post

売り込まなくても売れちゃうワケ


ご訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。

「おさむちゃーーん!今週のセミナーなんだけど、

内容を変えてお願いしたいなーと思って」

(おいおいマジか、あと5日だけど苦笑)

電話に出るなり超明るい声で挨拶してくれる声の主は(株)IBA旬菜クッキングのオーナーでもある「イバちゃん」こと伊場陽子さん。

数年前共通の知人のご縁で繋がったイバちゃんはお料理教室やデリサービスを千葉県中心に活動している本当にパワフルで活動的な女性起業家さん。

イバちゃんとこの生徒さん達は、本当に素直で明るい!だからIBAファミリーの皆様にセミナー行くのは毎回毎回楽しみなのです♪

以前のセミナーの様子はコチラコチラ

受講者と成長する

そのイバちゃんの話をもう少し聞くと「もう少しビジネスについても、しっかり学んで欲しいと思ってるから、自己紹介とか商品紹介のセミナーにして欲しいんだー。大丈夫?」

「もちろん、喜んで!」(おいおいマジか、あと5日だけど苦笑)

すんごいお世話になってるイバちゃんの頼みなら、そりゃー頑張りますとも。

ちょうど受講者さん達のお子様のイベントに重なったこと、また受講者の皆さんが、当初は子育てに悩んでいたのが→徐々に自分のやりたいこと・ビジネスに関心が移ってきたんだそうです。今回でセミナーは4回目ですが、こういう感じで受講者が成長してくれて、テーマが変わっていくのは、すごくすごく嬉しいですね。

ということで、当初は「子育てママ向けのコーチングセミナー」だったんですが、ビジネス系のセミナーに急遽変更!!今回は交流会などで自分のサービスをわかりやすく伝えるというテーマで開催しました

90分で、僕のコーチングを受けていると、いつの間にか商品紹介が完成しているという魔法の様な(←自分で言う笑い)超実践型起業塾のコンテンツの一部を使ったセミナーにしました。

この質問に答えられますか?

以下の質問は、実際に当日参加者の皆さんにコーチングした質問の一部です

・あなたのお客様がお金を払ってでも解決したい悩みは?

・悩んでいる時に口にしている口癖は?

・それを悩んでいる時にとった行動と解決できなかった理由は?

・あなたの商品を買うとお客様はどうなりますか?

・どうして、あなたの商品でお客様の悩みが解決するのですか?

どうですか?すぐシンプルに答えられますか?

明確だから売り込まなくてOK

これらの質問は、いろんなビジネス本や起業塾でも伝えていることです。でも今回のセミナーの最大の違いは・・・

「コーチングを受けながら答えること」

この日も和室で体を使って動き回りながら、質問をペルソナ(理想の顧客)になりきって、体感してもらいます。その体験を言語化するから、腹落ち具合は段違いです。それを言語化するから、相手への伝わり度合いも段違いになります。右脳と左脳両方使うので、相手に響いて売り込まなくても売れる紹介が完成できるんです。

それでは、今回のセミナーの参加者の声です

「何をどのように伝えたいのか」明確になった

毎回違う気づきをありがとうございます。自分を売り込む具体的なフレーズがわかり、早速きちんとまとめて使いたいと思えたことがよかったです。

共同体感覚の4つの事は毎回目にしているはずですが、この4つが揃うと人は幸せがより落ちました。花嫁さんがお母さんに送るお手紙の話は本当にわかりやすくてよかったです。1人の方にメッセージを送ることが大事だとわかりました。KM様

おさむさん今日はありがとうございます。先日集客のことを会社で話があったので、今回本当に参加させていただくタイミングだったとありがたく感じております。ありがとうございます。提供しているサービスの売りをうまく絞ることができていない部分もあったりしたのですが、すぐにできるワークで自分でも驚くほどうまく描くことができました。また共同体感覚のこともさらに風に落ちてきました。これをすぐに会社で活かしていきたいと思っております。貴重な時間を時間をありがとうございます。IY様

