post

モチベーション頼みだから成功しない


「色んな学びや出会いがあると

一時的に気持ちは上がるんですけど

そのモチベーションが、なかなか続かないんです・・・・」

 

そんな相談をセッション以外でも

すごくすごく耳にします

そんな悩みで立ち止まっていませんか?

 

2ヶ月前にも、シェアオフィスに

久しぶりに顔を出してくれたセラピストYさんが

 

「おさむちゃーん!昨日参加したセミナーすっごくよかった!

モチベーションめちゃ上がったから、

ここから気合入れてビジネス進めていけそう!!」

 

そう話していたYさんと

先日バッタリ銀座線の渋谷駅で再会。

声をかけると余り表情が冴えません。

銀座線は数分に1本くるので、

数本乗り過ごしてホームで話を聴いてみたら・・

 

Yさん「受けた直後はよかったんですけど、

モチベーションが続かなくて。。

どうしたらいんですかね?」

 

治「そうなんだね。誰かに相談してみた?」

 

Yさん「うん、協会の先輩とかのコンサル受けてる」

 

治「それは素晴らしい。話してみたらどうだった?」

 

Yさん「気持ちとか落ちてても

続けられる強さがないとビジネスなんか無理だって・・

決めたSNS投稿は絶対やりきりなさい!

って言われたんだす・・」

 

治「そうだったんだね・・・」

気持ちはわかりますよ。

 

せっかく投資した学びの先輩達に

「根性で乗り越えろ」って言われても、

シンドイし、そもそも起業に向いてないんじゃないか・・

そう考えちゃいますもんね。

 

そんな方に少し厳しいですけど

お伝えしたいことは・・・

 

 

 

 

モチベーションに頼っていては

うまくいきません

 

ってこと

 

 

そんな不安定なメンタルの凹凸を繰り返しても

ビジネスは成長するのは相当難しいでしょう

 

 

ではどうすればいいか?

それは・・・・・

 

 

「BIG WHY」に立ち返ること です

 

例えば、

新しくセラピーを学んだ当初

ほとんどの人はスキルも経験もありません。

 

練習をしたり体験セッションを積み重ねていく中で

能力が少しづつUPしていって

それが自信になります。

 

でも時間が経つにつれ、

新鮮味がなくなって、

情熱が消えていく人も数多くいます。

 

 

そんな時は・・・

 

行動する矢印がどこに向いているか

再確認することが大事。

人って他人の為なら頑張れます。

自分との約束は破っちゃうけど

他人との約束なら守れる人の方が多いですよね?

同じように、自分の為に働くのは限界があっても、

家族や子供の為なら頑張れる!っという人も多いはず。

起業してプロのセラピストを目指すなら、

家族を超えて、もっと多くの人に貢献したいという

気持ちが必要。

 

その最たる例が、「ミッション」や「ビジョン」

 

そこには

「何のために働くのか?」

「誰のために働くのか?」

が必ずあります。

 

それを思い描くと何が起こるか?

 

 

 

矢印は絶対に外側を向きます。

自分や家族だけではない

半径5m以上の誰かに貢献する想いが湧いてくる。

 

それがあれば

大きくモチベーションが下がることはありません。

 

想いを馳せれば、その実現のためには、

必要な行動が数え切れないくらい出てきますし、

相手は何を求めているか?意識も変わります。

 

ビジョンを思い描ける基本的な3つ質問

「でも、私ビジョンとか描いたことないんですけど・・・」

そんな場合は、

まずはこの3つの質問を自分に問いかけてみてください

 

・今の仕事を始めたきっかけは何ですか?

→そこにある想いは?

 

・どんな人にどんな貢献がしたいですか?

→そこにある想いは?

 

・貢献する人が増えると世界はどんな風に変わりますか?

→そこにある想いは?

