post

失敗を克服できる4つの質問


ご訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です。

「失敗は成功のもと」という言葉は聞いたことがあると思います。でもいざ自分でビジネスをしていくと・・

わかってる!

でも失敗したくないんじゃー!!

って思いませんか?

これって、女性起業家だけじゃなく、みんな共通なんじゃないかと思います。僕も起業当初なんかは、申し訳無さやら、自分が情けないやらで、なんだかどんよりした気持ちになってましたから。

でも、反面、それを認めたくない気持ちもちょっとあったりするんですよね。状況によっては、「なんとかバレないようにできないかな」とか「自分のせいじゃない!」などと真面目にに考えたりしてしちゃってました。小さい笑

失敗をどう捉えるか

僕は、女性起業家の方のいくつかあるメンタルブロック「まだまだ」「自分なんか」「価値観」などなど色々ありますが、その根っこの多くには「人にどう見られるか?」=「失敗したくない」というマインドがありますね。

失敗って基本誰でも嫌なもの。でも、その失敗を乗り越えて行動し続ける人が、ビジネスで成功できる。「成功するまでやり続ければ失敗はない」これは考え方というより本質・真理なんです。

でも冒頭にお伝えしたように「問題はメンタル」です。成功して女性起業家は、何度失敗してもへこたれずに挑戦し続けます。

売り上げで損をした、赤字になった、売れなくて在庫が残った、期限を守れなかった、集客できなかった、パートナーに迷惑をかけてしまった、信頼を失った、などなど。普通は凹んでめげちゃうような状況でも、彼女達は挑戦し続けられます。

繊細なメンタルを強くできるポイント

じゃぁ彼女達は特別にメンタルが強いんでしょうか?

そんなことありません。

僕の継続クライアントでも、繊細過ぎるメンタルで起業した女性起業家で、経験を通じて徐々に強さを身につけていった方が数多くいます。そんな女性起業家と接していると、ある彼女達の共通項に気づきました。

 

それは・・・

 

「視点の変え方」です。

切り替えられる強いメンタルを持つ最大のポイントは「客観的に自分を見られること」です。

問題の渦中にいる自分を俯瞰して引いて見ることで、「これは大変。なんだか面白いことになってきた♪」「これ乗り越えたら、ネタにできそうじゃん!」と他人事のように切り替えることができます。

じゃぁどうすれば、そう見られるようになるのか?今回のブログでは、セルフコーチングできる4つの質問をご紹介しますね。

自分を俯瞰できる4つの質問

質問1:失敗がわかった時、何考えていますか?

失敗に気づいた時を思い出してみてください。頭の中では何を考えていますか?心の中には、どんな思いがよぎっているでしょうか?ストレートに、すべて書き出してみましょう。

(例)「こんな自分は知られたくない」「継続できない自分はダメだ」

 

質問2:その時、どんな感情がでてきますか?

その時に、思っていることに対して、どんな感情が湧いてくるでしょうか?さっきの項目に毎に挙げてみましょう。

(例)「こんな自分は知られたくない」→【恥ずかしい】「継続できない自分はダメだ」→【情けない】

質問3:出てきた感情で満たされたあなたはどんな姿、特徴をしているでしょうか?

質問2で出てきた感情ごとに、どんな姿、感情、特徴をもった自分がいるか想像してみましょう。わかりやすいようにその自分(キャラ)に名前をつけてあげましょう。

(例)「恥ずかしい」→  【照れ過ぎ姫】「情けない」→ 【ショぼ子ちゃん】

 

質問4:それを見ているあなたは、そのキャラの自分に、どんな言葉をかけますか?

そのキャラクターになにか声をかけてみましょう。その時、キャラはどんな反応をするでしょうか?また、キャラとうまくやっていくには、何が必要でしょうか?