治ちゃん本日も具体的にいろんなことがはっきり見えました。実行→商品説明ができるようにしっかりまとめることができます。本日より使っていきたいと思います。ありがとうございます。感謝。イバちゃん

治ちゃんとってもわかりやすくよかった!!初めて聞く言葉はなかったけれど「あー知ってる「と言う気持ちにならずワクワク取り組めました。体を使ってのワークは初めてで、自分の本質(助けたい人)が見えてびっくりした。もっと教えて欲しい。MK様

自己紹介を組み立てる方法がわかって、今後必要な時に活用できそうと思いました。幸せを感じるポイントが明確になり、幸せを感じられない時、振り返ってみようと思います。ありがとうございました。コーチングで横並びの関係でサポートが大事→仕事でもサポートするときに活用できそうと思いました。KM様

理想のお客様に来てほしいと強く思っていました。そのためにはこちらからメッセージを発信しないといけないのですね。それもギューッと絞ってそうすると紹介してもらえる。本当に来てくださいはいいにくいですが、紹介素敵です!ありがとうございました。AM様

ようやく日程が合ってセミナーに参加することができて、本当に良かったです。ここに入れて本当に感謝しています。今の自分が「何をどのように伝えたいのか」セミナーも進めるにつれてだんだんと明確になっていくのが凄いと思いました。いろいろスキルやコツもあるのだと改めて学べたことに心から感謝します。KN様

人とのコミニケーション信頼が大切だと改めて思いました。今日も安心安全な気持ちで学ばせて頂き、私はこの空間が大好きです。治ちゃん実行実行!すぐに実行します。相手の気持ちになって、そして伝えていきます。高橋千恵様

今日も素敵なセミナーをありがとうございます。自分の立ち位置を家族友達に対して横に行ってみようと思いました。絞ることの大切さを感じました。最高です。中村信子様

言葉にする大事さ

どうでしょうか?あなたの商品を明確に言語化できてますか?シンプルに目の前の相手に伝えれれていますか?

言葉にするって大事ですよ。明確に言語化できるから、売り込まなくても買ってくれるようになるわけです。

あなたの継続コース、手帳術、セッションは他の人と何が違うんでしょう?

ちなみにセミナー後には、イバちゃんが経営するレストラン「エーデルワイス」さんで手作りの朝どれ野菜カレーをご馳走になっちゃいました♪

これも本当に絶品。

こんな気遣いも涙

最後はスタッフと♪

今回のセミナーと同内容のセミナー開催予定ありませんが、同じようにコーチングを受けながらブログ文章力がアップするセミナーを10月開催します。ライティング初心者大歓迎。是非おこしくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。なにか参考になれば、とっても嬉しいです。


post

心の奥底にしまいこんでいる気持ちを吐き出せた


ご訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。

「悔しいよーーーー!」

そう叫んだことを今でも思い出します

今回のブログは6か月前のこと西麻布にある会議室を借りて、

継続クライアントである「愛ちゃん」こと

プレシャスマミー認定コーチの

小林愛ちゃんとセッションしていた話を♪

↓これが愛ちゃん↓

 

【セッションが始まって1時間】

今後の行動計画を決めているセッションだったのですが

おさむ

「どんなことしたいの?」

 

愛ちゃん

「そうですねー○○なイベントをやって

継続契約△件取りたいです」

 

おさむ「そっかー」

 

僕は何となくセッション当初から

違和感を感じていました

いつもの愛ちゃんの熱い想いが

伝わって来なかったので

(これ本当にやりたいって思ってんのかな?)

