post

心の奥底にしまいこんでいる気持ちを吐き出せた


ご訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。

「悔しいよーーーー!」

そう叫んだことを今でも思い出します

今回のブログは6か月前のこと西麻布にある会議室を借りて、

継続クライアントである「愛ちゃん」こと

プレシャスマミー認定コーチの

小林愛ちゃんとセッションしていた話を♪

↓これが愛ちゃん↓

 

【セッションが始まって1時間】

今後の行動計画を決めているセッションだったのですが

おさむ

「どんなことしたいの?」

 

愛ちゃん

「そうですねー○○なイベントをやって

継続契約△件取りたいです」

 

おさむ「そっかー」

 

僕は何となくセッション当初から

違和感を感じていました

いつもの愛ちゃんの熱い想いが

伝わって来なかったので

(これ本当にやりたいって思ってんのかな?)

そんな風に感じながらも、話を聞いていきます

おさむ

「じゃあさー、それぞれのイベントの

「やりたい気持ち」を点数化してみようよ」

 

愛ちゃん

「わかりました」

 

愛ちゃんが

ホワイトボードに悩みながら点数を書き込んでいきます

書いた点数はどれも

10点満点で6~7点

 

おさむ

「書いてみてどうかな?」

愛ちゃん

「うーーん・・・・

思ったより低いですね・・」

 

【この時点でセッション時間残り20分】

もう1回愛ちゃんの

タイムライン(現在と過去)を

一緒に歩いてみました

(うん、やっぱりこのタイムラインには

愛ちゃんの熱い想いが絶対ある)

こここそがコーチが全身全霊で、信じて切り込むポイントだ)

 

おさむ

「本当は小林愛はどうなったらいいの?」

 

愛ちゃん

「・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・

悔しいよ~~~~~~

愛ちゃんは、大粒の涙を流しながら

心の底から叫びました

「やっぱり諦めたくないし

講座開講したい!!!」

そこから愛ちゃんは

先延ばしにしていた講座開講を決め

コミットして本気で行動し続けました。

講座開講に必要なセッション課題の提出

認定資格を取得して

初講座を見事自宅で

開講することができました!!

自宅だから子連れOKなんです♪

 

だから、あなたも本気で行動しよう!

ということが、言いたいブログではなく。

本当の思いをちゃんと伝える

蓋をしていた心の底にある想いを

目の前の相手を信じて素直に吐き出せること

ってすごく大事で

なかなかできないことですよね?

僕と愛ちゃんの信頼関係はこのセッションから

更に強くなることができたんですよね。

基本的にコーチングは

「クライアントと未来を描いて

最大限のパフォーマンスを発揮できるよう

勇気づけしながらサポートすること」

だと定義しています。

だから前向きなテーマや行動が多くなります。

そしてクライアントもコーチングを受けるからには、

ポジティヴで前に進めるテーマを

扱ってもらいたいと思っています。

でも!なんです。

大事なのは「自己一致」

自分が

考えていること・話していること・行動していることが

一致しているかどうか。

この時の愛ちゃんは

「本当は悔しいし、やりたい。でもできる気がしない」

考えて、口では「秋以降に延期します」

と言っていました。

その違和感を横にいてセッション当初から

感じていたからこそ、

「本当はどうしたいか?」本気で聞いてみました

そこから愛ちゃんは、

今まで以上に自己一致して

セッションで話してくれるようになったし、

セッション以外でも共同体感覚は強くなりました

そんな愛ちゃんに継続サポートで半年経過した

アンケートに答えてもらいました

(アップ遅くなっちゃいましたけど)

心底、お腹の心の奥底にしまいこんでいる気持ちを吐き出せた

① ここ6か月で変わったこと、成果は何ですか?

仕事を辞めてフリーになって4か月経過しましたが、

サラリーマンとしてのお給料ではなく、

自らの貢献で、お金をいただくことができるように

なったことが大きいです。

そして、起業初月から売上を立てられたことは

自信にもなりました。

諦めかけていたプレシャス・マミー講座も

5月開講できたことも,

コーチングセッションを受けていなければ

実現できなかったと思います。

 

②ここが一番良かった!という点は?

やはり自分のblogでも紹介した「神セッション」でしょうか(笑)

安直な未来を描いてもピンときていない自分に気が付いてもらえて

心底、お腹の心の奥底にしまいこんでいる気持ちを吐き出せたことです。

コーチに言えた、言葉にできた、

そうなってからは、ネガティブな感情も、大切な感情として

受け入れられるようになりました。

 

③コーチングってどんな体験でしたか?

