post

新企画がうまくいかなかった時の2つの考え方


よし!と思ったことが

うまく行かなかった時には?

ご訪問ありがとうございます

累計4,000セッション超えの
サポート実績から生まれた

行動が加速する
120%応援コーチングに

絶対否定しない
安心コンサルティングと

脳科学に基づいた
成功に近づく習慣化で

月商100万達成をナビゲートする
女性起業家専門コーチ 川田治です

女性起業家としてオリジナルメニューや

イベント企画を定期的にリニューアルして

届けていくことって必須ですよね

なので質問です

もし、考えたアイデアや企画が

中々うまくいかない時って

どんな行動を取ってます?

 

パターンA

うまくいかない原因を探す

 

パターンB

それは

とりあえず脇に置いといて

次の手を考える

 

さて

どちらでしょう?

まず

【それは絶対ダメ】

っていうのが

「落ち込んで何もしない」

です

あ、正確に言うと

手が動いていなくても

自分のビジョンや

信念を振り返るでも

とりあえず大丈夫

 

と言っても

「とりあえず」ですけど

 

ではパターンAの原因を

探るはどうでしょう?

これは確かに

大事なことだと思います

原因がわかれば

次に、同じ轍を

踏まずに済みますから

でも実際

うまくいかない

本当の原因ってわかります?

 

僕はぶっちゃけ

よくわかりません苦笑

 

あ、毎回

言ってますけど

うまく行っていないこと

結構ありますから

もう1年以上

思うような結果が

出ないこともあるし

 

ずっと

うまく行っていたことが

突然ダメに

なったこともあります

 

よし!と思って

見事に空振りしたこと

だってあります

 

それでね

原因を探るわけです

コンセプトがダメなのか?

導線のつくり方がダメなのか?

ターゲットがずれているのか?

お客様の悩みを

捉えきれていないのか?・・・etc

 

クライアントに

聞いてみたりします

昨日も聞きました

でも

クライアントも気を使って

簡単には

本音を言ってくれません笑

 

思いっきり

言われるのも怖いけど爆

余談ですが

そういう本音も伝えてくれる

サポーターがいるって大事ですよ

 

話は戻り

実際

うまくいかない原因って

すーんごい複雑です

多分

コンセプトも

導線も

ニーズの捉え方も

どこかが

微妙にずれてるんです

だから

原因の究明には

すごく時間がかかります

 

あのーーーー

その時間って

もったいなくないですか?

原因を

こねくり回している間に

もし、誰かが

自分と同じコンセプトで

ど~ん!って

何かをやってきたら

どうなります?

 

それは、ますます

うまく行かなくなって

うまく行かない原因も

ますます複雑になります

 

すると、ますます

八方塞りになりますよー

 

なので

もしうまく

いかない何かがあったら

パターンBの

それは

とりあえず脇に置いておいて

次の手を考える

方を

激しくオススメします

 

うまくいかない

原因(=過去)を考える時間を

次のアイデアを

生み出す時間

(=未来)に変えましょう

そうすると

ネガティブが

入り込む余地が無くなります

アイデアは一度ひらめくと

気持ちもポジになるので

心も体も健全になります

 

更にです

うまく行かなかったソレは

何も捨てることは

なんてないんですよ

とりあえず置いておけば

次の手と

どこかで統合できたり

次の手の

オマケになったり

復活する可能性も出てくるんです

だからですね

うまくいかないと

凹みそうになったら

できるだけ簡単に

できる次の手を考えましょう

「なぜ、これはダメなの?」

じゃなく

「それなら、これはどうだ?」

という

思考回路に切り替える

自分の脳に

余計なことは考えさせない

そのためには

次のアイデアを考えることです

コーチングは

原因論<目的論なのに

凹んでるコーチが多いので

書いてみました笑

是非やってみてください

最後までお読み頂きありがとうございました

なにか参考になればとってもとっても嬉しいです


ブログで申込みを期待する間違い


ご訪問ありがとうございます
累計4,000セッション超えの
サポート実績から生まれた
行動が加速する
120%応援コーチングに
絶対否定しない
安心コンサルティングと
脳科学に基づいた
成功に近づく習慣化で
月商100万達成をナビゲートする
女性起業家専門コーチ 川田治です

ブログって書いてますか?