そんな風に感じながらも、話を聞いていきます

おさむ

「じゃあさー、それぞれのイベントの

「やりたい気持ち」を点数化してみようよ」

 

愛ちゃん

「わかりました」

 

愛ちゃんが

ホワイトボードに悩みながら点数を書き込んでいきます

書いた点数はどれも

10点満点で6~7点

 

おさむ

「書いてみてどうかな?」

愛ちゃん

「うーーん・・・・

思ったより低いですね・・」

 

【この時点でセッション時間残り20分】

もう1回愛ちゃんの

タイムライン(現在と過去)を

一緒に歩いてみました

(うん、やっぱりこのタイムラインには

愛ちゃんの熱い想いが絶対ある)

こここそがコーチが全身全霊で、信じて切り込むポイントだ)

 

おさむ

「本当は小林愛はどうなったらいいの?」

 

愛ちゃん

「・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・

悔しいよ~~~~~~

愛ちゃんは、大粒の涙を流しながら

心の底から叫びました

「やっぱり諦めたくないし

講座開講したい!!!」

そこから愛ちゃんは

先延ばしにしていた講座開講を決め

コミットして本気で行動し続けました。

講座開講に必要なセッション課題の提出

認定資格を取得して

初講座を見事自宅で

開講することができました!!

自宅だから子連れOKなんです♪

 

だから、あなたも本気で行動しよう!

ということが、言いたいブログではなく。

本当の思いをちゃんと伝える

蓋をしていた心の底にある想いを

目の前の相手を信じて素直に吐き出せること

ってすごく大事で

なかなかできないことですよね?

僕と愛ちゃんの信頼関係はこのセッションから

更に強くなることができたんですよね。

基本的にコーチングは

「クライアントと未来を描いて

最大限のパフォーマンスを発揮できるよう

勇気づけしながらサポートすること」

だと定義しています。

だから前向きなテーマや行動が多くなります。

そしてクライアントもコーチングを受けるからには、

ポジティヴで前に進めるテーマを

扱ってもらいたいと思っています。

でも!なんです。

大事なのは「自己一致」

自分が

考えていること・話していること・行動していることが

一致しているかどうか。

この時の愛ちゃんは

「本当は悔しいし、やりたい。でもできる気がしない」

考えて、口では「秋以降に延期します」

と言っていました。

その違和感を横にいてセッション当初から

感じていたからこそ、

「本当はどうしたいか?」本気で聞いてみました

そこから愛ちゃんは、

今まで以上に自己一致して

セッションで話してくれるようになったし、

セッション以外でも共同体感覚は強くなりました

そんな愛ちゃんに継続サポートで半年経過した

アンケートに答えてもらいました

(アップ遅くなっちゃいましたけど)

心底、お腹の心の奥底にしまいこんでいる気持ちを吐き出せた

① ここ6か月で変わったこと、成果は何ですか?

仕事を辞めてフリーになって4か月経過しましたが、

サラリーマンとしてのお給料ではなく、

自らの貢献で、お金をいただくことができるように

なったことが大きいです。

そして、起業初月から売上を立てられたことは

自信にもなりました。

諦めかけていたプレシャス・マミー講座も

5月開講できたことも,

コーチングセッションを受けていなければ

実現できなかったと思います。

 

②ここが一番良かった!という点は?

やはり自分のblogでも紹介した「神セッション」でしょうか(笑)

安直な未来を描いてもピンときていない自分に気が付いてもらえて

心底、お腹の心の奥底にしまいこんでいる気持ちを吐き出せたことです。

コーチに言えた、言葉にできた、

そうなってからは、ネガティブな感情も、大切な感情として

受け入れられるようになりました。

 

③コーチングってどんな体験でしたか?

初めて受けたとき、本当に魔法のようでした。

ゴールが見えないからテーマにするのですが、

扱ってみると不思議と答えのようなものに気が付けて、

次へ進めるようになっていました。

自分一人ではたどりつけないところへ行けるものです。

「気づき」を早く得られるところです。

 

④どうしてたくさんのコーチがいる中で選んでくれたのですか?

すでに知ってくれている、ということと、

誰より私の可能性、力を信じてくれている、

ことがあたりまえですがとても嬉しかったです。

自分以上に自分を信じてくれている人のように感じたからです。

⑤ほかの人に紹介するとしたらどんなコーチだって紹介しますか?

