post

コーチング受けた後の成果を加速できる習慣


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ川田治です

コーチングを受けてビジョンを描いたんだけど、時間を経過する度にボンヤリしちゃったり、忘れちゃったりすることないですか?せっかく時間とお金を使って受けたコーチングセッション。セッション後にこんなポイントを意識すると効果が全然違いますよーということをお伝えします。

五感を使ったイメージ

夢を実現したい!願いを叶えたい!そのために大前提で必要なのはビジョンや目標をどれだけ明確に描けているか?イメージできているか?です。

ポイントは、五感を使うこと!例えば欲しいタワーマンションがあったとします。それだけだと余りにも漠然とし過ぎですよね?何階建てのマンションなのか?どんな外観の何階に住んでいるのか?その時窓から見える景色は?何色の壁紙で、どんな家具がどう配置されているのか?といった視覚的な要素はもちろん、誰とどんな会話をしているのか?その時立っているのか?座っているのか?何か持っているのか?食べているのか?といった具体的な場面をイメージしましょう。脳はよりリアルに感じることができるので、潜在意識に入り込んで実現が加速します。

僕は起業系のクライアントさんが殆どなのですが、仕事以外でも描くことがオススメです。お金資産・健康美容・人間関係・家族・などで、それぞれ最高に幸せな事柄を出して場面を、五感を使いながら描いてみてください。

長期記憶を利用する

ビジョンを描くことは、優秀なコーチにセッション頼めば描けるはず。問題はその後なんですよね。僕もそうでしたが、ついつい忘れちゃう。せっかく描いたビジョンや目標を色褪せないで、行動に結びつけて実現に加速させるポイントは・・・長期記憶にしていくことなんです。

まずは記憶について簡単に説明しますね。脳には、すぐ忘れてしまう「短期記憶」と長い間覚えている「長期記憶」があります。短期記憶は数十秒から数分の間だけ保持される記憶で、その時間が過ぎると記憶は消えてしまいます。そもそも情報はドンドン忘れていかないと、情報が多過ぎて、脳は情報を処理仕切れなくなってしまうんですね。なので、記憶は必要の無いものから優先的に削り落とされていきます。とはいえ、日々の情報に対応していかないと生きていけないのも事実。そのために、短期記憶というものがあります。

短期記憶で、一度に記憶できる個数はおよそ7個であり、そのことは「マジカルナンバー7」いわれています。映画「7人の侍」「荒野の7人」など7人の登場人物の作品が多いのも、本でも「7つの習慣」がベストセラーになってるのも関係があるんだとか。

一方長期記憶は、いつまでも残っている記憶。こちらは7つなんてことはなく大容量です。忘れてしまうことはありますが、これは脳から消えているのではなく脳から情報を見つけられない、検索ができない状態になっていると言われています。例えば、はじめはすぐに忘れてしまっていた電話番号も、繰り返しかけるうちに覚えてしまいます。こうして一度長期記憶が形成されると、数時間から数年、場合によっては死ぬまで脳に残り続けます。また、印象的な出来事などは記憶に残りやすく、反対に、意味のない数字の羅列などは記憶に残りにくい傾向があります。

脳科学では潜在意識は長期記憶。長期記憶にするには、一回だけでなく何度も何度も繰り返した情報だけが長期記憶になります。ということは・・・・・大事なのは「繰り返し」。描いたビジョンや目標をイメージして、何回も何回も繰り返し反復ましょう。

繰り返す時のポイント

先ほど五感を使うのが大事とお伝えしましたが、それは描いたビジョンを繰り返す時も同じように超有効です。具体的には「読む」「見る」「聞く」など色々な手段を使ってみましょう。小学校の授業や宿題では「音読」がありますが、ただ読むよりも音読する方が、潜在意識には入りやすくなります。ちなみに僕は現在経営塾の宿題で、この本を1日3回音読しています笑


二つ目のポイントは、「言葉」です。脳に時間の概念がありません。思い浮かべたことが過去のことなのか、現在のことなのか、未来のことなのか判別できないということ。ですので出来る限り達成している状態をイメージしましょう。そして、その時に使う言葉は「過去完了形」。「私は~になった」「◯◯を達成した」と言葉に出したり、書いたりするのがオススメです。時間の概念がないことを有効に使いましょー!

