post

「価格を上げるのが怖い」「頑張ってつくった商品だけど価格に自信がない」「反応が薄かったのは設定した価格が高すぎるのかな」女性起業家として起業してスグの方はもちろんのこと、ある程度売上は安定していても、サービスの価格を上げるのに躊躇してしまう。起業して当初の売り上げゼロの時、そんなお金のメンタルブロックは、ほとんどの女性起業家が壁にぶち当たるテーマだと思います。

起業して売上ゼロの時に、お金のメンタルブロックの外し方に関する本を読んだり、セミナーや講座を受けたのに変われない 起業して売上ゼロで施策に課題を感じているけど、具体的な対策をしてる人は必ずしも多くないことを毎日セッションをしていると実感します。今回はお金のメンタルブロックの外し方について、色々なワークを通じてお伝えします。

お金のメンタルブロックを外す前に

お金に対するイメージは間違いだらけ

あなたはお金に対してどんなイメージを持っていますか?ある調査によると、日本の中高年のお金に対するイメージは87%の人が汚い、13%の人が美しいと思っているそうです。お金に対するメンタルブロックは誰もが持っています、女性起業家でお金の強いブロックがある方は「お金を手に入れることは難しい」「コツコツ努力しなければお金は稼げない」「お金を稼ぐのは悪い人だ」「お金は怖いものだ」というようなイメージを持っています。

日本には古くから「清貧」という言葉があります。貧しくても、清く生きるという考え方は根強いと思います。それが全くダメだとは思いませんが、清貧という言葉には「貧しい=清い」という認知があります。ということは「豊かさ=汚い」という認知を裏で持っている可能性が高い。それは豊かさを潜在的意識でも否定していることになるので、大きなお金のメンタルブロックになります。

成功している人のお金のイメージ

逆に成功している人は「お金を人として」関わっています。

例えば、今あなたのお財布の中身はどうなってますか?お札の向きが揃って丁寧に収まっているでしょうか?お財布はお金の住まいなので、レシートを入れたままだったり、上下が逆にしまわれていたら・・自分だったら居心地が悪いと思います。

僕は以前大成功している経営者の方に、お金を支払う時には、優しい母親のように送り出しなさい。「旅に出る子供には、たくさんのいい経験をして欲しい」そんなふうに玄関を送り出された子供は、帰ってきたくなるよね?そう教わりました。

そんな風に、支払う時は優しく喜んで送り出し、収入があった時にも、 心から喜んで迎えてあげる。そんなイメージでお金と関わりましょう。つまり、どうすればに喜んでもらえるか?=どうすればお金に喜んで貰えるか?なんです。

また成功している人のお金に対するイメージは、お金は「エネルギーである」「信頼と感謝」「循環させるもの」「愛」といったイメージを持っています。大事なのはお金に対するプラスのイメージもマイナスのイメージのどちらもすべて思い込みだといういうこと。

お金に関してマイナスなイメージを持っていると、意識しただけでネガティヴな感情になるので、行動しづらくなったり、考えることを避けるようになります。その繰り返しは潜在意識にまで染み込んでいき、お金のメンタルブロックになります。

では、どうすればいいのか?お金に対するイメージや定義付けを変える必要がありますよね。ここからは、お金のメンタルブロックの具体的な外し方についてお伝えしていきますね。

知っておくべきお金のメンタルブロックの外し方

お金のメンタルブロックの外し方1:意識を変える

実はお金にはアクセルとブレーキがあります。アクセルは感謝。ブレーキは不安や恐れ。不安や怖れは「ない」>「ある」に意識が向いています。

意識を変える最大のポイントは、「豊かさに気づく」こと。「目指す」や「求める」ことを止めて、豊かさは今ここにあると「気づく」こと。幸せや豊かさは、目指すことでも、達成することでもなく、「今ここにある」と感じることだからです。

天災で被災したり、病気になった時に人間は日常の当たり前を失った時にありがたさや豊かさに気づきます。本当の幸せや豊かさは、普段意識できていない「当たり前」にあります。また人間は感謝と不安を同時に感じることは出来ません。お金のメンタルブロックの外し方のポイントは意識を「ない」<「ある」に変えることがスタートです