初めて受けたとき、本当に魔法のようでした。

ゴールが見えないからテーマにするのですが、

扱ってみると不思議と答えのようなものに気が付けて、

次へ進めるようになっていました。

自分一人ではたどりつけないところへ行けるものです。

「気づき」を早く得られるところです。

 

④どうしてたくさんのコーチがいる中で選んでくれたのですか?

すでに知ってくれている、ということと、

誰より私の可能性、力を信じてくれている、

ことがあたりまえですがとても嬉しかったです。

自分以上に自分を信じてくれている人のように感じたからです。

⑤ほかの人に紹介するとしたらどんなコーチだって紹介しますか?

尊敬しているコーチです。

自分で思っている以上のところへ引き出してもらえる人です。

安心して話して大丈夫な人です。

クライアントを信じる力が大きいコーチです。

 

⑥マイコーチにひとこと

いつもそんなコーチでいたい、と思わせてくださって

ありがとうございます。

相性や関係性としても、コーチとして歩み始めた初期に、

こうした経験、体験ができていることが嬉しく思います。

「理想的なクライアント」としての関わり方、

を実践させてもらえていますし、

いいところ、悪いところ、出せている、ということが最大の感謝です。

今後ともよろしくお願いいたします。

愛ちゃん ありがとうございました!

起業前からここまで、共に歩んでこれたことを誇りに思ってます。

そろそろ次のステージいきましょう!

ちなみに、このセッションの様子は愛ちゃんのブログにも書かれています

セッション記事はコチラ

そして愛ちゃんは先月からメルマガ始めています

臨場感出しまくりの愛ちゃんの日常は親近感と学びになりますので

子育て中のママは是非登録してみてください

メルマガ登録はコチラ

最後までお読み頂きありがとうございました!

なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです


post

セッションがうまくいかない90%の理由


ご訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。

先日リニューアルさせた

「ビジネス初心者のためのコーチング3つのSTEP【マインドセット編】」を開催しました。今回は、当日の写真を交えながら、コーチとして大切な「あり方」についてお伝えします。

「川田さん、何も話したくありません、、、、、すごくすごく胸が苦しいです・・・・」

クライアントさんは苦しそうに胸を抑えながら、テーブルにうつぶせになり動かなくなってしまいました。約4年前、当時赤坂にあった母校であるコーチングスクールのセッションルームでのことでしたそれが6回目の契約最後のセッションでした。

(なんだよ・・・全然行動できてないのに、、いきなりそんなコト言われても困るな)

本当にヒドイ話ですが、その時僕はそんな風にクライアントのことを見ていたんです。。

そのまま動かなくなってから数分後、なんとかセッションを再開しましたが、僕もセッションに集中できるような状態ではなく、コーチングとうよりは、「これをした方がいい」「あの行動を増やさないから成果がでない」というコンサル的な関わりに終始しました。当然、お互いスッキリしないままセッションは終了。

そのクライアントさんには「川田さん、最初のセッションで応援してくれるって言ってくれましたよね?今日はその気持ちを全然感じませんでした」というメッセージが届きました。継続契約をしてもらえなかったのは勿論、最終的にはFacebookもブロックされ音信不通の状態にまでなってしまいました。

セッションがうまくいかない90%の理由

4年間で約2,000回セッションをしてきた中で、「セッションがうまくいかない理由」は、コーチ自身がリソースフルな状態ではないこと(体調が悪い、メンタルが安定していない等)を除けば、コーチがクライアントをどんな存在として見ているのか?という「あり方」の部分がブレたり、ズレたりしていることが原因の90%以上だと感じています。


冒頭にお話しした失敗例は、僕がクライアントの可能性を信じきれずに、答えを与えなくちゃ、短期的に成果を出させなきゃという「あり方」がクライアントに(悪い)影響を与えてしまいました。

また駆け出しでクライアントは数人しかいなかったので、プロコーチとして有料契約がとれると、「お金を貰っているんだから、何としてもクライアントに結果を出させたい。その成果を発信して契約をもっと増やしたい!」という想いが強過ぎました。自分中心の目線でしか考えられていないので、冒頭の件以外にも、たくさんたくさん失敗してきました。恥ずかしい話ですが、契約途中で解約さらたことも1度や2度ではありません。