でも、この過去完了形だと「ワタシ実際には達成してないし・・・」とメンタルブロックになっちゃう方もいます。あ、ちなみに僕もです笑 そういう場合は「現在進行形」で言葉にしましょう。「私は◯◯に近づいている」「わたしは~の実現に向かっている」といった表現に変えれば違和感なく言えると思います。是非お試しください。

今回のブログは中井隆栄さんの中井塾で学んだことを、参考にさせて頂きました

最後までお読み頂きありがとうございました

なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです。


post

「この人に売っていいのかな?」 と迷う時が試され時


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ

川田治です

「今月、売上目標には

ちょっと届きそうにないんだよな・・」

という月末

体験セッションのお申し込みが入って

実際に会ってみると・・・」

「この人はちょっと

論理的だし苦手なタイプww」

って

思いながら

目の前の売上欲しさに

お客様欲しさのあまりに

つい、自分に無理をして

契約してしまったことってありませんか?

僕はありましたよ爆

例えば

お金がないって言われて

人助けだからって安請け合いしちゃう

誰がどう見ても

明らかに依存系の人だって

わかっていても良い顔をしちゃう

特に依存系の人には

パッと見て明るい感じの人も

紛れ込んでて

また当人が

自分が依存だって気づいてないので

いざ契約した後は大変です・・

僕はこういうケース

今は全くないですけど

以前に

「おさむちゃん

私を引き上げてくれますか?

あんまりガムシャラに

働きたくはないんですけど」

って

言われた時は

それとなーーーく

話を契約しないように

持って行ったりとか

「今は継続サポートは受けつけて

ないんですよーー」

ってフェイドアウトして

もらったことはあります

なぜかというと

そう言う人って

「できないことを人のせいにする」

場合が

少なくないから

あ、ちなみに僕は

結果として

ビジネスモデルづくりが進まなくても

責めたり、ダメだとか

言ったりしませんよ笑

よくお話しますが

頑張ってビジネスを

つくっている最中に

自分が本当に求めていることに気づく

ケースもありますから

例えば

本当は結婚したかった

本当は今やっている本業が好きだと気づいた

本当は認められる仲間と一緒にいたかった

などなどです

こういうのは

起業塾やスクールに通っていても起こりますが

そのことが

「逃げ」じゃなければそれで良いんですよ

っていうか

むしろそれに

気づけたら幸せじゃんって思ってます

 

だって

コーチング受けてないと

気づけなかったわけですから

どうして

こんなことを言うのかというと

「契約できそうだけど、この人で本当に良い?」

って

ジレンマに陥っている人が

少なくないからなんです

ビジネスモデルづくりでも

カウンセリングでも

クライアント本人が

本当に自分の意志で

悩みを解決したい!

望みを達成したい!

と思わない限り

どんなセッションだって

効果は出ませんから

その人は

本当に自分の意志で

コーチングをやろうと思っているのか?

僕は

クライアントが自立して

自分の力で何かを解決できたり

描いた未来を

達成する人になることが

本物だと思ってます

多分、この話を聞くと

「その通り!」という人

多いんじゃないでしょうか?

でも

こういうスタンスでいると

「私に申し込めば

簡単に絶対に成功しますよ」

という人に

顧客を持っていかれる事は

少なからずあります、正直爆

売上も負けるかもしれません

それでもいいですか?

~別にそれでもいいんです

私のお客様になる人は

そんな言葉にフラフラ

するような人じゃないから~

って普通でいられるなら

きっと自分の商品を

売り込まずに

売ることができます

あ、ちなみに

塾生や継続クライアントさんは

ご存知だと思いますが

ワタクシ全く売り込みません苦笑

目立ちたい

人より沢山の顧客を抱えたい

という人は

たーーーーくさんいますから

売上が落ちていたら

どうしても

グラつくことだってあります

でも、そんな時こそ

「勇気を持って普通でいましょう」

難しいことだし

僕ももちろん

完璧ではないですけど

このあり方を

ドンドン高めていくのが

ロングセラーへの道

自分が本当に

心からやりたいことを

目の前の応援したいお客様に

真心を込めて

丁寧に丁寧に伝えていく

目先の売上に左右されずに

結果が出ない時こそ

ぶれずに行動し続けましょう

最後までお読みいただき

ありがとうございます

何か参考になれば

とってもとっても嬉しいです


post

「絞り込んで!」というアドバイスに途方にくれてるなら


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

起業塾やコンサルタントに

「お客様を絞り込みましょう!」

あ、画像間違えた

「ペルソナを決めて絞り込みましょう!」

「とにかく差別化しましょう!」

と言われて

困ったことってないですか?