継続セッションの方でも

体験セッションの方でも

そうなんですけど

ママ起業家の方は

動ける時間に制限があるので

セッションの申込みが入るのを期待して

一生懸命

ブログ記事を書いている人

とっても多いですよね

もちろん一生懸命

記事を書くのは大事!

ウンウン唸って

電車の中で考えて

スクール時代に学んだ教材を見返して

自分の体験を思い出したりして

頑張って書いて

21時頃に

記事をアップする

翌日、ブログを開いて

メッセージを開ける

でも

何のメッセージも

入ってない・・・・・

入ったとしても

記事に対する感想くらい

それで

段々と気持ちが落ちて

記事を書く手が止まっちゃう

こういう人女性起業家の方

とーーーーっても多いです

継続サポートの

クライアントさんには

よくお話していますけど

僕はブログを書き始めて約2年

申込みなんて全然っ

入りませんでした苦笑

もう閉めちゃいましたが

アメブロでした

メッセージやコメントは

たまにつきましたが

元々の知り合いの割合が多いし

まぁ

限りなく無反応・・・

それでも毎日、毎日、

記事を書き続けました

この話をすると

「治ちゃん、よくそれで

モチベーションが続きますね~」

って

言われるんですけど

なぜ

続いたのかというと・・・・

ブログから

体験セッションの申込みが入ること

まったく期待してなかった

んですよ

この話をすると

多くの人が

「え?え?どういうこと?」

って言います

でもですね

マーケティングの

原理がわかっていれば

これは当たり前な

僕は先日超塾の合宿で

熱海と初島に行ったんですが

自分も同じように

どこかの観光地を

ぶらぶら歩いていると

想像してください

はじめて見る街

見慣れない広告

通りの左右には

お土産屋さんが

何店舗か続いてます

こういう時の気持ちって

「何か面白いモノないかな~?」

じゃないですか?

面白い

モノはないかな~?という

気持ちなんですから

それは

買い物に行く気持ちとはベツモン

です

もちろん

珍しいモノを

見つけたりすれば

その場買いする事も

あると思いますけど

それは

【たまたま】ですよね?

ブログの読者の

ほとんどは

こんな気持ちと似てます

絶対お土産買いたい!!

なんて人はほとんど皆無で

何か

面白い記事はないかな?

何か読んでためになる

記事はないかな?

こう思ってます

こう思っている人達に

買ってくれないかなぁ?

そろそろ

買ってくれないかなぁ?

いい加減

買ってくれないかなぁ?

って

期待していたら

そりゃ、疲れますよ

それで、

「じゃ、治ちゃん!

ブログって

何のために書くのよ?」

って

なりますよね?

はい

ご説明しまーーす

ブログはですね

通りを歩いている人に

「帰りにまた寄ってね」

「うちは

こういうのやってるから

家に帰ってから見てみてよ」

という事を伝えて

楽しんでもらえばOK

帰りに

また寄ってねと言われたら

「はい、どうも~」と

ちょっと

その店を覚えますよね?

家に帰ってから

見てよと言われたら

お店の

カードくらいはもらって

家でHPなどを

見るかもしれません

でも、それ以上

勧められたら、

ちょっとウザったいでしょ?

だから

ハッキリ勧めないとしても

申込んでくれないかな~と

期待たっぷりの

気持ちで待つというのは

その考え方自体が違います

ブログの目的って

あくまで知ってもらうコト

記事を楽しんでもらうコト

でも、それだけじゃ

二度と読んでもらえない

可能性も高いから

だから、良ければ

メルマガに登録してね

って繋げるわけです

メルマガに登録

してくれるってことは

その人は既に

「このお店(ブログ)はいいかも?!」

って、思って

くれてるんですから

今度は

こんな

イベントやるけどどう?

こんな企画を

考えているけど如何でしょう?

という提案に応えやすい

状況になっているんです

こうやって一段一段

階段を登ってもらうことを

顧客導線と言います

これが

本当にわかっていれば

いくら

ブログを書いても申込みがない!

