post

「本当にこんなに高い価格で売れるかな?」

自分の商品をそんな風に思ったことはないですか?

僕は

すーーーーーんげーーーーーありましたよ汗

5年前、僕が最初に設定した

バックエンドは98,000円。

そして、起業して初めてのセミナーは

コラボセミナー。

 

以前書いたこともあるのですが、

バックエンドという概念も知らなかった僕は

数千円のセミナーを開催し続けてさえいれば

いいんだと思っていたんです。

その単価でビジネス継続できますか?

「それじゃ生活できないでしょ?」

当時のコンサルに言われました。

3,000円のセミナーやセッションをしていても

1ヶ月で30人集めて9万。。。

そもそも起業当初から30人を継続して

集客するのは簡単なことではありません

そして東京で10万以下では

一人暮らしでさえ生活することもできません。

 

恥ずかしながら

そんな計算すらしていなかった自分は

頭では理解していながら

10万の商品をセールスするイメージも描けず

動ける気が全然しませんでした。

それでも

セミナーの日程がドンドン近づいてきます

 

直前の打ち合わせの際、

「この価格で伝えてみれば?」と提案されました。

その時僕は・・

「どんなタイトルにすればいいんだろう・・」

「どの順番で何を伝えたらいいのか?」

など色々考えて

悶々と悩んだ結果・・・

 

 

「すいません。む、、無理です・・・」

結局断ってしまいました。

提示する価格に日和ってしまったんです。。

あーーー、しょぼい、、、本当にしょぼ過ぎる・・・

 

売れる起業家と売れない起業家の差

こんなマインドでバックエンドが

売れるはずがありませんよね?

 

最終的に、パートナーにバックエンドの

セールスプレゼンを依頼。

結果、16人参加のセミナーで

4名がバックエンドを購入してくれました。

本当にその時の方には今でも感謝しかありません。

 

二人は何が違ったんでしょうか?

それは・・・・・

 

 

 

 

決意の差です

僕は価格を提示することにビビって

日和ってしまいました。

そして「HOW」ばかりにフォーカスして

テクニックに走ろうとした結果、

チャレンジすることすら出来ませんでした。

 

一方パートナーは、「BE」あり方が

全くブレていませんでした。

「こういう世界をつくるんだ!」

というビジョンから繋がる決意

「結果を気にせず、とにかく

全力でバックエンドに込めた思いを伝える」意識で、

セミナーのプレゼンテーションをしていたので、

言葉や立ち振る舞いにチカラが込もっていました。

後ろから見ていて、徐々に参加者に

パートナーの想いが伝わっているのが、わかりました。

ビジネスでもそれ以外でも

明確さはチカラです。

 

それは言葉だけではなく

立ち振る舞いや雰囲気にも表れますから。

 

フロントセミナーやイベントは、

集客するためにマーケティング的なノウハウや知識が重要。

それは、初めて会うお客様が多いので

「まずは価値を感じてもらうこと」が大事なので。

 

一方バックエンドは

ノウハウやテクニックを

追求しても売れません。

ビジョンから繋がる決意や愛情や人格

が大きく大きく影響します。

つまり

独自の世界観を想いを持って伝えること

が重要なんです。

 

大事なのでもう一度。

成功する女性起業家、

つまり目標を達成できるか人を動かすことができるか?は、

決意に比例します。

 

フロントエンド・バックエンドに限らず、

女性起業家のマインドセットで大切なのは

決意が先でテクニックは後です。

 

女性起業家の皆さんは、ビジネスになると

今までと180度違う世界で自信を失ってしまいますが、

「なんとしてもこれはやり遂げる!」

という決意をしたら、

後から何とかなったという

経験を今までの人生で必ずしているはず。

 

だから、あなたにも絶対に絶対にできます

もし、あなたがバックエンドのセールスで悩んでいるなら

テクニックではなく、その商品を通じて

クライアントにどんな変化を提供したいのか?

その先にどんな世界を一緒に見たいのか?

どんなライフスタイルをつくりたいのか?

是非胸を張って伝えてください。

多少言葉が拙くても、その想いは

必ず必ず参加者に伝わりますから。

最後までお読み頂きありがとうございました!

なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです。


コメント