 

あ、ちなみに

僕も超塾で言ってますけど笑

確かに

「絞り込み」「差別化」は

ものすごーーーーーーーく大事です

今週もすでに3セッションは

「お客様絞り込み」がテーマでした

だから僕も

「絞りましょう」って言います笑

言いますけど

絞り込まないと全くダメ

とは言いません

そもそも、僕がそんなに

絞り込んでないですから爆

今までのクライアントさんの

年代で言えば20代~50代

ビジネスの進捗度で言えば

7桁売上を毎月上げている人から

ブログを始めたばかりの起業前の方

目的も

「ビジネスモデルをつくりたい人」がメインですけど

やっているうちにビジネスじゃなく

「自分が本当に望んでるコトがわかった!」

っていうケースも時々あります

ただ、僕の場合

「実績や結果はともかく

コツコツ一生懸命仕事をやってきた人」

というのは共通してます

あと、既に年収1億の人は

僕の所には来ないし

「仕事なんかしたくなーい」

「うまく簡単に行く方法だけ教えてー」

という方は

やりたくありません

きませんけど笑

それはともかく・・・

絞り込みポイントっていうのはあります

それは

商品の

「ビフォアー」と「アフター」です

ビフォアーって

「こんな事にお悩み方」

アフターは

「このセッションを受けるとこうなります」

というやつですね

これがぼやけると

それを見た人が

「自分向け」なのかどうか

わからなくなるので

選んでもらえなくなります

それでも

絞り切れない場合は

方向性や普段の記事に幅を持たせて

商品の入口と出口を絞り込むと良いですよ

あと方向性に幅がある時は

その幅の中で

○○向け商品

××向け商品と

幾つか用意すれば良いんです

・・・と、ここまでは

これまで何回もお伝えしてきましたが

でも、それでも

絞り切れない時はどうしましょう?

そういう時は

「皆から好かれようとすることを止める」です

言い方を変えれば

「嫌われても良い人を決める」

とも言えます

今のビジネスは

誰に嫌われても良いですか?

自分の所に来なくても

良い人は誰でしょう?

依存系の人?

ホントにですか?

依存系の人ってメチャ沢山いるので

マーケットは大きいですよ

既に実績をメチャ出してる人?

ガンガン決めて一人で進める人?

でも

そういう人がお客様になると

ブランド力は確実にUPしますよ

男性起業家?

ホントに?(←しつこい)

女性は

女性ばかり相手にするので

女性が男性を相手にすると

ライバルがほとんど

いないかもしれないですよ

こう言うと迷いますよね?

でも

絞り込む時や

差別化を考える時

スルーされても良い人から

考えて行くと効率的なんです

夢を描けない人に

「絶対やりたくないコト」から

考えると出やすいのと同じ

また

そうやって決めても

意図しない人が

やってくる場合もあります

そういう時は

自分の許容範囲を確かめる機会

人間性を

鍛えられる機会だと思って

チャレンジしてみましょう

その結果

セッションがどうなろうと

その経験は貴重ですから

そういう機会をくれた人なんだと思って

感謝しましょう

絞りきれない方は

そうやって行動し続けて

徐々に絞り込み方

差別化の軸が定まっていきます

逆をいえば

絞り込めない方は

頭で考えてるだけで

全然行動を変えてないんですよね

動きながら考えるんです

やりながら

うまくいかない経験を積みながら

本当の絞り込みは

見えてくるもんですよー

最後までお読みいただきありがとうございました!

なにか参考になればとってもとっても嬉しいです


post

ビジネスの四季を把握してますか?


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ川田治です

今回は女性起業家の方が

把握しておいた方がいい「段階」についてです

今ご自身のビジネスって

いまどんな段階でしょうか?

もう少し具体的に質問させて頂くと

「学ぶ時期」なのか?

「考える時期」なのか?

「行動する時期」なのか?

って

ことなんですけど

よく

メルマガでも書きますが

四季に似てるんですよ

学ぶ時期は秋

考える時期は冬

行動する時期は

夏は考えた事を

育てていく時期

こういうサイクルって

何年もかかる大きな流れもありますけど

小さいサイクルも沢山ありますよ

 

例えば

セッションの申込みが増えてきた時

こういう時はどんどん行く時期です!