大切なのはスキルではなく

「だからこそ、後輩コーチ達や、これからコーチングを学ぼうという方々には、同じような情けない思いをして欲しくない」そんな想いで今回から3STEPを【マインドセット編】【あり方編】に分けてることで、より「あり方」を徹底して身につけてもらえるよう変更しました。質問の仕方、展開、アクション出し、見える化などのスキルではなく、「クライアントの歴史を感じる」「本当の共感」「コーチが常に意識すること」などを10以上のワークを盛り込んで、体感して頂く内容に変更。当日の参加者からはこんな声をいただきました。

初心者の私でも「あり方」を学べました

「学んでスグに体験」がとても分かりやすかったです。実際自分で感じられたので、身に染みて理解できました。治さんの激アツな想いが伝わってきました!本気で伝えたいというキモチだからこそ受けようと思えました。
あり方の重要性、とてもしっくりきました。たくさん気付かされました。次回も楽しみにしています。ありがとうございました!直江つかさ様

クライアントの過去未来のタイムラインを感じて、コーチの椅子に座る体感ワークで感じたことをすぐに活かしていきたいと思いました。忘れていたこと、知ってるつもりになって、できていなかったことも、多々あり、もう一度原点に戻ってやりたい。コーチングを続ける、やり続ける・・・というか私の場合はじめることの覚悟が決まりました。たくさんの勇気付けをありがとうございました。いろいろ言い訳していることも、たくさんあるなーと反省しました。まずは自分が自分に対して勇気付けしながら、続けていこうと思います。マイコーチのコーチングのヒミツが聞けてよかったです。ありがとう!!Mさん

治さんのコンテンツ・教え方を知ることができました。すでに(もう)忘れてしまっていた「心構え」を再認識できました。Kさん

コーチング初心者の私でもわかりやすく、話を聞くときのあり方を学べました。自分への手紙や第一印象を参加者の方から聞けたのも嬉しかったですし、ワークで体感できたことも良かったです。日常生活に活かしてみたいと思いました。ありがとうございました。Fさん

治ちゃんの講座を受けたいという自分が、どうしてなのかわかった!自分がちょっとまだまだなコーチングなので、もっと学びたい!と思いました。今までのクライアントさんのことも思い出すことができました。英語コーチ 足立夏代

ちょうど1年前にコーチングに出会った思い出のセミナー「3STEP」。基本を思い出すために申し込みましたが、参加して良かったです!やはり基本の「あり方」が大切だし、うまくいかない時は基本を忘れていた時だなと気づきました。普段から「あり方」を意識して過ごしたいと思います。子供の夢実現コーチ 加藤久美子

大事にしたいことを再確認できたし、意識できているなと思えました。とはいえ、ここが必要だと感じたのは、なぜかと思ったけど、そこがわかった気がする。それと!もう一つすっごい大事なこと、コーチングを売りたい!と思っている自分もいた!!そりゃ売れないわー笑 初心に帰り、あり方をぶれないようにしたいです。ありがとうございました。黒木教子

突き詰めれば基本に戻る

イギリスの詩人TSエリオットは「我々は探求をやめてはならない。そして、我々のすべての探求の最後は、初めにいた場所に戻ることであり、その場所を初めて知ることである」 という言葉を残しています。僕もまだまだですが、プロコーチになって4年。「あり方」立ち戻り続けることで、コーチとしての信念、クライアントの可能性を信じ続けることが、ブレずにしっかりしてきたことを感じています。またそれに比例してクライアントとの信頼関係も増し、結果的に行動が加速し、成果が出るようになったことを実感しています。

「あり方」を大事にしているからこそ、僕がオリジナルコーチング講座「STAGEUP」で教えている受講生にも、卒業後の練習会でも何度も「あり方」を再マインドセットできるワークを取り入れています。

もし、あなたがセッションで行き詰まった時には、スキルだけなく、是非「あり方」に立ち戻ってみてください。きっと、大きな気づきや忘れている大切なことに気づけるはずです。また次回の「ビジネス初心者のためのコーチング3つのSTEP」は9月19日(火)開催します。コーチとして継続クライアントを増やしたい方は是非お越しください。

