post

脳の仕組みを知ればコーチング効果は3倍


女性起業家が安心して100万超え!成功しながらハッピーに人脈が繋がる・広がる世界を一緒につくります!女性起業家のファン作り専門コーチ 川田治です

最近思うのですが、いくら理論を理解しても、実践できないと意味はありませんよね?その実践には意志が必要とか継続力とか色々言われますが、その為には人間のシステム、つまり脳に関して知っている方が、ビジネスでも間違いなく効果的な対策や行動ができるようになります。ということで今回は「脳科学」に関してです。

まずは脳そのものについて。脳って、ものすごく高性能なコンピュータのようなもの。人間の脳は、ほ乳類の中では、体全体に対する脳の比率が非常に高いんですよね。人間の赤ちゃんは他の哺乳類に比べると、体に対して頭が大きな状況で生まれてきます。人間の脳はとても大切なので、頭蓋骨に囲まれて守られて生まれてきますが、生まれてからの脳の大きさは3歳で既に大人の80%ぐらい、6歳でほぼ100%大人と同じ大きさになります。 脳はよく、パソコンのハードディスクに例えられます。

大容量のパソコンなのですが子供の場合はデータは入っていないので機能していないだけ。性能としては6歳児で大人と同じ性能を持ってるんだとか!そして脳自体の重さは体重の2%程度なのに、もう後体全体のエネルギーの18~25%を消費します。これは1日に消費するエネルギーの5分の1から4分の1を脳だけで使っていることになります。脳は複雑であると同時に、すごーーい大変なエネルギーを消費するのです。人間は脳がつかさどっているわけですから、人間にとって1番大切な器官なのは間違いありません。

そして、脳は大きく分けると3層構造になっています。その構成は「脳幹」(本能、生存本能)、「間脳」(体温調整、体の維持等)、「大脳」。その「大脳」が「左脳」と「右脳」に分かれます。コンピュータに例えると右脳はハードディスク(大量の記憶ができる、情報処理が速い)に対する対応する感じで、左脳はパソコンのディスプレイ(言語数字など目に見える部分」に対応する感じ。

右脳と左脳は両方大事で、両方ないと機能することができません。そして「脳梁」が右脳と左脳をつないでいるバイパスで、そのバイパス内で情報が行き来しています。

日本ではよく右脳を鍛えることが大切と言いますが、実は同時に「左脳を鍛えることも大切」なんです。実は右脳と左脳をつないでいる「脳梁を鍛えること」が1番効果が高いんです。 ちなみにですが、男性よりも女性の方が脳梁は発達しているんですよー!

脳梁を鍛えるコツは「書くこと」

人間は「やりたい」「欲しい」などの夢の実現のイメージを思い浮かべます。 思うだけでは右脳の領域なので、夢を叶えた状態を言葉で紙に「どういう状況になっているか」を書きます(書く作業はイメージを言葉にする作業ですから、左脳で言語に翻訳されます)ここは超大事!!そして、右脳は、もう一度「達成した感覚」や「どういう風な気持ちになるか」を感じます。 

このようにして同じ情報が、形を変えて脳梁の中を行き来します。これを何度も何度も繰り返すことで夢が実現していきます。ですから、ポイントはできるだけ書いた方が良い、そして音読した方がさらに良いんです。音読についてですが私たちは声に出すことによって、整体などの筋肉を使います(右脳)。つまり、声に出した時の記憶も残るので、記憶を強化することにつながります。そして、音を耳で聴きます(右脳)。聞いた言葉の意味を理解する(左脳)そして、イメージするといった具合に、何度も同じ情報を変えて、違う器官を行き来するので、実現が加速するす。 

体感覚的には、これを習慣化してから3倍は実現が加速している感じです。ということで右脳も左脳も鍛えるために、ビジョンマップなどで描いたイメージをさらに実現加速させるには・・・・・「そのイメージを言語化すること」→「その言語化を音読すること」→「再度イメージすること」これで確実に実現が加速化します。是非お試しください。

今回のブログは経営塾でお世話になっている中井隆栄先生から学んだことを参照してお伝えしました。最後までお読み頂きありうがとうございました。なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです。


post

コーチング受けた後の成果を加速できる習慣


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ川田治です

コーチングを受けてビジョンを描いたんだけど、時間を経過する度にボンヤリしちゃったり、忘れちゃったりすることないですか?せっかく時間とお金を使って受けたコーチングセッション。セッション後にこんなポイントを意識すると効果が全然違いますよーということをお伝えします。

