post

ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

自分のことを

「起業ジプシー」だって思いますか?

先月、体験セッションを

受けられたクライアントさんに

「私ってジプシーじゃないですか?」

って不安な気持ちを

打ち明けられたんですけど

僕がその方の経緯を聞く限り

全然そんなことなかったんです

コンセプトやターゲットも一貫してるし

コツコツですが実績を積み上げてるし

これまで色々なコンサルや塾や

コーチに投資したから

もしかしたら?って

不安に思われたらしいんですけど

あれこれ誰かに

サポートを頼んだからと言って

それがジプシーとは限りません

僕だってこれまで色々な方々に

支援をお願いしてきました

それこそ

最初は何もわからなかったので

友人の起業系コンサルの

お世話になりましたし

また苦手なHPは

素敵なデザイナーさんに頼んだし

コーチングは師匠に鍛えられていて

先週末はまた合宿だし

コンサル系の学びは

今でも投資して、動画やDVDで学んでますし

今週末からは新しい経営塾に入ります

でも、いろいろお世話に

なったからといって

自分の根幹から変えなきゃ!

って全然思いません

なぜかと言うと

まだまだ

やらなきゃいけないことが沢山あるからです

その結果も

出ないうちに変えちゃったら

やったことが良かったのか

根本的にダメだったのか

わからないですよね?

だから、

そう簡単には変えないわけです

で、ジプシーというのは

誰かに支援を頼む度に

コロコロとコンセプトや

方向性を変える人のこと

描いたビジネスモデルを

具体化するまでに

まだまだやることが沢山あるのに

それを成果がでなくて焦って

我慢できなくて次に飛びついちゃう

そこそこレベルまで

習得セッションスキルを

また違うスクールに学びに行く

せっかく良い所まで行った

ブログを止めてしまう

良い感じのバックエンド商品を

根こそぎ変えちゃう

こんな感じです

また、ジプシーの人は自覚がないので

「今度こそ自分にあった方法を見つけた!」

「これなら成果が出る!!」

って出会ったときには

興奮状態です

特に何かに申込んだ直後は

それに夢中になります

Facebookやブログにも

それが現れますね

で、しばらくすると

「もしかしたら、このまま終わっちゃう?」

って

沸き上がる不安との戦いになって

終わりに近づく頃には

次の新しい何かを探し始めます

これを繰り返すしちゃうんです

結局、こんな風に

ビジネスが軌道に乗らないのは

ノウハウ以前の

心構えの問題がほとんど

もちろん、頑な姿勢が一本調子だけに

なってもダメですから

大きな方針は「ドッシリ待つ度胸」

小手先のことは「スピーディに試す」

という二つを

バランスさせることです

だって

その小手先のことだって

5-6回のうち1回位しか

当たらないんだもん笑

どーーーん!と構えながら

遊び心で色々やってみることです

ちなみに、色々試せるのはフロント商品です

フロント商品は色々やれることがあるし

失敗しても

ほとんど痛手になりませんから

どんどん

どんどん

どんどん

試してみましょう

ここはスピードが大事

いかかでしたか?

是非

大きな方針は「ドッシリ待つ度胸」

小手先のことは「スピーディに試す」

ということを大事に実践してみてください

最後までお読み頂きありがとうございました

なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです


コメント