あるものを書き出す

最初のお金のメンタルブロックを外すワークです。現時点で今あるもの」「いる人」「できていること」をとにかく沢山たくさん、ノートに書き出してみてください。

家族・友人・自宅・ガス水道・自然・食事・身体・細胞・五感で感じること・考えられること・大切なモノ・趣味などなど。無数にあります。書き出したら、次はその中で「自分が求めている金額と交換できるもの」を選んでみてください。

例えば、ある実験への参加オファーがあり「この実験に参加すると、明日から美味しい食事を味わえる味覚がなくなります。でもその代わりに1億円を貰えます」と言われたらどうでしょうか?僕は絶対に参加しません。ということは「食事を味わう」という当たり前の幸せに1億円以上の価値があると感じているということ。このワークを続けることで、すでにある幸せや豊かさを身体全体で感じられますし、通常は意識していない幸せを、より味わえると思います。

人は感謝と不安を同時に感じることはできません。意識が「ない」<「ある」に変わる→お金のブレーキ(不安)<アクセル(感謝)に変わりお金のメンタルブロックが外れていきます。

 

お金のメンタルブロックの外し方2:過去の体験を変える

両親から、お金に関して小さい頃言われたことや、両親がお金に対して口にしていた口癖があると思います。僕の場合はお正月にお年玉を貰って嬉しいから開けようとすると「人の前でお金の話はしてはいけない」「お金は隠すもの・恥ずかしいもの」というメンタルブロックがありました。

小さい頃、お父さんやお母さんのお金に対する口癖を思い出してください。例えば、おもちゃなど欲しいものがあって「お母さん、これ買って!」とおねだりした時どんな答え方をしていましたか?「うちはお金がないから買えないの!」などと言われていると「お金=ないもの・なくなるもの」というメンタルブロックになっています。そんなメンタルブロックが特定できたら、紙に書き出してください。その後、その紙にお別れをするつもりで、細かく千切ってゴミ箱に捨てましょう。

また特定したお金に関するメンタルブロックを書き換えるのもオススメです。例えば紙に書き出した「お金は汚い」というメンタルブロックを千切った後に、別の紙に「お金は美しい愛のエネルギー」と書き換えて手帳など何度も目に付く場所に貼っておくと、お金のメンタルブロックの外し方として有効です。そして事あるごとに「いつも幸せを運んでくれてありがとう」「あなたがいるから今日も快適に過ごせました」といったお金が喜ぶような感謝や愛の言葉を伝え続けましょう。

 

お金のメンタルブロックの外し方3:お金への感謝状

今までの人生で、お金があったことで、自分自身にどんな幸せを与えてくれたでしょうか?家族や友人と一緒にどんな体験ができたでしょうか?また現在どんな生活を送れているでしょうか?

お金があることで、運んできてくれたモノ・時間・学び・出会い・健康・美容etc そんな幸せをもたらしてくれたお金を大切な家族や友人のような人とするなら、今までどんな接し方をしてきましたか?どんな言葉を伝えたいですか?

ぜひお金に対する感謝のメッセージを手書きで書き出してみてください。その後、1万円札を出して、お金に話しかけるようにメッセージを声に出して読み上げてみてください。読み上げることを伝えることで、徐々にお金に対する接し方が変わってきますよ。これもかなり強力なお金のメンタルブロックが外し方の一つです。

人に好かれる人はお金に好かれる

「人に好かれる人はお金に好かれる、人に嫌われる人はお金に嫌われる」これは僕のメンターの一人である経営コンサルタントの中井隆栄先生の講座に参加した際に、最初にホワイトボードに書いてあった言葉です。最初は何となくしか理解出来ませんでしたが、今は完全に腑に落ちて理解できています。それは【お金はエネルギー】だということ。

起業して成功すれば、欲しい物は手に入るし、行きたいところにも行けるようになります。でも欲しいものを手に入れても、お金のメンタルブロックが変わらないままだと、満たされない氣持ちは消えません。いくら稼いでもお金に対する恐怖は消えないんです。

でも、安心してください。そんなに頑張らなくても、心から求めているものは手に入りますし、すでに十分持っています。女性起業家としての成功だけではなく、幸せな人生を送るためにもお金のメンタルブロックを変えることは必須。是非「ない」<「ある」に意識や言葉が向くように、ご紹介したワークを繰り返してみてください。

きっと、以前よりも自分らしくビジネスができると思います。最後まで読んで頂きありがとうございました。参考になる点があれば嬉しいです。


コメント