申込まれたとしても

大した売上にならない!

これじゃ

この先やって行けない!

って風に

焦るはずがないんです

ブログとか

メルマガとか

セミナーとか

それぞれが

何のためにあるのか?

その本質を

理解していないと

ビジネスモデルは

うまく回りません

是非

一つひとつの役割を

しっかり理解して

顧客動線をつくってください

ブログでも

メルマガでも

それらが全体の中で

どんな役割を果たすのか?

考えながら仕事をしましょう

それができれば

ちゃんと

申込みは入り続けますよー

最後までお読み頂きありがとうございます

なにか参考になればとってもとっても嬉しいです


post

セッション後、○十万円の講師依頼が!


ご訪問ありがとうございます!
累計4,000セッション以上の
サポート実績から生まれた
コーチング
  ×
コンサルティング
  ×
引き寄せ成功習慣で
月商100万達成をナビゲートする
女性起業家専門コーチ 川田治です

今回は「お客様の声」に関してです

 

セミナーをした時に

アンケートって配布してますか?

セミナーに参加をすると

必ずといっていいほど

アンケートがありますよね?

 

アンケートを配布する目的って

セミナーのブラッシュアップ

メルマガの登録を促進すること

次回のセミナーテーマのヒアリング

など色々ありますけど

やっぱり大事なのは・・

「お客様の声集め」

これが

メインの目的

感想が手に入れば

それを活用して

次回のセミナー告知が

しやすくなりますもんね

感想ってある意味

客観的な評価

セールスページの

大半を読み飛ばしても

お客様の声だけは

読むという人もいます

 

自分でもアマゾンで買い物する時

本の中身なんかより

レビューを見ちゃいませんか?

 

で。

今回一番質問したいことは・・

そのアンケート

しっかり活用できてますか?

ってこと

アンケートを

回収して満足をしちゃう

そしてHPやブログへの

掲載をサボったりしちゃう

そうなっていたら

本末転倒ですもんね

 

実は、以前の僕も

ずっとそうなってました汗

ある時

単発のコンサルセッションを

数ヶ月ぶりに募集しよ!

そう決めたのに

感想のアップをサボってました

以下その時の感想です

—————————————————

今日は治ちゃんの

コーチングを受けられて、

やっぱり本当によかったです(^^♪

今年一年の自分の実績を

昨年の計画を一緒にたてて

もらった治ちゃんと

振り返ることができて

「マイコーチってやっぱりいいなぁ~」

と心から感じた

のはもちろん

来年の活動について

はっきりした

ビジョンがなかったところ

バックエンド商品の

話をしていただけて

私も具体的に色々と

イメージすることができました

 

自分にとっての

バックエンドは

『3万円の養成講座』くらいにしか

イメージしてなかったのですが

治ちゃんのお陰で

それにとどまらない、

さらにワクワクする来年を

イメージすることができました!

「来年の年収=○千万円」

と、紙に書いてみることができたのも

よかったです!

その内訳に

そういえば「講演会」を入れる

書くのを忘れてましたが

治ちゃんとのセッションの後

ランチを食べてたら

「来年の11月に仙台で○十万円で

講演会講師を

やってもらえませんか?」

というオファーのメールが

社会福祉団体から入りました!

「書いてみる」

「言葉にしてみる」

「宣言してみる」

って、とても

パワフルで大事ですね

もちろん、お金儲けが

最終目標ではないけれど

クライアントさんに喜んでいただける

本当に良いお仕事を余裕をもって

継続的にやっていくためには

それなりの報酬を

いただくこととが重要だと

今年、心の底から学んだので

1年後に、治ちゃんに

元気に成果を報告できるよう

今日からまた頑張ります!

コンサルテーションも

コーチングもできる治ちゃんに

マイコーチになっていただけて

すごくラッキーだなって

あらためて思えました

—————————————————

こうして感想を改めてアップしてみると

自分の今後のメニュー作りにも

メチャ参考になりますよね

お客様の声を集めるところで

満足しちゃうなんて超勿体無い!