 

 

その根底にある想いを

是非言語化して書き出してみましょう。

それだけで気づけることが

必ず必ずありますから。

 

 

サービスの語源は「尽力」「奉仕」。

他人に貢献するように、ベクトルを外側に向けると、

気合いやモチベーションに頼ることなく、

動けるようになります。

 

またそのビジョンに向けて淡々と

行動し続ける姿に周囲の人が惹かれ、

ジョイントベンチャーが発生したり、

さらなる集客に繋がったりと影響の輪が広がっていく。

それは価値貢献なので、

結果収入もあがります。

 

もし、あなたが、日々モチベーションに

左右されているなら、

是非「ベクトルの向き」を確認してみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

何か参考になれば、とてもとても嬉しいです。


post

バックエンドを売る際のマインドとは?


「本当にこんなに高い価格で売れるかな?」

自分の商品をそんな風に思ったことはないですか?

僕は

すーーーーーんげーーーーーありましたよ汗

5年前、僕が最初に設定した

バックエンドは98,000円。

そして、起業して初めてのセミナーは

コラボセミナー。

 

以前書いたこともあるのですが、

バックエンドという概念も知らなかった僕は

数千円のセミナーを開催し続けてさえいれば

いいんだと思っていたんです。

その単価でビジネス継続できますか?

「それじゃ生活できないでしょ?」

当時のコンサルに言われました。

3,000円のセミナーやセッションをしていても

1ヶ月で30人集めて9万。。。

そもそも起業当初から30人を継続して

集客するのは簡単なことではありません

そして東京で10万以下では

一人暮らしでさえ生活することもできません。

 

恥ずかしながら

そんな計算すらしていなかった自分は

頭では理解していながら

10万の商品をセールスするイメージも描けず

動ける気が全然しませんでした。

それでも

セミナーの日程がドンドン近づいてきます

 

直前の打ち合わせの際、

「この価格で伝えてみれば?」と提案されました。

その時僕は・・

「どんなタイトルにすればいいんだろう・・」

「どの順番で何を伝えたらいいのか?」

など色々考えて

悶々と悩んだ結果・・・

 

 

「すいません。む、、無理です・・・」

結局断ってしまいました。

提示する価格に日和ってしまったんです。。

あーーー、しょぼい、、、本当にしょぼ過ぎる・・・

 

売れる起業家と売れない起業家の差

こんなマインドでバックエンドが

売れるはずがありませんよね?

 

最終的に、パートナーにバックエンドの

セールスプレゼンを依頼。

結果、16人参加のセミナーで

4名がバックエンドを購入してくれました。

本当にその時の方には今でも感謝しかありません。

 

二人は何が違ったんでしょうか?

それは・・・・・

 

 

 

 

決意の差です

僕は価格を提示することにビビって

日和ってしまいました。

そして「HOW」ばかりにフォーカスして

テクニックに走ろうとした結果、

チャレンジすることすら出来ませんでした。

 

一方パートナーは、「BE」あり方が

全くブレていませんでした。

「こういう世界をつくるんだ!」

というビジョンから繋がる決意

「結果を気にせず、とにかく

全力でバックエンドに込めた思いを伝える」意識で、

セミナーのプレゼンテーションをしていたので、

言葉や立ち振る舞いにチカラが込もっていました。

後ろから見ていて、徐々に参加者に

パートナーの想いが伝わっているのが、わかりました。

ビジネスでもそれ以外でも

明確さはチカラです。

 

それは言葉だけではなく

立ち振る舞いや雰囲気にも表れますから。

 

フロントセミナーやイベントは、

集客するためにマーケティング的なノウハウや知識が重要。

それは、初めて会うお客様が多いので

「まずは価値を感じてもらうこと」が大事なので。

 

一方バックエンドは

ノウハウやテクニックを

追求しても売れません。

ビジョンから繋がる決意や愛情や人格

が大きく大きく影響します。

つまり

独自の世界観を想いを持って伝えること

が重要なんです。

 

大事なのでもう一度。

成功する女性起業家、

つまり目標を達成できるか人を動かすことができるか?は、

決意に比例します。

 

フロントエンド・バックエンドに限らず、

女性起業家のマインドセットで大切なのは

決意が先でテクニックは後です。

 

女性起業家の皆さんは、ビジネスになると

今までと180度違う世界で自信を失ってしまいますが、

「なんとしてもこれはやり遂げる!」

という決意をしたら、

後から何とかなったという

経験を今までの人生で必ずしているはず。

 

だから、あなたにも絶対に絶対にできます

もし、あなたがバックエンドのセールスで悩んでいるなら

テクニックではなく、その商品を通じて

クライアントにどんな変化を提供したいのか?