五感を使ったイメージ

夢を実現したい!願いを叶えたい!そのために大前提で必要なのはビジョンや目標をどれだけ明確に描けているか?イメージできているか?です。

ポイントは、五感を使うこと!例えば欲しいタワーマンションがあったとします。それだけだと余りにも漠然とし過ぎですよね?何階建てのマンションなのか?どんな外観の何階に住んでいるのか?その時窓から見える景色は?何色の壁紙で、どんな家具がどう配置されているのか?といった視覚的な要素はもちろん、誰とどんな会話をしているのか?その時立っているのか?座っているのか?何か持っているのか?食べているのか?といった具体的な場面をイメージしましょう。脳はよりリアルに感じることができるので、潜在意識に入り込んで実現が加速します。

僕は起業系のクライアントさんが殆どなのですが、仕事以外でも描くことがオススメです。お金資産・健康美容・人間関係・家族・などで、それぞれ最高に幸せな事柄を出して場面を、五感を使いながら描いてみてください。

長期記憶を利用する

ビジョンを描くことは、優秀なコーチにセッション頼めば描けるはず。問題はその後なんですよね。僕もそうでしたが、ついつい忘れちゃう。せっかく描いたビジョンや目標を色褪せないで、行動に結びつけて実現に加速させるポイントは・・・長期記憶にしていくことなんです。

まずは記憶について簡単に説明しますね。脳には、すぐ忘れてしまう「短期記憶」と長い間覚えている「長期記憶」があります。短期記憶は数十秒から数分の間だけ保持される記憶で、その時間が過ぎると記憶は消えてしまいます。そもそも情報はドンドン忘れていかないと、情報が多過ぎて、脳は情報を処理仕切れなくなってしまうんですね。なので、記憶は必要の無いものから優先的に削り落とされていきます。とはいえ、日々の情報に対応していかないと生きていけないのも事実。そのために、短期記憶というものがあります。

短期記憶で、一度に記憶できる個数はおよそ7個であり、そのことは「マジカルナンバー7」いわれています。映画「7人の侍」「荒野の7人」など7人の登場人物の作品が多いのも、本でも「7つの習慣」がベストセラーになってるのも関係があるんだとか。

一方長期記憶は、いつまでも残っている記憶。こちらは7つなんてことはなく大容量です。忘れてしまうことはありますが、これは脳から消えているのではなく脳から情報を見つけられない、検索ができない状態になっていると言われています。例えば、はじめはすぐに忘れてしまっていた電話番号も、繰り返しかけるうちに覚えてしまいます。こうして一度長期記憶が形成されると、数時間から数年、場合によっては死ぬまで脳に残り続けます。また、印象的な出来事などは記憶に残りやすく、反対に、意味のない数字の羅列などは記憶に残りにくい傾向があります。

脳科学では潜在意識は長期記憶。長期記憶にするには、一回だけでなく何度も何度も繰り返した情報だけが長期記憶になります。ということは・・・・・大事なのは「繰り返し」。描いたビジョンや目標をイメージして、何回も何回も繰り返し反復ましょう。

繰り返す時のポイント

先ほど五感を使うのが大事とお伝えしましたが、それは描いたビジョンを繰り返す時も同じように超有効です。具体的には「読む」「見る」「聞く」など色々な手段を使ってみましょう。小学校の授業や宿題では「音読」がありますが、ただ読むよりも音読する方が、潜在意識には入りやすくなります。ちなみに僕は現在経営塾の宿題で、この本を1日3回音読しています笑


二つ目のポイントは、「言葉」です。脳に時間の概念がありません。思い浮かべたことが過去のことなのか、現在のことなのか、未来のことなのか判別できないということ。ですので出来る限り達成している状態をイメージしましょう。そして、その時に使う言葉は「過去完了形」。「私は~になった」「◯◯を達成した」と言葉に出したり、書いたりするのがオススメです。時間の概念がないことを有効に使いましょー!

