみることを激しくオススメします。

例えば人脈のセミナーだったならば
「◯◯さんに帰りの電車の中で、メッセンジャーで連絡する」

ライティングのセミナーだったならば、
「学んだ順番でブログを書くために、
電車の中でスマホでまずは3行書いてみる」

といった少なくとも
セミナールームを出てから、
自宅帰るまでの間にできるリスト
をいくつか書き出しておきましょう。

このアクションとTO DOリストなしに
セミナールームを後にしているなら、
「何のためにセミナーに参加したんだよ」って話。

これはセミナーに限らず、コーチングで
継続サポートしてるクライアントも同じです。

成果が出るクライアントは、課題の報告も早い。
だからコーチ側も、遅くともその日のうち
に手を動かせるような極力ハードルを低くしたアクションに迄
落とし込む必要があります。

学びの忘却曲線

「エビングハウスの忘却曲線」という有名な実験結果によると、
人は20分後に42%、1時間後に56%、
1日後に74%、1週間後77%、1ケ月後79%が忘れてしまう

という結果が出ています。

ということは、
「明日からやろう、週明けからやろう、
今取り組んでいる仕事が落ち着いてからやろう」
といったスピード感だと
せっかくの素晴らしい学びも色褪せちゃう。

それこそ本当に
お金と時間の無駄の繰り返しです。

そもそも帰ってから、
一人で部屋に閉じこもって、ノートを見返して、
「TO DOリスト」を作ろうとしても、
刺激も少ないし、そもそも自分の狭い思考の中からは、
大したアイデアは出てきません。

だからこそ刺激をあたえてくれる
講師から学んでるセミナー中に、
リストをつくることが超効果的だし、
すごく意味があるんです。

先日開催した
「もう集客できないなんて言わせない!3つの集客パターン体験会」でも、
セミナーの冒頭にこのことをお伝えし、
セミナー最後には全員で実践項目を宣言してもらいました。

すると、、、参加者のFacebookスレッドには
「やりました!」という発言が続き、盛り上がってます。

重要なので繰り返しますね。ポイントは
【学んだ後こそソッコーで形に変える】こと。

だから今までのセミナー参加の目的意識を
次のように変えましょう!

セミナー参加の正しい意識

セミナーに参加して行動・実践に繋げられるようになったのは
この順番です

【Before】

1・新しい知識やノウハウを手に入れるため

2・参加者とのご縁や人脈の広がりをつくるため

3・参加後に、TO DOリストを作るため、復習

【After】

1・即実行するTO DOリストをその場で作るため

2・参加者とのご縁や人脈の広がりをつくるため

3・新しい知識やノウハウを手に入れるため

こうすることで、
セミナーに参加している間のメモの仕方も俄然変わりますし、
セミナー参加費回収スピードも段違いです。
是非次回のセミナーから、やってみてください。

何か参考なればとってもとっても嬉しいです。
最後までお読み頂きありがとうございました!


post

ビジネス経験ゼロでも契約がとれた理由


ご訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

女性起業家をメインにサポートしていますが、一定の割合の方は、起業前であったり、スタート直後の方がいます。今日ご紹介する加藤久美子さんは、「子供の夢応援コーチ」として活動しています。まだ起業家として活動し始めたばかりですが、子育てと両立しながら、充実した毎日を過ごしています。

久美ちゃんと出会ったのは約1年前。初対面でしたが、僕のコーチングセミナーに参加してくれて「わー!コーチングって面白い!」って感じてくれて、そのままオリジナルコーチング講座「STAGE UP」でコーチングについて学んでくれました。今では複数の継続クライアントさんをサポートしながら、イベント開催にもチャレンジしています。あ、そういえば他にもチャレンジしてました。なんとフルマラソン完走も!!