最後までお読み頂きありがとうございました。なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです。


post

起業3ヶ月で収入2倍を実現した英語コーチ


御訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。

僕が継続サポートしている女性起業家の皆さんには、年収1億近いという社長から、起業する前でOLをしながら、副業の準備をしてる人まで様々なステージの方がいらっしゃいます。当然知識も違うし、セルフイメージも違います。また起業したばかりでも、それまでのキャリアや経験によって進み方も違います。いつも比べるのは過去の自分。だから、クライアントには、強制はしないし、それぞれのやり方・それぞれのペースがあっていいと思ってサポートしています。

そんな様々なサポートさせて頂いている女性起業家のクライアントさんの中でも、今回は、メルマガやブログをしていなくても、すごく順調なスタートを切った英語コーチの「ケイティ」こと英語コーチの米津恵子さんのご紹介です。ケイティは外語大を卒業後、客室乗務員として経験をした後、ビジネスパーソン向け英語コーチングスクールで約1,000人の英語学習をサポート、ベンチャー企業で法人向け研修や個別カリキュラムの開発後に、今年の春独立されたばかり。英語コーチとしてサポートして3ヶ月目ですが、わずか半年前とは、全然違うステージに立って活躍されています。

ある日の午前中、シェアオフィスで仕事をしていると、ケイティからメッセージが届きました。

「ご報告です☆この前のセッションの時にもお伝えしていましたが、お一人、新たにサポートさせていただくことになりました♪ワクワクです☆まずは治さんにお伝えしたくて!メッセージしました!」

すごい。ケイティの英語継続コースは、決して「即買います!」という安価な価格ではありませんが、でも独立以来毎月確実にクライアントさんを増やしています。そして、ケイティの素晴らしいところは理想のワークスタイルの実現とクライアントさんとの関わりの質を落とさない為に、ちゃんと仕事量も考えてスタートアップできています。

長期と短期目標

僕は個人サポート・コーチングスクール・起業塾とすべてのメニューに必ず振り返りを入れています。コーチである僕自身も含めて振り返る習慣を持っている起業家は本当に少ないんです。この日も近況報告の後、前月の振り返りをしました。「どんな7月でしたか?」という問いに対しても、「そうですね、7月は出会いと学びの月でした。だから8月はフロー状態に入る月にします!」翌月をどんな月にするか聞くまでもなく、自動的に未来思考になっているは流石。ケイティだけでなくすべてのクライアントさんとは、何度もビジョンを描きます。そこから半年・3ヶ月の計画を立てます。ポイントは両方のバランス。

アンソニーロビンスは「壁の向こうに目を向けよ。成功には長期的な視点も不可欠だ。いざ決断して行動を起こしても、短期的には効果が上がっていないように見えることがある。しかし、そこでやめてしまっては、行動した意味がなくなってしまう。」と言っているように、タイムラインをとにかく長くみること。焦らなくなるし、目的意識を持って焦りが少なく、行動にフォーカスできます。ケイティとも立てた計画は変わってきてますが、行動できないで変えているわけではなく、しっかり行動して→振り返るサイクルを回しているから、本人も自然に未来思考・目的論で考えられるようになります。

行動することで認知が変わる

ケイティに初めてお会いしたのは昨年末。同じく素敵な英語コーチからご紹介いただきました。その時はまだ組織内にいましたが、初めて会話をしていても明るい性格・頭の回転の速さ・相手の立場で考えられる優しさがあるので今まで組織内でも可愛がられたきただろうし、これからもこれだけのコミュニケーション能力があれば、当然素敵な方々に囲まれているんだろうなと想像できました。

でも、去年会ったケイティの口からは、「色々とメンタルブロックがいっぱいあって・・・・感じることって大事なのに、ついつい頭で考えちゃうんですよね。」独立することに対してワクワクよりは不安をより強く感じているような状態でした。「もったいないな・・・・、これだけのキャリアと人間性があれば絶対に起業しても成功するのに」そう感じて、「サポートが必要なったら声かけてください」と伝えたのをを覚えています。

それから、5ヶ月が経ったGWのこと。

ケイティから久しぶりにメッセージが届きました。「治さん!色々あって完全にフリーになることを決めました!治さんのコーチングを受けたいのですが」独立を決めた当初は、心に余裕がなかったようですが落ち着いてきたとのこと。これは体験セッションの日がちょうど誕生日だったので♪