その先にどんな世界を一緒に見たいのか?

どんなライフスタイルをつくりたいのか?

是非胸を張って伝えてください。

多少言葉が拙くても、その想いは

必ず必ず参加者に伝わりますから。

最後までお読み頂きありがとうございました!

なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです。


post

あなたの告知文を読んでもらうには?


「チーン♪」

3週間ほど前、

外苑前にあるシェアオフィスの

定位置の席でブログを書いていた時のこと

クライアントRさんから

メッセージが届きました。

 

添付されていたのは、

新しいサービスの告知文章。

(おー!さすがだわ)

Rさんは毎回宿題以上の

アクションをして報告してくれる

努力家のクライアントさん

また独学ですけど

コピーのテクニックもコツコツ勉強して

メルマガで実践中

ここ半年でメルマガも始めて、

HPも開設して着々と

ビジネスモデルを構築しています。

 

そんなRさんの

タイムラインを想像しながら、

一通り文章を読み終わって

浮かんできたのが・・・・

「ん?なんだこの違和感は?」

告知文章が

おかしいワケじゃないんです

でも、一番上の

キャツチコピーを見た瞬間から

胸にザワザワした

気持ちが湧いてきました

「あー、なるほど。。そっかココか・・・」

その後

ある疑問が浮かんでいたんです

そしてそれは、僕だけじゃなく

きっとこれから、この告知文を読んだ

すべての見込み客も疑問に感じるはず

 

僕はその疑問を質問しました。

それは・・・

 

 

治:「このサービス使ったら、

どんなメリットがあるのか教えて?」

 

Rさん:「えっ?あれ?治ちゃん

ここに書きましたよ、ほら箇条書きで。

治ちゃんの告知文読んで、

メリットを書いてみたから」

 

コピーライティングには

メリットを箇条書きで伝える「ブレット」という

ノウハウがあります。

例を挙げるとこんな感じ。

▼なぜ、ほとんどの人が

失敗を失敗で終わらせ成長できないのか?

 

▼あなたが目標を達成するために

失敗を学びにして成長する方法。

 

▼「これさえやれば大丈夫なことはなんですか?」

こんな質問に対し、必ず答える○○とは?

 

▼これを知っておけば、起業初期に

お金で失敗する確率を

格段に減らすことができるでしょう。

 

▼あなたは自分を変えようと決意しても

不安やリスクで行動に移せないのではありませんか?

今度こそ自分を変える方法をお伝えします。

 

確かにRさんのコピーにも

同じようにブレットが書いてあります。

 

でも、一つ一つのテクニックを学ぶことで

得られるメリットは書いてあるのですが、

でも、いま一つよくわからなかったんですよね

 

治:「んーーーと、、要するに、

一言で言うとどういうことですか?

お客様:「○○○です」

 

治:「そう!それですよーー!

それを書きましょう!!」

 

  成果を出せるポイントは「未来への約束」

このことから学べることって何でしょう?

女性起業家の商品を分析する仕事の僕でさえ、

ベネフィットを読み取ることができませんでした。

だとすると、、、、、、

毎日忙しくて、情報が盛りだくさんで、

ほんの一瞬しかあなたの告知やチラシを見ない見込み客に

ベネフィットが伝わる可能性は限りなく低いでしょう。

 

だからこそ

今すぐ冒頭で約束をしましょう

 

あなたの商品・サービスを使うと

どのようなメリットがありますか?