仲間内で練習をしたり、僕の母校のスクールの後輩とセッションを重ねて、どんどん上達していく久美ちゃんでしたが、始めた当初は「体験セッションを告知するのも、ブロックがあって・・・」となかなか告知できない時期もあったし、数週間セッションから離れた時期もありました。でも、その度にちゃんと自分と向き合ったり、セッションで一緒に扱ったりして進んできました。その結果「本当は怖いけど、勇気を出して挑戦します」って力強いメッセージが届きました。

そこから数ヶ月後「おさむさん!有料で継続クライアントさんできました!」とメッセージもくれました。プロコーチやカウンセラーにとって初めての継続クライアントさんと契約できた時の喜びは忘れられないくらいの感動があります。余談ですが、僕の師匠は「たった一人のクライアントのことだけを寝ても覚めても考え続けること。自分の脳内をその人だけで一杯にするんだ」って教えて貰ったことがあります。毎回自分のセッションを振り返り、質問してくる久美ちゃんは、間違えなく更にいいコーチになっていくでしょう。

成長し続けられる人に必要なコト

僕が、久美ちゃんから学ばせてもらったことは、常に初心に帰ろう、基本を見直そうという点。実際にコーチングを学んでセッションだけでなく、ご自分の家族に使ってみて、どうだったのか?よかったこと、失敗したことを小まめに報告してくれます。

半年後には「コーチングのコの字も知らなかった私が、まさかコーチングを学んでるとは、半年前には考えられないことだけど、今では、コーチング学んでよかったと思ってるし、 コーチングを広めたい!とまで思ってます。」素晴らしい。

今回改めて、3ヶ月を振り返ってみて感じた久美ちゃんの最大の長所は「素直さ」です。素直な人は、他人の話をしっかり聞ける純粋な心の持ち主。そういう人ほど、他人の意見を受け入れる心の余裕もあります。人は、自分の意見を素直に聞いてくれる人や、自分を理解してくれる人を、とても大切にする傾向があるし、もし自分と意見が違っていても、まずはその人の話しを受け入れてあげると、相手は徐々に心を開いてくれます。ビジネスでも成功するのは、他人のアドバイスを受け入れられる素直な人。その長所をくみちゃんは体現していいます。伏せたコップには水を注ぐことができないように、起業当初から、執着・固執し過ぎると結果はでづらいもの。まずは自分自身の心をオープンにして素直に新しい考え方を受け入れてみましょう。

ダメな自分を出せたからこそ、次の一歩が踏み出せた

そんな久美ちゃんに3ヶ月のアンケートに答えてもらいました。

①3ヶ月で変ったこと・成果はなんですか?

私の大切にしたいことが明確になったこと。何度も何度も話すことで、自分の中で少しずつ、「大切にしたいこと」がしっかりしたものになり、現在、形になりつつあります。一度では、ここまでの考えには至らなかったし、じっくり6回コーチングで向き合ったからこそ、本当にやりたいことが見えたんだと思います。

②ここが一番良かった!という点は?

自由に話せたこと!自由に話せたおかげで、自分のいろいろな想いに気づくことができました。そして、想いをそのままにするのではなく、「それがどうなったらいい?」「それの何がいいの?」などと聞かれることで、想いを深めることができました。

③コーチングってどんな体験でしたか?

自分にじっくり向き合う時間。今まで、こんなに自分と向き合うことがなかったので、貴重な体験でした。

④「どうして沢山のコーチがいる中で選んでくれたんですか? 」

マイコーチを頼むなら、治さんしかいない!と思ってました。治さんの「あり方」が、私にとって居心地がよく、なんでも話せると思ったから。

⑤「他の人に紹介するとしたらどんなコーチだって紹介してくれますか?」

とにかく、なんでも受け止めてくれるコーチです!だから、ダメな自分も出せたし、ダメな自分を出せたからこそ、次の一歩が踏み出せた。安心して話せるコーチです。

⑥マイコーチにひとこと

3ヶ月間、ありがとうございました!治さんのおかげで、あきらめずに、ここまで来れました。マイコーチがいることがこんなに心強いとは思いませんでした。引き続き、よろしくお願いします♪

久美ちゃん、こちらこそ有難うございました!


心強さを感じて頂けて嬉しいです、心強さを感じられたコーチは、自分のクライアントさんに同じことを感じてもらうことができます。天性の素直さはそのまま活かしながら、ビジョンに繋がる年末の目標まで走っていきましょう。

もし、結果が出なくてもがいていたり、行動できずにモヤモヤしているなら、先を走っている人や尊敬する先輩起業家に素直に「教えてください」と声をかけてみては?