(例)
照れ過ぎ姫→【周りはそんなに姫のこと気にしてないよー】

ショぼ子ちゃん→【その凹んでる姿を見せたら楽になれるよ】

一歩引いた自分を見て「面白くなってきた」と捉えているわけです。まるで他人事笑。これはすぐに習慣化はできませんけど、少しずつでも真似してみる価値は絶対にあります。ぜひ試してみてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

なにか参考になればとってもとっても嬉しいです。


post

自己投資が怖い女性起業家の最大の理由


「おさむちゃん、聞いて欲しいことがあるんだけど・・」

数ヶ月ぶりにシェアオフィスに遊びにきた、女性起業家のAさん。久しぶりに受付で顔を見た時から、「なんだか元気がないな・・・」と感じてました。席に座り、お互いの近況報告をしあった後のこと。

Aさん「今日はおさむちゃんに、相談があって。3ヶ月前に○○講座を修了して、ようやく資格とったんだけど、全然集客できなくって・・・。△△万円払ったのに、もうお金返して欲しいよ」

おさむ「そっかー。申し込んだ時に資格取得した後の集客のこととか、何て説明されてたの?」

Aさん「集客は基本的に自分なんだけど、すごい稼いでる先輩たちがいたし、先生もFacebookにタグ付けとかしてくれるから、認知が広がっるし、申し込みとか入るよ。って言ってたんだけど」

おさむ「うんうん」

Aさん「確かに友人申請は増えたけど、セミナー告知しても全然申し込み入らなくって・・。先輩たちも講座中は声かけてくれたんだけど、最近はメッセージしても返信がなくって、、何のために資格取得したんだか、わかんなくなってきた・・・」

 

この会話を聞いてどう思いますか?

実はコレ女性起業家に案外多い相談なんです。

でも、このAさんのような「依存マインド」がある限り、ビジネスで成功するのは難しいでしょう。女性起業家として自立した姿勢でなければ、個人の成果も勿論、ビジネスパートナーとも、良い関係を築くのは難しいでしょう。

でも気持ちはとってもわかります。僕も起業するために資格を取得して、一円も稼げなかった時に、主催協会を(心理的に)攻めてしまったことがあります。これはサラリーマンの雇われマインドが抜け切れていなかったから。

それに起業当初ってお金がありません。高額講座は勿論のこと、数千円でも数万円でもリスクを取ることに躊躇しちゃうと思います。下手をすると何日間も迷ってしまうこともあったりします。

こんな風にチャレンジできないときに起こっていることは・・・・

 

 

【最悪のケースを予想しきれていないこと】

です

 

ただ何となく、漠然と「怖い」って思っているだけだから余計怖い。

失敗した時の金銭的・メンタルの損失をしっかりと予測して、「これぐらいのリスクならやってみよう」と覚悟できた時に、人は動くことができます。

僕は150万のコンサルティング料と70万以上のコーチングスクールに同時に投資した時に「もし、失敗したらバイトすれば良いっか」「家賃の支払いも厳しくなったら、恥ず実家に戻ってやり直せばいい」って思ってました。同時にこの投資額を売上で回収できるまでは「新しいインプットの投資はしない」とも決めていました。

最悪のケースの対応策が決まれば怖さは確実に減ります。「何があっても投資の元は必ず取る」と心の中で決められたらバッチリです!。 

この時、大事なのは「元を取るのは自分だ」という意識。スタートアップしたばかりとはいえ起業=経営者です。自分が主体・源なのは当然。冒頭の女性起業家Aさんは、「お金さえ払えば誰かが何かしてくれる」「権利を取ったら、勝手に儲かるに違いない」という依存マインドを感じますよね?それでは、女性起業家として成功は難しいでしょう。

覚悟できていないから怖い

僕は女性起業家のビジネスをサポートするコーチなので、しっかり未来を描いて、そこに向かって進んでいくことがメインの仕事。だからクライアントが高額な投資をする際には、「この投資をして成功したらどうなりたいか?」を必ず一緒に描きます。

でも同時に大切にしているのは「最悪どんな結果が待っているか?」も確認します。そこで、対応策までしっかり決められたり、イメージできたら、例外なく全員決断できますから。

まとめると、、、もし覚悟できなければやめておきましょう。

 

「覚悟できたら投資する。

できなかったら投資しない」

 

シンプルでOK。失敗から目を逸して、つまり、成功した時のことしか考えないで、覚悟していないのに投資するとトラブルの原因になります。うまくいかないからと相手に文句を言ったり、約束を破ってお金を払わないと、後々の広場に響きます。