尊敬しているコーチです。

自分で思っている以上のところへ引き出してもらえる人です。

安心して話して大丈夫な人です。

クライアントを信じる力が大きいコーチです。

 

⑥マイコーチにひとこと

いつもそんなコーチでいたい、と思わせてくださって

ありがとうございます。

相性や関係性としても、コーチとして歩み始めた初期に、

こうした経験、体験ができていることが嬉しく思います。

「理想的なクライアント」としての関わり方、

を実践させてもらえていますし、

いいところ、悪いところ、出せている、ということが最大の感謝です。

今後ともよろしくお願いいたします。

愛ちゃん ありがとうございました!

起業前からここまで、共に歩んでこれたことを誇りに思ってます。

そろそろ次のステージいきましょう!

ちなみに、このセッションの様子は愛ちゃんのブログにも書かれています

セッション記事はコチラ

そして愛ちゃんは先月からメルマガ始めています

臨場感出しまくりの愛ちゃんの日常は親近感と学びになりますので

子育て中のママは是非登録してみてください

メルマガ登録はコチラ

最後までお読み頂きありがとうございました!

なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです


post

9秒台を出した桐生選手とコーチの関係から学ぶ


ご訪問頂きありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。

スポーツの世界でも、個人でメンタルコーチをつけているということが、当たり前に認知されるようになってきましたね。先日9月9日の日本インカレ男子100mで、桐生祥秀選手が遂に日本人で初めて10秒の壁を破って9秒98というタイムを出しました。桐生選手にはサポートに、東洋大の土江裕寛さんという

コーチがついています。土江さんの場合はテクニカルなコーチでもあるようですが。今回のブログは、そんな土江コーチのインタビューから感じたことを。

桐生選手の今回の9秒台は狙った記録ではなく、それ以前には相当迷いがあったそうです。同じ100mには多田周平という優秀な選手がいます。出場種目も200m走にしようかとも直前まで迷っていました。その理由は100mでも200mでも、高校時代の自己ベストを更新できていなかったから、せめて1種目だけも自己ベストを出したいと考えたから。

桐生選手は、高校時代に「10秒01」というタイムを出して、その後期待されながら結果が出せずに、前回の世界選手権にも選ばれないという状態。怪我があったとはいえ、仲間がリレーで結果を出している姿をテレビで見るのは、複雑な思いがあったと思います。

想像してみてください、若い頃から結果を出して、周囲から注目され続けているにも関わらず結果が出ず、周囲の期待以外に自己ベストすら更新できない。それでも4年間走り続けることのメンタルの大変さ・・・・・

ビジネスでも立ち上がりはスンナリ行ったけど、その後は売り上げや集客が伸び悩み続け、後輩たちにも抜かれて、やり続けられずに折れて消えてしまった起業家を山ほどみています。僕も、きっと1人だけでは続けていけずに、折れていたのは間違いありません。

そんな期間もコーチのサポートがあって走り続た桐生選手の、最後のインカレでの最終決断は、200mではなく100mを選択。桐生選手は、「自分が一番勝負をしたい」と思う100mに背を向けることをしたくなかったから。多田修平との勝負から逃げるのではなく、キッチリ戦って大学生活を終わりたい――という気持を打ち消すことができなかったと言われています。

そのレースをスタンドのプレス席で見ていた土江コーチは、ゴールしてしばらくは両手を合わせて祈り続け、正式タイム「9秒98」が表示されると、大声を上げて涙をボロボロ流しながら周囲と抱き合って祝福を受けていました。そして記者会見でも、桐生選手が感謝の言葉や入学時に反発したことなどを口にする横で、涙を流し続けていました。その姿がまた感動的だったですよね。。。

土江コーチは、インタビューでこんな言葉を残しています。

「僕がいっぱい(桐生に)介入して記録を出させようとした時の方が出なかったので……。それがよく分かって今回は勉強になりました」

「桐生とやるようになってから、それまではこっちから『こうだ』という客観的な視点のコーチングしか出来ていなかったが、桐生とやるなかで、選手を主体に考えて『どう感じているのか』『どう助言すればいいのか』というようなことをイチから勉強したと思います」