最後までお読み頂きありがとうございました。何か参考になれば、すごくすごく嬉しいです。


post

起業3ヶ月で収入2倍を実現した英語コーチ


御訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。

僕が継続サポートしている女性起業家の皆さんには、年収1億近いという社長から、起業する前でOLをしながら、副業の準備をしてる人まで様々なステージの方がいらっしゃいます。当然知識も違うし、セルフイメージも違います。また起業したばかりでも、それまでのキャリアや経験によって進み方も違います。いつも比べるのは過去の自分。だから、クライアントには、強制はしないし、それぞれのやり方・それぞれのペースがあっていいと思ってサポートしています。

そんな様々なサポートさせて頂いている女性起業家のクライアントさんの中でも、今回は、メルマガやブログをしていなくても、すごく順調なスタートを切った英語コーチの「ケイティ」こと英語コーチの米津恵子さんのご紹介です。ケイティは外語大を卒業後、客室乗務員として経験をした後、ビジネスパーソン向け英語コーチングスクールで約1,000人の英語学習をサポート、ベンチャー企業で法人向け研修や個別カリキュラムの開発後に、今年の春独立されたばかり。英語コーチとしてサポートして3ヶ月目ですが、わずか半年前とは、全然違うステージに立って活躍されています。

ある日の午前中、シェアオフィスで仕事をしていると、ケイティからメッセージが届きました。

「ご報告です☆この前のセッションの時にもお伝えしていましたが、お一人、新たにサポートさせていただくことになりました♪ワクワクです☆まずは治さんにお伝えしたくて!メッセージしました!」

すごい。ケイティの英語継続コースは、決して「即買います!」という安価な価格ではありませんが、でも独立以来毎月確実にクライアントさんを増やしています。そして、ケイティの素晴らしいところは理想のワークスタイルの実現とクライアントさんとの関わりの質を落とさない為に、ちゃんと仕事量も考えてスタートアップできています。

長期と短期目標

僕は個人サポート・コーチングスクール・起業塾とすべてのメニューに必ず振り返りを入れています。コーチである僕自身も含めて振り返る習慣を持っている起業家は本当に少ないんです。この日も近況報告の後、前月の振り返りをしました。「どんな7月でしたか?」という問いに対しても、「そうですね、7月は出会いと学びの月でした。だから8月はフロー状態に入る月にします!」翌月をどんな月にするか聞くまでもなく、自動的に未来思考になっているは流石。ケイティだけでなくすべてのクライアントさんとは、何度もビジョンを描きます。そこから半年・3ヶ月の計画を立てます。ポイントは両方のバランス。

アンソニーロビンスは「壁の向こうに目を向けよ。成功には長期的な視点も不可欠だ。いざ決断して行動を起こしても、短期的には効果が上がっていないように見えることがある。しかし、そこでやめてしまっては、行動した意味がなくなってしまう。」と言っているように、タイムラインをとにかく長くみること。焦らなくなるし、目的意識を持って焦りが少なく、行動にフォーカスできます。ケイティとも立てた計画は変わってきてますが、行動できないで変えているわけではなく、しっかり行動して→振り返るサイクルを回しているから、本人も自然に未来思考・目的論で考えられるようになります。

行動することで認知が変わる

ケイティに初めてお会いしたのは昨年末。同じく素敵な英語コーチからご紹介いただきました。その時はまだ組織内にいましたが、初めて会話をしていても明るい性格・頭の回転の速さ・相手の立場で考えられる優しさがあるので今まで組織内でも可愛がられたきただろうし、これからもこれだけのコミュニケーション能力があれば、当然素敵な方々に囲まれているんだろうなと想像できました。

でも、去年会ったケイティの口からは、「色々とメンタルブロックがいっぱいあって・・・・感じることって大事なのに、ついつい頭で考えちゃうんですよね。」独立することに対してワクワクよりは不安をより強く感じているような状態でした。「もったいないな・・・・、これだけのキャリアと人間性があれば絶対に起業しても成功するのに」そう感じて、「サポートが必要なったら声かけてください」と伝えたのをを覚えています。

