post

ご訪問頂きましてありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

自分の動画ってアップしたことありますか?自分のビジネスを動画撮影で告知したり、認知のためにアップすることが有効なのは、わかるんだけど、なかなかハードルが高くて・・って女性起業家の方々言われます。

うん、それわかります。僕も同じでしたから。っていうか多分みなさん以上にできる気がしませんでしたから汗

そんな自分が後輩コーチと動画撮影を始めて、もうすぐ2年。変わらずにこのお二人とコツコツ撮り続けてきました。

メンタルコーチ/エキスパートファスティングマイスターの山本飛鳥さんとメンタルコーチの河邉英理子さん。思いもスキルもある素晴らしい後輩コーチ達です。

こんな感じで撮影してます

「どんな感じで撮影してるんですか?」と質問されるので、今回はその舞台裏を。場所は僕が借りているシェアオフィスの会議室を使わせて頂いています。外苑前のフランフランが1階のスプライン青山東急ビルの6階にある「青山ビジネスエアポート」。

僕はそこで、オープンスペースのみ使える会員になっています。オープンスペースでセッションをすることもありますが、基本的には打ち合わせや事務作業をしてます。今回も会議室を借りて撮影しました。2つある会議室のうち、今回は会議室Bを。

まず集合してからは三人のビジネス近況や情報を交換し合います。この日はエリちゃんが一番乗りで来てくれたので雑談。「おさむちゃんは、今どこを目指してるの?」とか、「エリちゃん、ビジネスでどこに重点置いてるの?」とかコーチ同士だけに目的論で雑談笑

少し遅れて飛鳥ちゃん登場。この1ヶ月の近況や変化を話してから、ようやく「今日どんな感じにしよっかーー?」という、感じで話し合いスタート。基本全体的にゆるーい感じ笑

今回は動画でクライアントをしてくれる方をFacebookで募集したら、コーチ&タロットカードでセッションしている「コーチングコーチ・タロット占い師」直江つかささんが申し込みしてくださいました。爽やかに笑顔で登場。自己紹介もそこそこに「誰がコーチやる?選んでもらう?」「3テーマでやっちゃう?」「リレーコーチングとか?」で検討した結果、つかさちゃんが「お任せします!何でも大丈夫です!」と明るく「YES!!」で受けてくれた結果、超久しぶりのリレーコーチングに決定しました♪

リレーコーチングはクライアントさん1人で複数のコーチが一定の時間までセッションしたら(もしくは質問したら)次のコーチにバトンタッチするコーチングです。

で、撮影開始。コーチの順番は飛鳥ちゃん→エリちゃん→ワタクシ。(最後が一番難しいんだけど、じゃんけんで負けたww)

動画を撮り続けた3つのメリット

セッション動画を撮り始めて2年。続けて来て良かったことは3つあります。

⑴ミスマッチが減り成約率がアップ

まず個人的なことから言えば、体験セッションでのミスマッチが、ほぼなくなりました。体験セッションに申し込んでくださる方は、僕のことを知っている方ばかりではありません。その時に動画があれば、実際に迷われている方に「この動画見てみてください」とお伝えすることもあります。コーチと合う・合わないは、セッションスキルだけでなく、表情や声の好み等の要素も間違いなくあります。動画を公開し続けたことで、結果的に体験→契約の率は動画を公開してから間違いなく上がりました。

⑵顔出しのメンタルブロックがなくなった

5年くらい前のこと。以前、僕の友人で「これからは動画だ!」と宣言し毎日動画をアップし続けて、youtuberになった方がいます。その毎日発信される動画を見ながら「すげーな・・このまま行けば動画だけで集客できるようになるだろな」って思ってました。

本来であればコーチ・コンサル・セラピスト等の仕事は「自分自身が商品」的な側面があります。お客様の立場になってみたら、顔がわかる方が安心感があるし、親しみやすさに繋がる。ということは頭でわかっていながら、いざやろうとすると顔出しは、抵抗感があり動けず苦笑。だから友人の動画を見ながら、「すごいけど、自分には絶対できないな」って思ってましたから。

でもある日師匠が「みんなもっとセッションを動画でアップしよう」って呼びかけてくれたこともきっかけになり、後輩コーチ達と撮り続けたら、SNSでの写真や動画の顔出しの抵抗感が減りました。メンタルブロック超あるあるとして、「誰かの役に立ちたい」<「自分がどう見られるか」に意識が向き過ぎていた認知が徐々に変わっていきました。

⑶セッションのスキルアップ

3つ目はスキルアップに繋がったこと。「コーチングを受けるという敷居を下げて、もっと気軽に触れて欲しい」「自分たちの認知も広げていきたい」という想いで始めた動画なので、長時間セッションは最初から考えていませんでした。目指すは7分、長くても10分。

ということは、いつもと同じセッションをしていたら、絶対に終わりません。時間内に終わらすと決めるからこそ、いつも以上に素早くマッチングしたり、切り込んでリーディングしていく必要があります。人間は追い込まれないと惰性や古い習慣に流される生き物。だからこそ、「時間内に終わらせる」と決めて毎月セッションすることで、少しづつスキルが上がったと感じています。ということで、結果今月アップした動画はコチラです。

今回も僕を含めて3人のコーチは3分間ずつ全力は出しましたが、満足は全然していません。でもそこで公開をやめてしまっては、いつまでもスタートできないし、出すからこそ「次回までにここは改善して臨もう。そのために練習しよう」と研鑽することができます。これは動画以外のビジネス全ての面で同じです。5割、6割の出来でもマーケットに出して反応を見ながらブラッシュアップしていくことが一番の成功への近道です。このブログを読んでくださっているあなたは、今でもマーケットにリリースできるものが必ずあります。勇気を出して公開してみませんか?

最後までお読み頂きありがとうございます。何か参考になれば、とってもとっても嬉しいです。


コメント