実際に大学1年生から、指導方針やトレーニング内容に関して、桐生選手から不満をぶつけられたことがあったと言います。最初は一方的な指示だったのが、桐生選手から「こういうことをやらせてほしい」と土江コーチに言ってくるようになり、ふたりで互いに練習方法を提案しあった上で方向を決めていく形へ。

だから、信頼し合える関係になったのは何かがあって一気にというのではなく、徐々に徐々にでしたね

これって、プロコーチも同じだなと

土江コーチの言葉から学んだ2つのこと

土江コーチの話を聞いていて感じたことは二つ。

一つはコーチとクライアントの信頼関係は徐々に徐々につくられていくということ。

「コーチに喜んで欲しい」「前向きな自分に変わりたい」と本当は吐き出したいことを吐き出せないことや、「なんか今の言葉に違和感を感じる」「コーチの態度にモヤモヤする」ということがあれば、クライアントがコーチに言えること。もちろんコーチも伝えられること。そういう関係は1回のセッションで構築できません。

昨日セッションしたクライアントは「ミサイルが普通に飛んでくる時代だからこそ、大切な相手には伝えられることは悔いなく全部伝えたい」と話してくれていました。本当にその通りだと。

自分の考えていること・感じていること・言葉にしていること・行動していることが一致していること。そんなありのままの自分を出せる信頼関係は、関わりを重ねることでつくられるもの。きっと桐生選手も、記録が更新できない間のモヤモヤをコーチに伝え、それを聞いたコーチが感じたことを伝え返すということを繰り返してきたんだと思います。これはアスリートのコーチだけでなく、プロコーチも同じ。コーチとクライアントで、それが言い合えるからこそ、ブレイクスルーが起こせます。

二つ目は、コーチはクライアントによって育てられていくものであるということ。

実際にコーチと契約する時には、自分の専門分野で先を歩いているコーチや、コーチとして先輩を選ぶケースが多いと思います。横の関係とはいえ、コーチがクライアントを育てるみたいなイメージを持ってる人が多いんですけど、逆です。クライアントがいなければコーチは成長できませんから。今回桐生選手という素晴らしい選手に出会ったからこそ、土江コーチも期待に応えようとしたことが伝わってきます。

僕は過去、本当に素晴らしいクライアントと出会ったことで、新たな発想が生まれて、スキルが上がりました。また尊敬するクライアントがいたからこそ、想像力を、さらに豊かにできました。

一度セッションしただけで、奇跡が起こる。そんなケースもありますが、やっぱり二人三脚で一緒に走り続け、転んでも起き上がったり、凹んで立ち直ったり、そんな長期的にサポートすることがコーチもクライアントも成長し、結果が出せる・2人が変われる。そんなサポートをしていきたいと思った桐生選手の記録更新でした。

最後までお読み頂きありがとうございます。何か参考になれば、とってもとっても嬉しいです。

 


post

セッションがうまくいかない90%の理由


ご訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。

先日リニューアルさせた

「ビジネス初心者のためのコーチング3つのSTEP【マインドセット編】」を開催しました。今回は、当日の写真を交えながら、コーチとして大切な「あり方」についてお伝えします。

「川田さん、何も話したくありません、、、、、すごくすごく胸が苦しいです・・・・」

クライアントさんは苦しそうに胸を抑えながら、テーブルにうつぶせになり動かなくなってしまいました。約4年前、当時赤坂にあった母校であるコーチングスクールのセッションルームでのことでしたそれが6回目の契約最後のセッションでした。

(なんだよ・・・全然行動できてないのに、、いきなりそんなコト言われても困るな)

本当にヒドイ話ですが、その時僕はそんな風にクライアントのことを見ていたんです。。

そのまま動かなくなってから数分後、なんとかセッションを再開しましたが、僕もセッションに集中できるような状態ではなく、コーチングとうよりは、「これをした方がいい」「あの行動を増やさないから成果がでない」というコンサル的な関わりに終始しました。当然、お互いスッキリしないままセッションは終了。