それから、5ヶ月が経ったGWのこと。

ケイティから久しぶりにメッセージが届きました。「治さん!色々あって完全にフリーになることを決めました!治さんのコーチングを受けたいのですが」独立を決めた当初は、心に余裕がなかったようですが落ち着いてきたとのこと。これは体験セッションの日がちょうど誕生日だったので♪

そこからまだ3ヶ月ですが、現在では

・初月から毎月複数の継続クライアントさん獲得

・HPの作成とリリース・通訳の仕事受注

・企業での英語レッスンとセミナー

・同じ英語コーチの先輩とオンラインサロン開始

・一般向けのセミナーを開催すれば満席

・音楽と英語を合わせた講座開催

とドンドン仕事をもらえる状態です驚

この日のセッションでみ、以前のことを話してたら「あ、そういえばそんなこと言ってましたね笑。勇気を出して一歩踏み出してみたら全然大丈夫でした!」とメチャ笑顔で話してくれました。そんな彼女から改めて感じたことは

行動・体験することで認知はドンドン変わる

ということ。

もちろん、実際には成果の前に仕事でのミスや不安もたくさんありました。ある方との人間関係を扱ったセッションの直後には「これまで「逃げる」選択を多々していたなぁーと思います。もっと正直に、思ってることを伝えていいんだ!正直に言っても嫌われないんだ!っていう気づきがあって、そう思うとすごく気持ちが楽になって、自由になった気がします。そして、目の前のことに真摯に向き合ってモヤモヤが晴れたら新しいもの(新しいビジネスの話)が入ってきました。やっぱり、全ては自分次第なんだなー!と、口だけでなく今回は身をもって感じました。これも、治さんに背中を押してもらったおかげです☆」

とメッセージをくれました。

仮決めでスタート→大量行動すればいい

今では彼女の話をただただ聞いてれば、ドンドン進んでくれます。この日のセッションは商品メニューと構成割合の話になり・・・

ケイティ「ちょっと広げすぎたのでどの仕事にフォーカスするか決めていきたいんです」

治「そっかー、すごい依頼受けてるもんね。じゃ仕事ごとにミニチュアの椅子で並べてみよっか、で「やりたい順」に位置変えてみて」

15分後・・・

ケイティ「この仕事お断りします!」

治「え!?いいの?交渉とかしなくて?」

ケイティ「はい!金額的には、確かに安定した仕事ですけど、気持ちが動かないので」

起業してまだ3ヶ月。彼女は、どんどん自由にどんどん楽しそうにどんどん輝いてケイティがどんどん変わっていきいます。改めて起業家には、仮決めでスタート→マーケットに自分や商品を出してみる→大量行動する→振り返り修正していくことが本当に大切だなーと再確認できました。だって起業当初頑張って作った、HPのペルソナとか今と全然違うし苦笑。

そんな色々なことを行動し続けて今では「まだまだすごい稼いでいる訳じゃないですけど、、、今までしてきた仕事の中では一番(会社員時代の2倍)です」というくらい順調なスタートを切っています。最近は、歌と英語を合わせた活動も始めていて、僕の予想では来年には日本にいない気がしてます。あ、そういえば以前「恋ダンス」も踊ってました

人は変わると決めて行動し続ければ不安が減りワクワクが増えていきます。もし、あなたが悩んでいたら動けるところから仮決めで行動していってください。その先には必ずケイティのような自由と楽しさが待ってます。そして、サポートが必要な場合はコチラ。お気軽に声かけてくださいね。

ケイティの米津恵子さんのHPはコチラ

最後までお読み頂きありがとうございました。何か参考になれば、とってもとっても嬉しいです。

今朝の掲載内容は全文ご本人の了承を頂いています


「安くしないと売れない」と思ってる女性起業家へ


ご訪問いただきありがとうございます。

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。今回は多くの女性起業家の方から相談を受ける「価格」について、お伝えします。

4年前の夏のこと。「今は稼げてないから、バーゲンまで待ってから買おう」そう胸の中で呟いていると、近くにいた店員さん笑顔で話しかけてきました。「御試着できますよ、いかがですか?」治「あ、今日は時間ないんで、また次回に、、」