でも、この過去完了形だと「ワタシ実際には達成してないし・・・」とメンタルブロックになっちゃう方もいます。あ、ちなみに僕もです笑 そういう場合は「現在進行形」で言葉にしましょう。「私は◯◯に近づいている」「わたしは~の実現に向かっている」といった表現に変えれば違和感なく言えると思います。是非お試しください。

今回のブログは中井隆栄さんの中井塾で学んだことを、参考にさせて頂きました

最後までお読み頂きありがとうございました

なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです。


post

アラジンの魔法のランプと潜在意識


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ川田治です

今回は「潜在意識」についてお伝えしますね

コーチやカウンセラーの方は既によくご存知だと思いますが脳には顕在意識と潜在意識があります。まずこの意識の割合ですが、「3%:97%」って今だに堂々と発言してる方を見かけますが、それは情報が古過ぎですよー。最新の学会の発表では「1%:99%」とか、もしくは「顕在意識は0.1%以下」だという学者までいます。もちろん証明しようがないので絶対コレというのは言い切れないのですが。

よく例えられる氷山のように、1%以下の顕在意識よりも99%以上を占める潜在意識を味方につけた方がはるかに人生はうまくいくということは確実です。

でも言葉では知っていても、体感したり実践できているコーチが少ないのも事実。だって潜在意識を使っていれば、もっと成功しているコーチが多いはずですから、絶対笑。潜在意識って確かに少しわかりづらいので、今日は例え話でお話ししますね。

「アラジンと魔法のランプの話し」は聞いたことがあると思います。このお話って、実はこの話、潜在意識のことを子供にわかりやすく伝えるために物語化されているんですよー(僕も知りませんでしたww)

潜在意識って、その中に入ったものを何でも現実化しようとする働きがあります。つまり、自分の願い事を潜在意識にしっかりと入れることができればその願い事を叶えることができます。だから、魔法のランプのようなものなんです。

潜在意識の特徴

潜在意識には、いくつか特徴があります。そこを抑えておくと日常にもビジネスにも俄然活かしやすくなるのでご紹介しますね。まず最初に潜在意識には「相対的価値観がありません」また同時に「時間の概念もありませんつまり、良いか悪いかもわからないし、そのことが本当かどうかも判断しない。そして、今か未来のことなのか?も理解できないのです。だからこそ、良いことを思うと良いことが起こり悪いことを思うと悪いことが起こってしまいます。なんてシンプル♪

人間には「できないと思った未来はやってこない」し、「できると決めた未来はやってくる」ってことなんです。これこそが、「できると決断」すれば、その未来は同時に出来上がり、それが未来から、近づいてくるという証明でもあります。是非遠慮なく「最高の未来」を描いちゃいましょう。

2番目の潜在意識の特徴は「否定形が理解できない」こと。言葉で聞いてスグにイメージを浮かべてしまうので、一旦浮かんだものは消せないんです。よくある例ですが、「ピンクの象を思い浮かべないでくださいとお伝えした途端、頭の中にはピンクの象のイメージだらけになっちゃいませんか笑?

「起業して生活できないことは避けたい」「今度のセミナー集客は絶対に失敗しないようにしよう」はNGです。アスリートでも「絶対に負けません!」という発言はしませんよね?「絶対に優勝します」という肯定形で話しています。

だから自分への言葉がけやイメージをつくる時はもちろんですが、コンサルなどで相手に何かを伝える時も「◯◯をしないこと!」「◯◯をやってはダメ!」ではなく、「最終的には◯◯しよう」というハッピーエンドで伝えましょう。自分の言葉を振り返っても案外否定形を使っているものなので。

潜在意識で出来ないこと

アラジンと魔法のランプをこすると、ジーニーが出てきて「なんでもお願いごとを3つ叶えてあげるよ」というと同時に3つだけできないことがあるとも伝えています。その3つは「人を殺すこと」「死者を蘇らせること」「自分に気のない人を好きにさせることはできない」です。

最後の「自分に気のない人を好きにさせることはできない」は、相手は相手の魔法のランプを持っているので、そのランプをこすることができない=人をコントロールして変えることはできない。ということを示唆しています。起業していると対人関係でも色々起こりますが、そこは潜在意識を使ってもできないと諦めましょう笑

こんな風に是非イメージや言葉を使って自分の潜在意識の中に眠っている魔法のランプを活用しましょう。アラジンと魔法のランプのお話は、お願い事は ”3つ” だけにと限定されている場合が多いのですが、実際の潜在意識は数に限定はありません。強く願えばいくつも叶えてくれます。

ポイントは「いつも心に強く願っていること」です。

潜在意識については、このブログだけではお伝えしきれないので、また別記事投稿しますね。最後までお読み頂きありがとうございます。なにか参考になればとってもとっても嬉しいです。

このブログの内容は現在学ばせていただいている中井隆栄さんの教材から学んだことを使わせて頂いています。