 

たった一つだけでOK。

いきなり約束しても、信じてもらえないかもしれません。

だからこそ、

お客様の声を入れたり

あなたの実績を入れることで、

続きを読んでもらえる工夫が活きてきます。

あなたのベネフィットを書けば、

見込み客は続きを読み、

続きを読めば引き込まれ、

引き込まれたら行動(購入)します。

 

あなたのコピーには、

ベネフィットが書かれてますか?

 

見込み客に何を約束できるでしょうか?

それをいつ書きますか?

もし続きが読まれる文章が書きたい場合は

コチラの「超実践型ライティング講座」

へ是非お越しください

少人数でガッツリ ライティングをお伝えしますよー

最後までお読み頂きありがとうございます!

なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです


post

いい加減コーチやめちゃえば?


ご訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

 

「あなたはどんなビジネスをしていますか?」

初対面の方に聞かれたとき何て答えますか?

おそらく

「○○コーチ」

「△△カウンセラー」

「◇◇コンサルタント」

って

答えてると思います

実はここが起業して

突き抜けられない理由です

コーチは

coachは馬車を語源として

「クライアントを目的地へ運ぶ」

サポートをすること

そして実際には

話を聞いて

導く(運ぶ)ことで

対価をいただく職業ですよね

がんばっても頑張っても

売上が増えないのは

このコーチングビジネス特有の落とし穴

があるからです

(肩書きは違いますけど、コンサル・セラピスト・カウンセラーなども同じ)

あなたの身体はひとつだけです

そして

1日は24時間

 

対面で

クライアントにセッションすると

1、2時間以上はかかります

さらに事前・事後の準備もあるし

随時クライアントからの

質問にも答える必要や

クリアリングで話を聞くことも必要

となると・・・・

 

 

 

 

 

付き合えるクライアントの数には上限がある

ということです

ちなみに起業当初は

僕もこのスタイルで

ビジネスを構築してきました

だから

否定しているわけでは

ありません

 

でも、1:1契約だけでは

収入・時間の

上限が来てしまったんです

だからコーチング講座や

起業塾をスタートさせました

あ、ここから少し本題からずれますが

だからこそ

ターゲットは絞りましょうね

コーチがクライアントを

継続で20人持てば相当忙しいはず

どんなに

ターゲットを絞り込んでも

日本に20人はいますから笑

 

 

 

戻します

 

付き合える

クライアントの数には上限がある

それはつまり、

売上・収入にも上限がある

ことを意味しています

 

上限があるのにも関わらず

そこから抜け出せないのは

コーチだというセルフイメージの弊害

「話を聞いて収入を得る人」

って考えちゃうんですよね

 

独立したからには

サラリーマンよりも

収入は欲しいでしょうし

家族や趣味の時間も

取りたいと思ってますよね?

 

でも、現状それとは

正反対というコーチが大半

もしあなたが

そういう状態になりたくないなら

答えは

 

 

 

 

 

 

「コーチをやめること」

です

もちろん

コーチングビジネスを辞めましょう

ということじゃありません

僕はコーチであることに

相当なコダワリと信念を持ってます

でも数年間1:1に

執着し過ぎたなーと

いまは振り返って思います

そして自分のコーチという仕事を

勇気と確信提供業

と再定義してみたんです

自分のビジネスを

コーチングではなく

勇気と確信提供業(僕の場合は)と捉え直す

ということ

コーチングというと

1対1で相談にのることが前提

でも

勇気と確信提供業と捉え直すと

クライアントが決断して行動さえできれば

やり方はどうでも、なんでもいい

わけです

 

講座

ワークショップ

セミナー

物販

   書籍・・・

ありとあらゆる方法が使えます

 

そうすると働く時間を減らし

収入を増やすことができますよね?

クライアントからすれば

問題解決さえすればいいわけですから

コーチングに

執着する必要はありません

では

自分のビジネスを「勇気と確信提供業」にするために

何をやればいいのか?