新宿ルミネのセレクトショップにある夏物のポロシャツの値札を見ながら、胸の中で冒頭の言葉を惨めな思いで呟いてました。

独立した当初、スーツ中心の生活から、好きな服を着て自由に過ごせる快適さを感じながら、できるだけ出費は抑えたい。そんな不安定な気持ちが続く毎日。だから、その時もポロシャツは値下げまで待とうという選択をしました。でも、、、

結果的に、これがダメでした。バーゲンに行くと気に入ったポロシャツは売り切れで、行ったからには何か買わなくちゃという変な切迫感で買った別のポロシャツは、数回袖を通しただけで、ブックオフに売ることに、、、

この時の自分は、あくまで一例です。起業家であるあなたも、これから何かの投資をすることは必ずあります。短期的な視点からだけで、投資を決めていないでしょうか?もしくは、視点が短期的過ぎる為に、何もしないという決断をして、何も変わらないままになっていたりしていませんか?

かけてきた投資と時間

僕は現在の自分の商品に対して「ペルソナが少し無理する高価格」というイメージを持って提供しています。もちろん、価格は堂々と言えますよ。なぜなら、それを言えるだけの投資と時間をかけた研鑽をしてきているからです。僕自身が、安物買いの銭失いを、何度もして、長期的にロスしたなーって経験をしてきましたし、もう一つは起業家という仕事を決断している以上、これ位は投資する選択できないのは、成果を出すことは難しいと考えているからです。

実は、価格だけで買うかどうかを考えている人は、そう多くはありません。提供するこちら側が勝手に思い込んでいるケースがほとんどです。

安くしないと買ってもらえない?

サービスを購入する人は、価格以外にも、質、評判、信頼感、安心感、こだわり、オリジナリティなどなど、価格のような単純な判断基準だけでなく、複雑な価値基準を考えて買うかどうかを決めています。もちろん、その分 私達起業家のやることは必然的に多くなりますが、あなたが欲しい金額で買ってくれる人は必ずいるのです。

安くしないと買って貰えないと思っているなら、残念ながら、それは

起業家側の怠慢です。

価格以外の判断基準を何も用意していない、あるいは、それが伝わっていないからではないでしょうか?

あなたの商品を、あなたが欲しい価格で買ってもらうには、あなたに今、何が必要になるでしょうか?きっと伝え方を変えたり、投資して学べることや、プラスできる付加価値はたくさんありますよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです。


post

動画を続けてきた3つのメリット


ご訪問頂きましてありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

自分の動画ってアップしたことありますか?自分のビジネスを動画撮影で告知したり、認知のためにアップすることが有効なのは、わかるんだけど、なかなかハードルが高くて・・って女性起業家の方々言われます。

うん、それわかります。僕も同じでしたから。っていうか多分みなさん以上にできる気がしませんでしたから汗

そんな自分が後輩コーチと動画撮影を始めて、もうすぐ2年。変わらずにこのお二人とコツコツ撮り続けてきました。

メンタルコーチ/エキスパートファスティングマイスターの山本飛鳥さんとメンタルコーチの河邉英理子さん。思いもスキルもある素晴らしい後輩コーチ達です。

こんな感じで撮影してます

「どんな感じで撮影してるんですか?」と質問されるので、今回はその舞台裏を。場所は僕が借りているシェアオフィスの会議室を使わせて頂いています。外苑前のフランフランが1階のスプライン青山東急ビルの6階にある「青山ビジネスエアポート」。

僕はそこで、オープンスペースのみ使える会員になっています。オープンスペースでセッションをすることもありますが、基本的には打ち合わせや事務作業をしてます。今回も会議室を借りて撮影しました。2つある会議室のうち、今回は会議室Bを。

まず集合してからは三人のビジネス近況や情報を交換し合います。この日はエリちゃんが一番乗りで来てくれたので雑談。「おさむちゃんは、今どこを目指してるの?」とか、「エリちゃん、ビジネスでどこに重点置いてるの?」とかコーチ同士だけに目的論で雑談笑

少し遅れて飛鳥ちゃん登場。この1ヶ月の近況や変化を話してから、ようやく「今日どんな感じにしよっかーー?」という、感じで話し合いスタート。基本全体的にゆるーい感じ笑