声を収集しているなら

それを活用するところまで

しっかりと考えないと

改めて

「一次元上の目的」

って大事ですね

今回は自戒の意味をこめて書きました

ご自身の周辺を見渡してください

アンケートが

山積みになって放置されてませんか?

アンケートは一例でしかなくて

すでに自分の周囲には

活かせるリソースが沢山あると思います

過去のブログを集めて

少冊子を作ったり

スクールで学んだ内容で

新しいメニューや

ツールを作ったり

卒業したクライアントさんや

セミナー参加者に連絡してみたり

etc、etc、、、

そんなに毎回

新しいものばかり探しに行かずに

「すでにあるもの」で

活かせるものを探して見てください

ぜーーったいに

ありますから

最後までお読み頂きありがとうございました

なにか参考になればとってもとっても嬉しいです


post

魅力的なフロントセミナーの作り方


ご訪問ありがとうございます!<

行動が加速する

120%応援コーチング

絶対否定しない

安心コンサルティングと

脳科学に基づいた

ひきよせ習慣で

月商100万達成をナビゲートする

女性起業家専門コーチ 川田治です<

今回は久しぶりに
セミナーづくりに関してです
いきなりですが
まず質問です
ちゃんと
セミナーやっていますか?
ランチ会とか
お茶会じゃないですよ
そして
◯◯初級講座とか
マンネリ繰り返しでもダメですよ
自分自身のやり方を
ひとつのコンテンツにして
集まった参加者に
教えてあげたり
一緒にワークを
したりするイベントです
(あ、そんなのわかってますよね汗)
高額
バックエンドをつくるのって
大きいハードルなんですけど
このセミナー開催もまた
はじめてやる人には

かなり高いハードルですよ

ちなみに僕の初めての
フロントセミナーは勇気がないので
コラボセミナーでした大汗
僕はよくランチしながら
色々な女性起業家の方に
ヒアリングしていますけど
「今度、是非教えて欲しい!」
って言われるのが
このセミナー開催の方法
その次は
「メルマガやった方がいいですか?」
かな
メルマガ出したい方ーは
このセミナーは
ただ開催するんじゃなく
一般的には
「フロントセミナー」と言って
ちゃんと高額バックエンドに
ご契約頂けるようなセミナーです
これが
ちゃんと回るようになると
つくった
高額バックエンドが
売れるようになって
ビジネスモデルが回り出します
バックエンドは
こちらの記事も参考に
だから
フロントセミナーは
ビジネスの
【大事な心臓】です
先日
セッションのクライアントさんとも
バックエンドに
つなげるための
フロントセミナーを
何人集めるために
何回開催するか
一緒に決めていました
ここで改めて基本の確認を
コーチやコンサルの
ビジネスモデル構築の
大大前提は
「顧客にとって
魅力的な商品があるか?」
「その期待を前提として
体験セッションに
来て頂いているか?」
です
これをね
ビックリするくらい
アウトプットしてない
女性起業家の方が多いんですよww
魅力的な商品なくして
ずーーっと代わり映えしない商品を出し続けて
売れるわけがなく・・
期待がない状態から
期待させて
高額商品のお申込み
までたどり着くのは
やっぱりスゴク大変で
その分だけ成約率が
落ちちゃいます
だから
「商品の魅力を
しっかり伝えるページをつくる」
「日頃から魅力的な
ブログ/メルマガ記事などを書く」
というコトが
めちゃんこ大事
なってくるわけです
そして
フロントセミナーも
この期待を生み出す
最強に効果的な手段
商品ページや普段の
ブログ・メルマガ等は
コツコツと
積み重ねが必要ですけど
フロントセミナーは
うまく行けば
数時間で一気に
「期待」を生み出せます
僕も以前に
6人集まったセミナーで
そのまま5人に
お申込みを
頂いたことがありますけど
それだけセミナーは
威力があるんですよ
そして次に
大事なのは「深さ」
深さって
顧客の悩みや問題点の核心を
いかにピンポイントで突けるか?
これは体験セッションでも
セミナーでも同じ
よく
セミナーであるのが
▲チラ見せ&
あとはバックエンドへ!
▲講師の一方通行講義
ですけど
これだと確実に
満足度は低くなります
満足度が低ければ
その後の
バックエンドへの申込みは
まず、成立しません
なので、セミナーでは
深く心を
動かしてもらうために
△ノウハウの完全出し
△実践ワークを取り入れる
△参加者 個々に深く関わる
構成にすると良いですよー
是非魅力的な
フロントセミナー開催してくださいね
最後までお読みいただきありがとうございました
何か参考になればすっごく嬉しいです

post

毎日の発信力が絶対に高まる鉄則


ご訪問ありがとうございます

女性起業家が

安心して100万超え!