覚悟が怖いと言う人もいますか、それは厳密に言うと、覚悟していないから怖いのです。本書で感覚をお伝えするのは難しいのですが、過去ができていると全てを受け入れられるので結構落ち着いていられます。

「全て自分の責任だ」って決めた時こそが、投資の効果が最大になります。新年の目標を決めて、新しく何かに投資しようという方も多いと思います。

なにか参考になればとってもとっても嬉しいです。


post

メルマガの超代表的な3つのメンタルブロック


あ、、、また解除だ(TT)

しかもMさんじゃん。。。

この間会ったばかりなのにな。

昨日と今日だけで解除が5件。

せっかく読者が増えてきたのに・・・」

 

約4年前の秋

当時引っ越したばかりの府中の自宅で

まだ片付いてないダンボールが残る部屋の中で

メール画面に届いたメルマガ解除の

お知らせメッセージを見ながら

長いため息をついていました。

 

当時のコンサルにアドバイスを受けて

メルマガを週一回の配信から毎日配信に変えてから

毎日のように解除連絡が来ることが本当に辛くて

メルマガを配信することがドンドン怖くてなっていたんです

メルマガを発行し始めた人の

最初のブロックは解除で凹むこと

僕も同じでした。

 

だから

当時のコンサルに相談をしました。

 

治「すごい時間かけて書いたんですけど、、、

やっぱり内容がつまらないからですかね?、、」

 

コンサル「川田さんって、そもそも

何の為にメルマガ書いてるんだっけ?」

 

治「あ、セミナー申し込みや

体験セッションに申し込んで欲しいからです」

 

コンサル「だよね?

つまり、川田さんのサービスを

買ってもらう為に
専門的な知識や情報を発信して

信頼してもらう為だよね」

 

川田「はい。そうです。

(だから凹んでるんじゃん)」

 

コンサル「だったら、解除する人は、

そもそも川田さんの商品を買うなんてことは、

まず有り得ないでしょ。

 

しかも、発信してる内容が合わないんだから、

例え継続でコーチングしても

上手くいかない可能性が相当高いはずだよ」

 

治「なるほど・・・・」

 

目からウロコでした。

メルマガ読者は多いほうがいい。

だから解除に凹むという単純単細胞な思考でした。

 

でも本来メルマガは、

信頼して関係を強化する繋ぐ絆であると同時に、

クライアントが商品を買う前に、

「この人信頼できるかな?」

「わたしと合うのかな?」

という

ミスマッチのリスクを低くする為でもあるんですよね。

 

そのことは結果的に提供する

自分のミスマッチの

リスクを抑えることにもつながります

 

だから・・・・・

 

 

 

解除で凹まなくて大丈夫^_^

 

 

むしろ、メルマガが届くたびに

悪いイメージや面倒なイメージを持たれるくらいなら

綺麗サッパリ忘れて貰ったほうが

はるかにマシです。

 

また、あなた自身も誰かのメルマガを

解除した経験があると思います。

そのことって

忘れてるくらいな些細なコトですもんね

 

そして、この体験からもう一つ気づいたことは、

「全ての読者から好かれたい♡」

という自分の気持ち

そもそも

何かを発信する時点で

傷つくことはセットです

ローリスクハイリターンという

美味しい話がないのと同じ

 

冒頭のMさんはメルマガは解除されたので

僕のサービスを購入してくれることはありませんが

今も友人関係は続いてます。

だから、思い出して欲しいんです。

 

そもそも

何のためにメルマガをスタートさせたのか?

 

ってことを

 

趣味でやっている方はほとんどいないでしょう。

メルマガを配信しているのは

自分のサービスを購入してもらいたい

という思いが必ずあるはず。

 

でも、いきなりは買ってもらえませんよね?

 

だからこそ

専門家としての知識や経験を伝えたり

信頼関係を築いたり

趣味やらプライベートを伝えたりして

親近感を持ってもらうことで

 

「この人に会ってみたいな」

「この人のコト、もっと知りたいな」

 

って感じてもらうのが

目的です。

無料のメルマガを解除する読者は

あなたのサービスを購入することは

ほぼ間違えなくあり得ません。

だから解除なんて

全く気にする必要はありませんっ!!