逆に

なーーんか

セッションの手応えに疑問が出てきた時

これはきっと夏の終わり頃

そして

いくらブログを書いても全く反応が上がらない時

これは

秋・・・つまり

何かを学ばないといけない時です

だから

インプット&インプット

僕自身もそうですけど

一人の中には

こんな感じで

ビジネスは色々なサイクルが

絡み合って回っています

何かが調子良くても何かがダメ

全てがうまく回ること

なんて滅多にありません

だから

例え何かが調子良くても

ブログ等の反応が

一向に上がらないのなら

やっぱり

ライティングについて

インプットすべき時期なんです

ライティングを学びたい場合はコチラのDVDをどうぞ笑

こういう

小さくバラバラに回る

サイクルに気づいて

それに応じて

しっかりとテコ入れをしていく

このテコ入れを

タイミング良くやっていけるかが

ビジネスを安定させる要因になります

集客

商品・メニュー

セッションレベル

人脈

マインドセット

セールス

etcetc

どれがうまくいって

どれでつまづいていますか?

それぞれ10点満点で何点でしょうか?

その点数は最近上がってきてますか?

下がり気味ですか?

それを俯瞰して把握したら

学ぶ時期なのか?

考える時期なのか?

行動する時期なのか?

時期を把握して具体的な

時間の使い方を変えていきましょう

繰り返しですが

複合的に進んでくので

何かひとつで一喜一憂せずに

しっかり振り返ってみてください

最後までお読み頂きありがとうございました

なにか参考になればとってもとっても嬉しいです


post

高い価格で出すのが怖いんです


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ

川田治です

起業してビジネスを進めていくと

必ず「壁」が出てきますよね

特にこれからビジネスを

立ち上げる段階だと

ここがいわゆる「壁」なのか~?

っていう引っかかり

ポイントがあります

しかも結構たくさん笑

女性起業家で多いのは

ズバリ「価格」です

「高い価格なんてつけられない・・・」

というパターンです

うん、気持ちはわかります

きっと、起業して数ヶ月経っていたら

高い価格でやらないと

ビジネスが回らないくらい

わかってますもんね

 

価格=セルフイメージ

という話も聞いたし

確かに周りを気にし過ぎている自分も

自覚しているし

という感じだと思います

 

頭ではわかってるんですよね

コンサルタントには

「さっさと上げなさい」

って言われるし苦笑

「でもダメなんだもん

すごい抵抗あるもん大汗」

という状態ならば

こんなふうに考えてみましょう

まず

上げられない!と言う前に

その価格(単価)×

毎月のMAXセッション時間

で月収の上限はいくらになります?

その単価で目いっぱい働いて

その金額に満足できますか?

ならば上げる必要ありません

でももし、満足できないなら・・・

それはやっぱり

まだ価格を高くする心の余地がある

ということなんですよね

そもそもですね

高い価格で出しても

すぐに申込みは入らないですから笑

でも不思議なもんで

高い価格で出しておくと

すぐに申込みが入らないが故に

徐々に慣れていくんですよ

無意識に

「もう出しちゃったし

問い合わせが入ったら

その価格で答えるしかないもんね」

「運良く申込みが入ったら

 あとでサービスとか言って

 少し値引いてもいいかもな」

な~んてひとり言が

頭の中を駆け巡り、、、、、

結果

そのうちどうでも良くなります笑

これ本当ですよ

更に言うと

高い価格の商品を

見せる商品として割り切り

その下のミドルエンド商品を

メインとすることもできます

高くしておくと

その価格幅の中で

色々な工夫ができるんです

もう一つだけ言うと

高い価格で出すと周りから

後ろ指を指されるどころか

「あの人ってなかなかやるなーー!」

という目で見られます

みーーんな

高い価格にしたくてもできない

でも、あの人はやった

きっと、それだけの

何かがあるんだろう

と思ってもらえるんです

結果

周りの目も大丈夫になります

どうでしょう?

これでもダメですか笑?

まぁこうやってですね

ブログ文章だけで

抵抗感が取れないのは

僕だってわかってます

だって、僕もそうでしたから爆

いいんです無理しなくても

価格を上げる大切さがわかってれば

やがてそうなります

だって

価格は上げても

それが最終目的ではないからです

僕の場合は

「もっと大きな貢献を

するために時間が必要」

だから

価格を上げるんです

当たり前ですが

結局は「何のため?」

が最初にあって

そのための「いくら?」

なんですよね

その

「何のため?」の方が

よっぽど難しいですから

だからその価格で出して

その怖さを忘れるためにも

何のために

仕事をするのか?の方を考えましょう

そして見える化して

毎日毎日繰り返してみる

ぜひやってみてください

最後までお読み頂きありがとうございました

なにか参考になれば、すごくすごく嬉しいです