成功しながらハッピーに

人脈が繋がる・広がる世界を

一緒につくります!

女性起業家のファン作り専門コーチ

川田治です

 

以前ある

クライアントさんと

一緒にバックエンドを

作成しはじめて

3ヶ月経った頃に

プロトタイプが完成した

セッションありました

 

その時

そのクライアントさんは

「飛び込みで

お客様に会いに行ってきます!」

って

決意宣言してくれました

しかも

宣言だけじゃなく

予定もしっかり入れて

電車のチケットも取ってました

すごかった笑

本当に

メチャ勇気あるなー

って思いました

完全飛び込み営業ですから

やっぱりそういう時には

自分が決めたミッションや

ビジョンが勇気をくれるんですよね

 

日々「自分を大事に」

なんてカフェやエステで

ゆるーーく過ごしていると

意識して思い出さないと

あっとゆうまに

忘れちゃいますから

 

やっぱり

日常のコト「だけ」

を考えてると

行先を見失います

というか

僕も含めてほとんどの人が

こうなるんじゃないでしょうか?

独立当初

決意した想いとか

何のために仕事をやるのか?とか

目先のことに

うずもれちゃいます

すると

毎日の仕事が

ドンドン単調になってきます

角度を

変えるきっかけや

新しいチャンスが

目の前にあっても

ついつい

逃しちゃうんですね

だから僕も継続して

コーチングを

受けてるんです

常に天からのサインは

降りてきてますから

その受信力は

鈍らせないでいたいです

この辺りは

潜在意識とも

関係するのですがまた別の機会に

 

で、受信力といえば

もちろん、発信力も大事!

僕も数年前は

~自分「発信」したい

セラピスト専門コーチ~

って名乗ってたんです、実は汗

先日も

あるクライアントさんから

「バックエンドを

しっかりさせることって

自分の発信を

強くする超重要ポイントですね」

って

感想を頂きましたけど

それは日頃の発信の

積み重ねがあってこそ

申込みの

決め手などを聞くと

「ブログの内容が

まさに自分にピッタリだった」

「今回の募集の

あのコトバが響いた」

ということを言われる

ケースが多いと思います

こういう

説得力や力強さは

どこから

出てくるのかというと・・・

やっぱり

バックエンド商品から

なんです

バックエンドをまとめたら

「断然、記事が書きやすくなった」

「見込み客の反応がグン!と増えた」

って

言われますけど

それって何となく

感覚として

捉えていた自分の仕事を

コトバにすることによって

「決める」から

日々の発信力が増すんです

あ、発信って

SNSだけじゃなくて

冒頭の

クライアントさんみたいな

直接行動も含めてですよ

この「決める」

っていうのは

例えば・・・

▽何をやる/やらない

▽自分のお客様はこんな人

▽自分のセッションは

 ▽これが行き先

といったことを

明確にすることです

 

これが

自分にしっかり

落とし込まれていないと

人に伝わりません

売れるって

「期待に応えること」

バックエンドがまさに

その「応える」ことですし

「期待」は

その「応える」内容を

発信するから

「期待」になるってことです

バックエンドで迷える

起業女子へ再度お伝えしまーす

バックエンドを創って

    ↓

自分の仕事を

コトバにすることによって

    ↓

判断基準ができて

「決める」から

    ↓

発信力が強くなって

    ↓

お客様に「選ばれる」です

 

前回の記事と合わせて

読んでいただけたら

バックエンドに悩む方に

かなり参考になると思うのですが

今回も最後まで

お読み頂きありがとうございます