 

「書くのに時間がかかり過ぎて・・」

解除以外にもメルマガを書くとか

配信スタートするブロックがあります。

メンタルブロックの二つ目は

「時間がかかり過ぎる」こと

これの対策は意識を変えること

大事なのは・・・

 

 

正しく書こうとしない!

こと

 

誤字や脱字とか、ちゃんと正確に引用するとか、気にし始めて

検索して単語を調べたり・・・

もうきりがありません。

あっとゆうまに時間が過ぎちゃいます。

 

そもそも

正しく書こうは義務感ですから、苦しいです。

 

その苦しさは

読者に必ず伝わっちゃいますから

「もう私のメルマガって、誤字脱字が多いんですよー」

とか言っちゃっても全然いいと思います。

 

適当にやると短い時間でかけます。

そしてメルマガは

せいぜい1通1ポイント伝わればOK

そのくらいの分量の方が伝わりますし

(このブログは3ポイント書いてますけど苦笑)

読みやすいですから。

 

しっかり・カッチリ書かなくちゃという場合は

間違えなく自分に矢印が向いてます。

 

相手(読み手)のことを考えれば、

サラッと1ポイントで書いた方が喜ばれるし、

伝わるという意識に変わりますよ。

 

書くネタがない

3つ目のブロックは

「書くネタがない」

 

これも超超よく言われます。

 

こういう女性起業家の方は、

「同じことを書いてはいけない」

「毎回違うことを書かないといけない」

 

という

メンタルブロックを持ってます。

この対処法ですが・・・

 

 

 

 

「同じこと何度も何度も

書いてくださいっ!!」

 

 

逆に言えば・・・

あなたが一度伝えただけで

相手は簡単に変わってくれません。

 

人は何度も何度も同じことを伝えて

体感しないと腑に落ちませんし、

認知が変わりません。

 

事例やエピソードを変えて

何度も何度も同じことを伝えてください。

 

僕も過去のメルマガ自分で読み返すと

何度も同じこと伝えていますし、

それをリライトして

メルマガを出すこともあります。

 

これも相手のため!

なんですよね。

 

自分がどう思われたらどうしよう?じゃなく、

相手にこの大事なことを

何としてもわかって欲しい!伝えたい!

という意識でいると

何度でも同じことを伝えられるようになります

「書くネタがない」ことへのもう一つの原因は

 

「インプットが足りてない」というケース

です。

 

セミナーに出たり、本を読んだりした、

ブログやメルマガを

書きたくなった経験ってないでしょうか?

 

だから、もし書くことがないなら

インプットの絶対量が不足している

可能性があります

 

もちろん本をそのまま書くのは当然NGですけど、

自分の経験談や実践してみたことを書きましょう。

 

新しいノウハウ・ニュースだけが全てではありません。

オリジナルというのは基本的にありませんし、

本質は数多くはありません。

 

それをあなたの体験談や事例や感じたことを

加えて伝えるからオリジナルになんです。

 

いかがでしたでしょうか?

メルマガだけに限らず

女性起業家のメンタルブロックの原因のほとんどは

自分に意識が向いていることです。

 

メルマガの価値は読者が決めます。

 

そして最大の価値は

相手がやる気になって動くこと!

幸せになること!

それ以上の価値はありません。

 

ぜひハードルを低くして

メルマガを初初めてみてくださいね。

 

そしてメルマガ配信をその日から実践したい!

という方は是非コチラのセミナーにお越しください。

 

3時間でメルマガの効果的な使い方と

文章の書き方が学べちゃいますよー。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

なにか参考になれば

とってもとっても嬉しいです


post

モチベーション頼みだから成功しない


「色んな学びや出会いがあると

一時的に気持ちは上がるんですけど

そのモチベーションが、なかなか続かないんです・・・・」

 

そんな相談をセッション以外でも

すごくすごく耳にします

そんな悩みで立ち止まっていませんか?

 

2ヶ月前にも、シェアオフィスに

久しぶりに顔を出してくれたセラピストYさんが

 

「おさむちゃーん!昨日参加したセミナーすっごくよかった!