そのクライアントさんには「川田さん、最初のセッションで応援してくれるって言ってくれましたよね?今日はその気持ちを全然感じませんでした」というメッセージが届きました。継続契約をしてもらえなかったのは勿論、最終的にはFacebookもブロックされ音信不通の状態にまでなってしまいました。

セッションがうまくいかない90%の理由

4年間で約2,000回セッションをしてきた中で、「セッションがうまくいかない理由」は、コーチ自身がリソースフルな状態ではないこと(体調が悪い、メンタルが安定していない等)を除けば、コーチがクライアントをどんな存在として見ているのか?という「あり方」の部分がブレたり、ズレたりしていることが原因の90%以上だと感じています。


冒頭にお話しした失敗例は、僕がクライアントの可能性を信じきれずに、答えを与えなくちゃ、短期的に成果を出させなきゃという「あり方」がクライアントに(悪い)影響を与えてしまいました。

また駆け出しでクライアントは数人しかいなかったので、プロコーチとして有料契約がとれると、「お金を貰っているんだから、何としてもクライアントに結果を出させたい。その成果を発信して契約をもっと増やしたい!」という想いが強過ぎました。自分中心の目線でしか考えられていないので、冒頭の件以外にも、たくさんたくさん失敗してきました。恥ずかしい話ですが、契約途中で解約さらたことも1度や2度ではありません。

大切なのはスキルではなく

「だからこそ、後輩コーチ達や、これからコーチングを学ぼうという方々には、同じような情けない思いをして欲しくない」そんな想いで今回から3STEPを【マインドセット編】【あり方編】に分けてることで、より「あり方」を徹底して身につけてもらえるよう変更しました。質問の仕方、展開、アクション出し、見える化などのスキルではなく、「クライアントの歴史を感じる」「本当の共感」「コーチが常に意識すること」などを10以上のワークを盛り込んで、体感して頂く内容に変更。当日の参加者からはこんな声をいただきました。

初心者の私でも「あり方」を学べました

「学んでスグに体験」がとても分かりやすかったです。実際自分で感じられたので、身に染みて理解できました。治さんの激アツな想いが伝わってきました!本気で伝えたいというキモチだからこそ受けようと思えました。
あり方の重要性、とてもしっくりきました。たくさん気付かされました。次回も楽しみにしています。ありがとうございました!直江つかさ様

クライアントの過去未来のタイムラインを感じて、コーチの椅子に座る体感ワークで感じたことをすぐに活かしていきたいと思いました。忘れていたこと、知ってるつもりになって、できていなかったことも、多々あり、もう一度原点に戻ってやりたい。コーチングを続ける、やり続ける・・・というか私の場合はじめることの覚悟が決まりました。たくさんの勇気付けをありがとうございました。いろいろ言い訳していることも、たくさんあるなーと反省しました。まずは自分が自分に対して勇気付けしながら、続けていこうと思います。マイコーチのコーチングのヒミツが聞けてよかったです。ありがとう!!Mさん

治さんのコンテンツ・教え方を知ることができました。すでに(もう)忘れてしまっていた「心構え」を再認識できました。Kさん

コーチング初心者の私でもわかりやすく、話を聞くときのあり方を学べました。自分への手紙や第一印象を参加者の方から聞けたのも嬉しかったですし、ワークで体感できたことも良かったです。日常生活に活かしてみたいと思いました。ありがとうございました。Fさん

治ちゃんの講座を受けたいという自分が、どうしてなのかわかった!自分がちょっとまだまだなコーチングなので、もっと学びたい!と思いました。今までのクライアントさんのことも思い出すことができました。英語コーチ 足立夏代

ちょうど1年前にコーチングに出会った思い出のセミナー「3STEP」。基本を思い出すために申し込みましたが、参加して良かったです!やはり基本の「あり方」が大切だし、うまくいかない時は基本を忘れていた時だなと気づきました。普段から「あり方」を意識して過ごしたいと思います。子供の夢実現コーチ 加藤久美子

