post

ご訪問ありがとうございます。

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

僕に相談を下さる女性起業家の多くは、コーチ・カウンセラー・セラピスト等の対人援助職や社労士などの士業といった、ひとりビジネスをしている方々です。で、具体的に行動が止まってしまう・停滞してしまう女性起業家のお話を聴いてみると、同じ仲間や先輩と比べて、「私には実績やスキルが、まだまだ足りない」と考えているケースが本当に多いんです。

確かに顧客から見れば、実績やスキルがある人にセッションをお願いしたいと思うのは当然でしょう。1ヶ月で1件しか手術しない外科医よりも、年間300件の手術をしている外科医の方が、安心感がありますもんね。もし、僕自身が外科手術を受けることを考えてみても、対象が外科医の場合は実績が最優先事項かもしれません。でも、冒頭のコーチ・カウンセラー・セラピストの最優先事項って実績だけでしょうか?

必ずしもそうではないですよ。

例えば、僕が会社員で部下との人間関係で「言いたいことが言えない」ことに悩んでいたら、実績が豊富でクールなイメージのコーチより、気さくに寄り添ってくれるカウンセラーにお願いしたいと思います。

また、自分がまだ子育てをしている主婦で、いずれは独立したいと思っているけど、まだ収入もない状態なら、数千万円バリバリ稼いでビシバシ指示をするコンサルよりも、まだ独立直後だけど、子育てをしながら確実に月10万円稼ぎ続けているコーチを選ぶこともあるでしょう。

社労士や税理士などの士業から見たら、メインの顧客となる社長は、あなたの専門分野に関しては、素人であることがほとんど。つまり、対人援助職であれ、士業であれ、スキルに関しては、どこかで学んで実践している時点で、あなたに仕事をお願いする顧客よりも、あなたの方が上なんです。

同業や仲間と比べるから凹みますが、仕事をする上では、顧客よりも分かっていれば、顧客よりも出来ることがあれば、それで十分OKです。 確かに専門性を高めることも重要ですけど、それ以上に顧客が満足するサービスを提供できるか?その視点に立てば、実はスキルは既に十分備わっていることがほとんど。そして安心してください。そもそも自分以上にスキルや知識がある顧客が、あなたに契約を申し込むことなんて、まずあり得ませんし、スキルや資格で「ここまでやったから十分!」と思えて、全てが揃うことは永遠にありませんから。

それでも「足りない」と思うなら

そして、実績やスキルが足らないと感じている今だからこそ、実はできることがあります。まだまだ伸びしろのある分野は、素人の視点で学ぶことができます。例えば独立直後だからこそ、これから独立する人がつまずきやすい点がわかるし、どうすれば理解しやすくなるのか?を丁寧に説明することができます。 これが既に数千万稼いで遥か先を歩んでいる人では、独立前の視点を持つことが、なかなかできません。先ほどお伝えしたように、顧客は自分よりも初心者であることが殆どなので、その初心者が分かりやすいように伝えることが、あながた提供するサービスの価値となります。

で、どうします?

冒頭の質問に戻りますと、「実績やスキルがない」という意見や質問に対しては、「なるほど。そう思ってるんですね。で、どうしますか?」が僕の答えです。 実績やスキルがないから、自分がやりたい仕事を諦めるか。実績やスキルの不足を補って、今、自分ができることに集中するか。 どちらを選ぶのも、あなた次第ですから。

これは僕の経験したことの補足です。もし今、自分ができることに集中して、動きまくっていると、その愚直な一生懸命さに惹かれて応援してくれる人が現れたりします。自分が頑張っている後輩コーチを見て応援したくなるときのことを考えると、自分より明らかに若かったり、実績が不足していたり、そういう点があるから応援できるんですよね。 だから特にスタートアップ時には、動きまくった方が良いんです。応援してくれる人は「あなたの未来に投資」しています。そこからのご縁も沢山生まれますよ。

結局は【やるか・やらないか】

僕のコーチングの師匠は言います。「今日が、残りの人生で一番若い日なんだよ」と。色々と書いてきましたが、冒頭の質問をいただいたときの結論は、「今この瞬間」「目の前の貢献できる人のために」「とにかく早く」「やりましょう!」です笑

もし、それでも動けない方は、やっぱりコーチングで認知を変えること、メンタルブロックを変えていくことが必要です。お気軽にお問い合わせくださいね

最後までお読み頂きありがとうございます。何か参考になれば、嬉しいです。さらに具体的に行動してくれると、とっても嬉しいです。


コメント