モチベーションめちゃ上がったから、

ここから気合入れてビジネス進めていけそう!!」

 

そう話していたYさんと

先日バッタリ銀座線の渋谷駅で再会。

声をかけると余り表情が冴えません。

銀座線は数分に1本くるので、

数本乗り過ごしてホームで話を聴いてみたら・・

 

Yさん「受けた直後はよかったんですけど、

モチベーションが続かなくて。。

どうしたらいんですかね?」

 

治「そうなんだね。誰かに相談してみた?」

 

Yさん「うん、協会の先輩とかのコンサル受けてる」

 

治「それは素晴らしい。話してみたらどうだった?」

 

Yさん「気持ちとか落ちてても

続けられる強さがないとビジネスなんか無理だって・・

決めたSNS投稿は絶対やりきりなさい!

って言われたんだす・・」

 

治「そうだったんだね・・・」

気持ちはわかりますよ。

 

せっかく投資した学びの先輩達に

「根性で乗り越えろ」って言われても、

シンドイし、そもそも起業に向いてないんじゃないか・・

そう考えちゃいますもんね。

 

そんな方に少し厳しいですけど

お伝えしたいことは・・・

 

 

 

 

モチベーションに頼っていては

うまくいきません

 

ってこと

 

 

そんな不安定なメンタルの凹凸を繰り返しても

ビジネスは成長するのは相当難しいでしょう

 

 

ではどうすればいいか?

それは・・・・・

 

 

「BIG WHY」に立ち返ること です

 

例えば、

新しくセラピーを学んだ当初

ほとんどの人はスキルも経験もありません。

 

練習をしたり体験セッションを積み重ねていく中で

能力が少しづつUPしていって

それが自信になります。

 

でも時間が経つにつれ、

新鮮味がなくなって、

情熱が消えていく人も数多くいます。

 

 

そんな時は・・・

 

行動する矢印がどこに向いているか

再確認することが大事。

人って他人の為なら頑張れます。

自分との約束は破っちゃうけど

他人との約束なら守れる人の方が多いですよね?

同じように、自分の為に働くのは限界があっても、

家族や子供の為なら頑張れる!っという人も多いはず。

起業してプロのセラピストを目指すなら、

家族を超えて、もっと多くの人に貢献したいという

気持ちが必要。

 

その最たる例が、「ミッション」や「ビジョン」

 

そこには

「何のために働くのか?」

「誰のために働くのか?」

が必ずあります。

 

それを思い描くと何が起こるか?

 

 

 

矢印は絶対に外側を向きます。

自分や家族だけではない

半径5m以上の誰かに貢献する想いが湧いてくる。

 

それがあれば

大きくモチベーションが下がることはありません。

 

想いを馳せれば、その実現のためには、

必要な行動が数え切れないくらい出てきますし、

相手は何を求めているか?意識も変わります。

 

ビジョンを思い描ける基本的な3つ質問

「でも、私ビジョンとか描いたことないんですけど・・・」

そんな場合は、

まずはこの3つの質問を自分に問いかけてみてください

 

・今の仕事を始めたきっかけは何ですか?

→そこにある想いは?

 

・どんな人にどんな貢献がしたいですか?

→そこにある想いは?

 

・貢献する人が増えると世界はどんな風に変わりますか?

→そこにある想いは?

 

 

その根底にある想いを

是非言語化して書き出してみましょう。

それだけで気づけることが

必ず必ずありますから。

 

 

サービスの語源は「尽力」「奉仕」。

他人に貢献するように、ベクトルを外側に向けると、

気合いやモチベーションに頼ることなく、

動けるようになります。

 

またそのビジョンに向けて淡々と

行動し続ける姿に周囲の人が惹かれ、

ジョイントベンチャーが発生したり、

さらなる集客に繋がったりと影響の輪が広がっていく。

それは価値貢献なので、

結果収入もあがります。

 

もし、あなたが、日々モチベーションに

左右されているなら、

是非「ベクトルの向き」を確認してみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

何か参考になれば、とてもとても嬉しいです。


post

バックエンドを売る際のマインドとは?


「本当にこんなに高い価格で売れるかな?」

自分の商品をそんな風に思ったことはないですか?