今回は動画でクライアントをしてくれる方をFacebookで募集したら、コーチ&タロットカードでセッションしている「コーチングコーチ・タロット占い師」直江つかささんが申し込みしてくださいました。爽やかに笑顔で登場。自己紹介もそこそこに「誰がコーチやる?選んでもらう?」「3テーマでやっちゃう?」「リレーコーチングとか?」で検討した結果、つかさちゃんが「お任せします!何でも大丈夫です!」と明るく「YES!!」で受けてくれた結果、超久しぶりのリレーコーチングに決定しました♪

リレーコーチングはクライアントさん1人で複数のコーチが一定の時間までセッションしたら(もしくは質問したら)次のコーチにバトンタッチするコーチングです。

で、撮影開始。コーチの順番は飛鳥ちゃん→エリちゃん→ワタクシ。(最後が一番難しいんだけど、じゃんけんで負けたww)

動画を撮り続けた3つのメリット

セッション動画を撮り始めて2年。続けて来て良かったことは3つあります。

⑴ミスマッチが減り成約率がアップ

まず個人的なことから言えば、体験セッションでのミスマッチが、ほぼなくなりました。体験セッションに申し込んでくださる方は、僕のことを知っている方ばかりではありません。その時に動画があれば、実際に迷われている方に「この動画見てみてください」とお伝えすることもあります。コーチと合う・合わないは、セッションスキルだけでなく、表情や声の好み等の要素も間違いなくあります。動画を公開し続けたことで、結果的に体験→契約の率は動画を公開してから間違いなく上がりました。

⑵顔出しのメンタルブロックがなくなった

5年くらい前のこと。以前、僕の友人で「これからは動画だ!」と宣言し毎日動画をアップし続けて、youtuberになった方がいます。その毎日発信される動画を見ながら「すげーな・・このまま行けば動画だけで集客できるようになるだろな」って思ってました。

本来であればコーチ・コンサル・セラピスト等の仕事は「自分自身が商品」的な側面があります。お客様の立場になってみたら、顔がわかる方が安心感があるし、親しみやすさに繋がる。ということは頭でわかっていながら、いざやろうとすると顔出しは、抵抗感があり動けず苦笑。だから友人の動画を見ながら、「すごいけど、自分には絶対できないな」って思ってましたから。

でもある日師匠が「みんなもっとセッションを動画でアップしよう」って呼びかけてくれたこともきっかけになり、後輩コーチ達と撮り続けたら、SNSでの写真や動画の顔出しの抵抗感が減りました。メンタルブロック超あるあるとして、「誰かの役に立ちたい」<「自分がどう見られるか」に意識が向き過ぎていた認知が徐々に変わっていきました。

⑶セッションのスキルアップ

3つ目はスキルアップに繋がったこと。「コーチングを受けるという敷居を下げて、もっと気軽に触れて欲しい」「自分たちの認知も広げていきたい」という想いで始めた動画なので、長時間セッションは最初から考えていませんでした。目指すは7分、長くても10分。

ということは、いつもと同じセッションをしていたら、絶対に終わりません。時間内に終わらすと決めるからこそ、いつも以上に素早くマッチングしたり、切り込んでリーディングしていく必要があります。人間は追い込まれないと惰性や古い習慣に流される生き物。だからこそ、「時間内に終わらせる」と決めて毎月セッションすることで、少しづつスキルが上がったと感じています。ということで、結果今月アップした動画はコチラです。

今回も僕を含めて3人のコーチは3分間ずつ全力は出しましたが、満足は全然していません。でもそこで公開をやめてしまっては、いつまでもスタートできないし、出すからこそ「次回までにここは改善して臨もう。そのために練習しよう」と研鑽することができます。これは動画以外のビジネス全ての面で同じです。5割、6割の出来でもマーケットに出して反応を見ながらブラッシュアップしていくことが一番の成功への近道です。このブログを読んでくださっているあなたは、今でもマーケットにリリースできるものが必ずあります。勇気を出して公開してみませんか?

最後までお読み頂きありがとうございます。何か参考になれば、とってもとっても嬉しいです。