 

それが

「複数化」と「標準化」

です

まず最初の「複数化」

コーチングの場合

コーチとクライアントは1対1です

なので、

クライアントを複数にできないか

って考えます

1回で相手にする人数を

増やすだけ売上が増えます

例えば

セミナーや

ワークショップというのは

コーチができる

複数化の典型

 

また、複数化は

サービスの提供方法だけじゃありません

セミナーでコーチングを販売するのは

セールスを1対多にしていくこと

1対1でやっていることは

全て複数化になる可能性があるんです

 

そして

その複数化とつながるのが

二番目の「標準化」です

簡単にいうと

あなたの専門知識・問題解決ノウハウを

誰もが取り組めるようにする

ということです

マニュアル化

ステップ化

というやつですね

 

複数化にするためには

この標準化の作業が不可欠

誰もができる形にしなければ

セミナーや講座はできませんから

 

複数化と標準化を考えると

コンテンツ販売や生徒募集など

やれることが出て来ますよね?

 

クライアントがあなたのことを

はじめて知ってから

実際にコーチングをするという

プロセスの中で

複数化と標準化が可能な部分がないか?

考えてみれば

意外とたくさんやれることはあるんです

 

あなたのビジネスで1対1に

なっているのはどこでしょうか?

 それを複数化するには

どうすればいいでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございます

何か参考になれば、とってもとっても嬉しいです


post

【開催報告】大切な通過点


ご訪問ありがとうございます
女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。
先日メルマガ配信1,000号記念パーティを開催しました
すんごい素敵な写真をいつものミンちゃんこと中澤恵さんが撮影してくれたので
少しここまでの思いを交えながらご紹介させてください
何も分からないままメルマガを始めたのが約5年前。サラリーマン時代でした。
週に一回 学んだことを
ただコピペしただけの文章を配信するだけ
こんなことしてて、意味があるのかな
誰も読んでないんじゃないか
って思ってました。
独立当初 数千円のセッションを伝えることが出来ずに
雑談して終わるだけ
こんなことでプロコーチとして、やっていけるのかな
って凹み続ける毎日でした
色んな人とコラボセミナーをしても
何となく本音を伝え合えず
単発か数回のイベントで終わり
人付き合いが苦手な自分には
パートナーなんてできないんだろうな
って寂しく感じてました、
そして何より飽きっぽい
今まで熱中する期間はあっても
いつのまにか飽きたり
諦めたりする40年間。
何か一つのことにフォーカスして成し遂げるなんて
難しいんだろうなって諦めてました
 そんな自分が40歳を超えて
初めて大好きで続けられたのがコーチングでした。
同じクライアントさんでも、どんどん成長していく
毎回素晴らしい映画を見るような日々でした。
感動も
悲しみも
バカ笑いも
ワクワクも
しんみりも
バラエティに富んだ毎日
以前携わっていた
レンタルDVDよりも遥かに心が動く。
しかもクライアントの話を聴いて
貢献できてビジネスが育っていく
人生が変わっていく
そんなセッションで感じたことを、
メルマガで書き続けていたら
いつのまにか1000号を超えてました
コツコツ コーチングし続けたら
尊敬するビジネスパートナーや
大好きなクライアントさんに出会えました
こんか素敵な人達がどこかで一度に集まって
繋がる機会が持てたらいいな
ぼんやり考えてたことが、昨日実現しました
パーティを開いたら、こんな素敵な仲間達に囲まれてました
主催者は何もしなくても
素晴らしいコミュニケーターたちの間で
自由に笑顔と会話とビジネスが広がっていきました
参加してくださった皆様
メルマガ読者の皆様
今も繋がっている皆様
今は離れてしまった皆様
すべての関わりに感謝します
次回は2000号パーティします!
それまでコーチングもビジネスも
飛躍的に成長しているとお約束します
今迄関わってくださった全ての皆様に感謝をしています
次回はあなたも是非参加してくださいね
最後までお読み頂きありがとうございました