大事にしたいことを再確認できたし、意識できているなと思えました。とはいえ、ここが必要だと感じたのは、なぜかと思ったけど、そこがわかった気がする。それと!もう一つすっごい大事なこと、コーチングを売りたい!と思っている自分もいた!!そりゃ売れないわー笑 初心に帰り、あり方をぶれないようにしたいです。ありがとうございました。黒木教子

突き詰めれば基本に戻る

イギリスの詩人TSエリオットは「我々は探求をやめてはならない。そして、我々のすべての探求の最後は、初めにいた場所に戻ることであり、その場所を初めて知ることである」 という言葉を残しています。僕もまだまだですが、プロコーチになって4年。「あり方」立ち戻り続けることで、コーチとしての信念、クライアントの可能性を信じ続けることが、ブレずにしっかりしてきたことを感じています。またそれに比例してクライアントとの信頼関係も増し、結果的に行動が加速し、成果が出るようになったことを実感しています。

「あり方」を大事にしているからこそ、僕がオリジナルコーチング講座「STAGEUP」で教えている受講生にも、卒業後の練習会でも何度も「あり方」を再マインドセットできるワークを取り入れています。

もし、あなたがセッションで行き詰まった時には、スキルだけなく、是非「あり方」に立ち戻ってみてください。きっと、大きな気づきや忘れている大切なことに気づけるはずです。また次回の「ビジネス初心者のためのコーチング3つのSTEP」は9月19日(火)開催します。コーチとして継続クライアントを増やしたい方は是非お越しください。

最後までお読み頂きありがとうございました。なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです。


post

セミナーでの学びを100%実践できる考え方


ご訪問ありがとうございます。

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ川田治です。

「じゃさ、セミナー出てやったことって結局何なの?」

3年前 新橋にあるマイコーチの事務所で
前月の振り返りをしていた時のこと。

いつものように付箋で前回セッションからの成果を書いてました。
契約○件、セミナー集客○人、メルマガ読者○人獲得、などなど。

そして最後の方に「セミナー3件参加」と書き加えました。

(おー!俺って結構がんばってるじゃん)

そんな風に思っていたそんな時、マイコーチから 冒頭の一言。


「あ、、んと、、、コンサルや起業家の方と
繋がれましたし、メルマガ配信とかの知識は得ましたけどwwww
やったこと・・・・・・・・ないです大汗」

マイコーチ
「ふーん。そっかー、治ちゃんさ、それでいいの?


「いや・・・・・・・よくないです」

(そうだよな・・・何のためにセミナー行ってんだろ。。
行ったことで満足してんじゃん。。
このままセミナー行き続けても意味ないな・・)

痛烈に思いました

あなたもそんな風に思った経験ってありませんか?

セミナー以外でも、みんなが進めるビジネス本を読んで
気持ちは上がったんだけど結局行動には繋がってない。

コーチングの復習講座には通ったけど、
その場で気持ちが上がって、結果数日後には、
何を学んだのかも忘れてる。

今お伝えしてきたように僕も同じでした。

そんなインプットメタボから卒業できたのは、
母校であるコーチングスクールで
サポートスタッフをするようになってからなんです。

コーチングスクールで変えたメモの取り方

4年前スクールに通っている時は、
「とにかく講師の話を全部吸収しなくちゃ!」という意識で一杯でした。
だからとにかくメモとりまくり。

でも卒業してからは、そのノートを見返すことも、
ほとんどなく・・・・・・
「これじゃメモ意味ねーな」と気づきました(←遅い)