そこからまだ3ヶ月ですが、現在では

・初月から毎月複数の継続クライアントさん獲得

・HPの作成とリリース・通訳の仕事受注

・企業での英語レッスンとセミナー

・同じ英語コーチの先輩とオンラインサロン開始

・一般向けのセミナーを開催すれば満席

・音楽と英語を合わせた講座開催

とドンドン仕事をもらえる状態です驚

この日のセッションでみ、以前のことを話してたら「あ、そういえばそんなこと言ってましたね笑。勇気を出して一歩踏み出してみたら全然大丈夫でした!」とメチャ笑顔で話してくれました。そんな彼女から改めて感じたことは

行動・体験することで認知はドンドン変わる

ということ。

もちろん、実際には成果の前に仕事でのミスや不安もたくさんありました。ある方との人間関係を扱ったセッションの直後には「これまで「逃げる」選択を多々していたなぁーと思います。もっと正直に、思ってることを伝えていいんだ!正直に言っても嫌われないんだ!っていう気づきがあって、そう思うとすごく気持ちが楽になって、自由になった気がします。そして、目の前のことに真摯に向き合ってモヤモヤが晴れたら新しいもの(新しいビジネスの話)が入ってきました。やっぱり、全ては自分次第なんだなー!と、口だけでなく今回は身をもって感じました。これも、治さんに背中を押してもらったおかげです☆」

とメッセージをくれました。

仮決めでスタート→大量行動すればいい

今では彼女の話をただただ聞いてれば、ドンドン進んでくれます。この日のセッションは商品メニューと構成割合の話になり・・・

ケイティ「ちょっと広げすぎたのでどの仕事にフォーカスするか決めていきたいんです」

治「そっかー、すごい依頼受けてるもんね。じゃ仕事ごとにミニチュアの椅子で並べてみよっか、で「やりたい順」に位置変えてみて」

15分後・・・

ケイティ「この仕事お断りします!」

治「え!?いいの?交渉とかしなくて?」

ケイティ「はい!金額的には、確かに安定した仕事ですけど、気持ちが動かないので」

起業してまだ3ヶ月。彼女は、どんどん自由にどんどん楽しそうにどんどん輝いてケイティがどんどん変わっていきいます。改めて起業家には、仮決めでスタート→マーケットに自分や商品を出してみる→大量行動する→振り返り修正していくことが本当に大切だなーと再確認できました。だって起業当初頑張って作った、HPのペルソナとか今と全然違うし苦笑。

そんな色々なことを行動し続けて今では「まだまだすごい稼いでいる訳じゃないですけど、、、今までしてきた仕事の中では一番(会社員時代の2倍)です」というくらい順調なスタートを切っています。最近は、歌と英語を合わせた活動も始めていて、僕の予想では来年には日本にいない気がしてます。あ、そういえば以前「恋ダンス」も踊ってました

人は変わると決めて行動し続ければ不安が減りワクワクが増えていきます。もし、あなたが悩んでいたら動けるところから仮決めで行動していってください。その先には必ずケイティのような自由と楽しさが待ってます。そして、サポートが必要な場合はコチラ。お気軽に声かけてくださいね。

ケイティの米津恵子さんのHPはコチラ

最後までお読み頂きありがとうございました。何か参考になれば、とってもとっても嬉しいです。

今朝の掲載内容は全文ご本人の了承を頂いています


post

少人数&実践にこだわってます♪


ご訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。

僕は定期的にオリジナルコーチング講座「STAGEUP」を開催しています。よく「どんなことしているんですか?」って質問を頂くので、今回は先日開催した5期の受講生の写真と共にお伝えします。

実際のセッションで活かせるように

最初の1期では毎回3時間でしたが、その後お伝えしたいことはドンドン増えてきて、現在の5期は10時ー15時(休憩を1時間)の4時間。その4時間で講義はほとんどありません。この日もまずは、前回の振り返りからスタート。

 

ここでも僕が実際に継続セッションでしている振り返りのパターンを色々実践しています。

基礎練を徹底的に

コーチは「クライアントの話をしっかり聞けている」のは勿論、「クライアントの心身の状態をしっかり観察して把握」して「クライアントに合わせて話しやすいようにマッチングする」ことが基本スキルとして必要。僕は、こういった基礎スキルを「コーチングに必要な筋力」=「コーチ筋」と呼んでます。

繰り返し繰り返し反復することで、あまり意識することなく自然に使えるようになります。逆に言えば、実践せずにいると、コーチ筋はドンドン衰えてしまいます。だからこそ毎回、基本的な質問・あり方・聞き方を復習する時間を設けています。この日は「要約」。グループになって一人のクライアントの話した内容をコーチ達が文章にして採点してもらうワークを取り入れました。失敗しながらでも、みんな楽しそう。

時には真剣に!