僕は

すーーーーーんげーーーーーありましたよ汗

5年前、僕が最初に設定した

バックエンドは98,000円。

そして、起業して初めてのセミナーは

コラボセミナー。

 

以前書いたこともあるのですが、

バックエンドという概念も知らなかった僕は

数千円のセミナーを開催し続けてさえいれば

いいんだと思っていたんです。

その単価でビジネス継続できますか?

「それじゃ生活できないでしょ?」

当時のコンサルに言われました。

3,000円のセミナーやセッションをしていても

1ヶ月で30人集めて9万。。。

そもそも起業当初から30人を継続して

集客するのは簡単なことではありません

そして東京で10万以下では

一人暮らしでさえ生活することもできません。

 

恥ずかしながら

そんな計算すらしていなかった自分は

頭では理解していながら

10万の商品をセールスするイメージも描けず

動ける気が全然しませんでした。

それでも

セミナーの日程がドンドン近づいてきます

 

直前の打ち合わせの際、

「この価格で伝えてみれば?」と提案されました。

その時僕は・・

「どんなタイトルにすればいいんだろう・・」

「どの順番で何を伝えたらいいのか?」

など色々考えて

悶々と悩んだ結果・・・

 

 

「すいません。む、、無理です・・・」

結局断ってしまいました。

提示する価格に日和ってしまったんです。。

あーーー、しょぼい、、、本当にしょぼ過ぎる・・・

 

売れる起業家と売れない起業家の差

こんなマインドでバックエンドが

売れるはずがありませんよね?

 

最終的に、パートナーにバックエンドの

セールスプレゼンを依頼。

結果、16人参加のセミナーで

4名がバックエンドを購入してくれました。

本当にその時の方には今でも感謝しかありません。

 

二人は何が違ったんでしょうか?

それは・・・・・

 

 

 

 

決意の差です

僕は価格を提示することにビビって

日和ってしまいました。

そして「HOW」ばかりにフォーカスして

テクニックに走ろうとした結果、

チャレンジすることすら出来ませんでした。

 

一方パートナーは、「BE」あり方が

全くブレていませんでした。

「こういう世界をつくるんだ!」

というビジョンから繋がる決意

「結果を気にせず、とにかく

全力でバックエンドに込めた思いを伝える」意識で、

セミナーのプレゼンテーションをしていたので、

言葉や立ち振る舞いにチカラが込もっていました。

後ろから見ていて、徐々に参加者に

パートナーの想いが伝わっているのが、わかりました。

ビジネスでもそれ以外でも

明確さはチカラです。

 

それは言葉だけではなく

立ち振る舞いや雰囲気にも表れますから。

 

フロントセミナーやイベントは、

集客するためにマーケティング的なノウハウや知識が重要。

それは、初めて会うお客様が多いので

「まずは価値を感じてもらうこと」が大事なので。

 

一方バックエンドは

ノウハウやテクニックを

追求しても売れません。

ビジョンから繋がる決意や愛情や人格

が大きく大きく影響します。

つまり

独自の世界観を想いを持って伝えること

が重要なんです。

 

大事なのでもう一度。

成功する女性起業家、

つまり目標を達成できるか人を動かすことができるか?は、

決意に比例します。

 

フロントエンド・バックエンドに限らず、

女性起業家のマインドセットで大切なのは

決意が先でテクニックは後です。

 

女性起業家の皆さんは、ビジネスになると

今までと180度違う世界で自信を失ってしまいますが、

「なんとしてもこれはやり遂げる!」

という決意をしたら、

後から何とかなったという

経験を今までの人生で必ずしているはず。

 

だから、あなたにも絶対に絶対にできます

もし、あなたがバックエンドのセールスで悩んでいるなら

テクニックではなく、その商品を通じて

クライアントにどんな変化を提供したいのか?

その先にどんな世界を一緒に見たいのか?

どんなライフスタイルをつくりたいのか?

是非胸を張って伝えてください。

多少言葉が拙くても、その想いは

必ず必ず参加者に伝わりますから。

最後までお読み頂きありがとうございました!

なにか参考になれば、とってもとっても嬉しいです。