それから数ヶ月後、クラス運営のサポートに入ってからは
メモの取り方をガラッと変えました。

それは「学んだこと」を書くのではなく、
「学んだことのTO DOリスト」を最優先で書くように変えたんです。

例えば・・・

「次のセッションで○○という質問をつかってみる」
「帰ったら奥様に、○について説明してみる」
「明日のメルマガで□□について書いてみる」
といった感じです。

こうすることによって、
格段に自分のビジネスもコーチングスキルも
成長を感じられるようになったんです。

学んだことを実践に繋げられる意識

今振り返れば、僕は以前セミナーに参加した時には
こんな順番で目的を考えて参加してました。

1・新しい知識やノウハウを手に入れるため

2・参加者とのご縁や人脈の広げるため

3・参加後に、TO DOリストを作るため

という流れです。

で、この順番こそが大きな落とし穴だったんですよねww

でも気づけないから、何度も穴にハマりまくる・・・
を繰り返してました。

この順番が良くないのは、
結局、【学んだ気になっただけ】に終わっちゃう
可能性がかなり高いから。

せっかくの学びも、「さすがだなー。いい話だわ、やっぱり」
で終わっちゃうと、ビジネスに何の変化ももたらされません。

なぜならビジネスの場合に限らず
【知識は外の世界に出してみて、初めて価値を生み出すもの】
だからです。

だからこそ!セミナーに参加したら必ず、
「では実際にビジネスで何をするのか?」
たくさん付箋で書き出してみることを激しくオススメします。

例えば人脈のセミナーだったならば
「◯◯さんに帰りの電車の中で、メッセンジャーで連絡する」

ライティングのセミナーだったならば、
「学んだ順番でブログを書くために、
電車の中でスマホでまずは3行書いてみる」

といった少なくとも
セミナールームを出てから、
自宅帰るまでの間にできるリスト
をいくつか書き出しておきましょう。

このアクションとTO DOリストなしに
セミナールームを後にしているなら、
「何のためにセミナーに参加したんだよ」って話。

これはセミナーに限らず、コーチングで
継続サポートしてるクライアントも同じです。

成果が出るクライアントは、課題の報告も早い。
だからコーチ側も、遅くともその日のうち
に手を動かせるような極力ハードルを低くしたアクションに迄
落とし込む必要があります。

学びの忘却曲線

「エビングハウスの忘却曲線」という有名な実験結果によると、
人は20分後に42%、1時間後に56%、
1日後に74%、1週間後77%、1ケ月後79%が忘れてしまう

という結果が出ています。

ということは、
「明日からやろう、週明けからやろう、
今取り組んでいる仕事が落ち着いてからやろう」
といったスピード感だと
せっかくの素晴らしい学びも色褪せちゃう。

それこそ本当に
お金と時間の無駄の繰り返しです。

そもそも帰ってから、
一人で部屋に閉じこもって、ノートを見返して、
「TO DOリスト」を作ろうとしても、
刺激も少ないし、そもそも自分の狭い思考の中からは、
大したアイデアは出てきません。

だからこそ刺激をあたえてくれる
講師から学んでるセミナー中に、
リストをつくることが超効果的だし、
すごく意味があるんです。

先日開催した
「もう集客できないなんて言わせない!3つの集客パターン体験会」でも、
セミナーの冒頭にこのことをお伝えし、
セミナー最後には全員で実践項目を宣言してもらいました。

すると、、、参加者のFacebookスレッドには
「やりました!」という発言が続き、盛り上がってます。

重要なので繰り返しますね。ポイントは
【学んだ後こそソッコーで形に変える】こと。

だから今までのセミナー参加の目的意識を
次のように変えましょう!

セミナー参加の正しい意識

セミナーに参加して行動・実践に繋げられるようになったのは
この順番です

【Before】

1・新しい知識やノウハウを手に入れるため

2・参加者とのご縁や人脈の広がりをつくるため

3・参加後に、TO DOリストを作るため、復習

【After】

1・即実行するTO DOリストをその場で作るため

2・参加者とのご縁や人脈の広がりをつくるため

3・新しい知識やノウハウを手に入れるため

こうすることで、
セミナーに参加している間のメモの仕方も俄然変わりますし、
セミナー参加費回収スピードも段違いです。
是非次回のセミナーから、やってみてください。

何か参考なればとってもとっても嬉しいです。
最後までお読み頂きありがとうございました!