最重要スキルを日替わりで

STAGEUPでは、僕が師匠から学んだ沢山の「あり方」と「スキル」の中で最重要なポイントを7つ抽出して日替わりでポイントの講義とワークで身につけてもらいます。この日のテーマは「タイムライン」。クライアントの過去・現在・未来をその時の場面を特定しながら、歩いてもらいます。実際に身体を動かすことで、ただ言葉や思考では出て来ない感情や気づきが引き出されます。

ここでも、とにかく実践&実践

こだわりは少人数開催

STAGEUPでは、全員に個別に丁寧にアドバイスをすることで、参加者各自が、コーチとしての自分の良い点・長所がわかり、同時修正・改善点も把握できます。その両方を持ったまま、各自が日常で実践するので、確実にレベルアップしていくことができます。それは少人数だからこそ、実現可能なこと。だからこそSTAGEUPでは少人数にこだわって運営しています。

そんなSTAGEUPのコンテンツを1日で体験できるセミナーはコチラです。コーチング初心者の方でも是非お気軽に体験しにきてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。何か参考になれば、とっても嬉しいです。


post

コーチングに大切な2つのマインドセット


ご訪問頂きありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

先日千葉県で料理教室やデリ販売などで活動されている旬彩Cooking IBAのオーナー「IBAちゃん」こと伊場陽子さんにお招きいただき、「子育てコーチング講座」を開催しました。こちらでのコーチング講座は3回目。複数回来てくださる方も多くて嬉しい限りです。開始前からこのテンション笑

ということで今回のブログは、コーチングする上で超大切な「あり方」について、講座当日の写真を交えながら、お伝えしますね。コーチングという枠を超えて、子育てでも大切なことなので、是非おつきあいください。

良い状態で話を聞けていますか?

私達は、他人と関わりながら生きていくことから逃げられません。もしあなたが、このブログを満員電車の中で読んでいるとしたら、その姿勢や表情・雰囲気が周囲の人たちにも必ず影響を与えています。しっかりした背筋を伸ばして姿勢で、優しい表情をしていたら、穏やかな気分イライラする雰囲気や表情をしていたら、嫌な気分になる人もいるでしょう。そのことを自覚することが、まず最初。

ということは、話を聞くコーチやカウンセラーがいい状態でいることが良いセッションができる最初の条件→そのために自分の心身の状態をしっかり感じてコントロールしましょう。僕がコーチングを学んだスクールではそのことを「リソースフルステート」と表現しています。

自分の持っている資源や能力を発揮できる状態。先ほど書いたように、コーチとクライアントはお互いに影響を与えることから逃げられません。であるならば、コーチがいい状態で話を聞くということで、クライアントの言葉をキャッチしたり、表情や雰囲気に気づいたり、周囲にある物を使うアイデアを思いついたり、直感が働いたりします。逆にコーチがリソースフルな状態でなければ、見逃したり、聞き逃したりといったキャッチできないことが増えたり、クライアントの心に寄り添えない、といったことが起こります。

そして、是非自覚して欲しいことは・・・・「いまこの瞬間から自分の状態はコントロールできる」ということ。「あ、いま少し気持ちが落ちてるな・・」と気づいたら、好きなアロマを使ったり、お気に入りの音楽を聴いたり、ペットや子どもの写真を見たりすること等で、気持ちをあげることができます。「あー、体が疲れてるな・・・」と感じたら、ストレッチをしたり、散歩をしたり、少し仮眠をとることなどで、体の状態をあげることもできますよね。

ですので、セッションに入る前には是非「自分がリソースフルな状態かどうか」を確認することから始めてください。

主体論

次のあり方は、主体論です。「クライアントは人生の主人公」というのが師匠から教えて頂いた中で、コーチとして一番大事にしているあり方です。元はアドラーの主体論「人間は自分の人生を自分で創ることができるし、自分の人生は変えられる」という考えです。逆に、遺伝や環境によって人生は決まってしまっている。変えることはムズカいいというのが「決定論」という考え方です。どちらの考え方が良い悪いであってる間違っているでもありません。私達は、これまでも自分なりに持っているものを使って、選択して、初めての人生を進んでこれました。であるならば、もっとそれを意識して活用することで、人生を創っていけると考えた方が「人生の主人公」になれると思います。

今回の講座では、うまくいかなかったお子様とのコミュニケーションを思い出してもらい、お子様の立場に立ってもらうというワークをしたのですが、合間にお子様の過去・現在・未来を誘導でイメージしてもらう時間をとりました。ほんの数分イメージするだけで、お子様に対して「こんな風に接してきた」「今までも沢山の初体験を乗り越えてきてる」「あんな子が、ここまで大きく成長してくれた」など忘れていた過去が蘇ってきます。

また未来をイメージすることで、「こんな風に成長していってほしい」「こんな人達に囲まれて過ごしている」「大好きな仕事で多くの人を笑顔にしている」といった明るい気持ちになります。その結果、、「うちの子供は頑張ってきているし、これからも絶対に大丈夫」とお子さんを今まで以上に信じられるようになるんです。

これはコーチとクライアントも同じ。先ほどお伝えしたように我々は影響を与えることから逃れられないし、今この瞬間も周囲の相手に影響を与えています。ということは、コーチがコーチングをどう考えるか?クライアントをどんな存在だと考えているか?が、クライアントの人生に影響をします。もちろんスキルも大事ですが、コーチングがうまくいかなくなる理由のほとんどが、リソースフルな状態ではないこと・クライアントの可能性を信じきれていない・ことが原因。

プロコーチとして3年半経過しますが、いまだに忘れてしまいそうになる瞬間があります。だから何度でも立ち返ってマインドセットアップをします。子育ても同じ。もし、うまくいかないことがあったら、言葉がけなどのスキルを学ぶ前に、自分の心身の状態はどうか?自分の子供をどんな存在だと思っているのか?を一呼吸置いて冷静に把握してみてください。そこさえできていれば、何十年か生きてきた中で、どう接すればいいのか自然に言葉や行動がとれるはずですから。

それでは最後に講座に参加して頂いた皆様の感想です。

講座の後は幸せな心に包まれます

いつも「あっ!!」という間に、時間が過ぎる程、楽しく、学びありの講座をありがとうございます!!自分が本当に幸せな毎日を過ごしていることに気づき、いつも講座の後は幸せな心に包まれます。いつも気づき&自分に気づかせてくれてありがとうございます!

治ちゃん、まず治ちゃんの声が大好きです。プラスいつも勇気付けしてくれるメッセージをありがとうございます。愛さん、共感できることがあって、お相手もして頂きありがとうございました。

今日もとても楽しく学べました。カウンセリングの理論などわかっているつもりですが、特に子供に対しては、なかなか平常心でいられずでしたので、再認識できました。ありがとうございました。

「子供は人生の主人公」を忘れていたので、また思い出せて良かったです。Iメッセージも、きちんと伝えていきます。母親が楽しくしていたらよいというのが、とても安心できました。いつも、メルマガ楽しく拝見しています。

ちょうど子育てに悩んでいたので、タイムリーにお話がきけて良かったです。今日のコーチングを日々の子育てにも活かしていきたいです。ありがとうございました。

改めて子どもの立場を考えることができました。どうしても上からの言葉になってしまうけれど、椅子を並べて客観的に見ることができて良かったです。ありがとうございました。

ありがとうございます!「いす」すごい!気づきと愛がいっぱいです。主人との関係の関係のコーチングお願いします笑!

今日もたくさんの学びをありがとうございました。具体的に寝転んだり、椅子で表したりしたことで、子どもの気持ちになれたことは、とても良かったです。もっと子どもの気持ちに寄り添いたいと思いました。

今日も遠いところありがとうございました。あいづち、目を見て受け取ることの大事さを改めて体感しました。

治ちゃん、今日も沢山の気づきがありました。ありがとーーーーーうございます。さっそく活かしたいと思います

ランチからも学びが

講座終了後には、千葉駅前の創作家庭料理居酒屋「バンバン」さんでご馳走になりました。30年以上続く歴史あるお店でランチ担当の女将さんと、夜担当の先代女将さんにお会いすることができました。

「楽しくて辞められないのよー、仕事が大好きなのよねー」と話す先代女将さんも、その伝統を守って、最高の笑顔と食事を提供してくださって女将さんのお話を聞いて「好きを仕事に貢献できるって、最高に幸せじゃん!」と思いました。

当日のレポはアシスタントの小林愛コーチもブログを書いてくれていますので是非。

ちなみに・・・今年秋に新しいコーチングセミナーを開催する予定です。一番最初にメルマガで告知しますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね!

後までお読み頂きありがとうございました!なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです。