post

不器用な起業家でも成果を出せるマインドとは?


「起業から3ヶ月で100万を達成できました!」

「最新のWeb集客で半年で500万売上が出せました!」

「自宅にいながらラクに簡単に集客をし続けています」

みたいな表現に惹かれて

セミナーや起業塾に申し込んだ経験ってないですか?

僕がサポートしている女性起業家の中には、高額のコンサルを雇ったり、起業塾に通ったりしても、その通りに実現できずに心が折れてしまった経験がある人が少なからずいます。「どれぐらい続けたら成果が出るんだろう・・・・」成果が出ないことに焦りや不安になってしまった、失敗するのが怖くて動けなくなってしまった。本来成長するために投資したビジネス塾や個人サポートで、不安や怖さが助長されてしまったら、余計動きづらくなるの気持ちはよくわかります。

そんな心が折れてしまった女性起業家の方に対して、成果を出す迄に、この考え方と行動を変えると動きやすくなりますよ、というポイントを今回はお伝えします。

不器用でも成果を出すには?

現在は起業して6年目。有り難いことにビジネスでは成果が出せて、自分では豊かで自由な生活ができています。でも成果を出すのが早かったわけではありません。他には最初から法人化してバリバリ活動する方や、もっとスピーディに成果を上げていく起業家の方もいます。でも、僕にはそれが向いてないのはわかってました。セルフイメージが追いついていかなかったんです。

僕は本来とても不器用な人間です。小学生時代には、手先が不器用なので書道が下手なのはもちろん、墨をすることすら出来なくて書道の授業が大嫌いでしたし、逆上がりができるようになったのも、同級生の中でもビリで最後まで馬鹿にされてましたし、通っていたスイミングスクールでも、ようやくバタフライができるまで6年間もかかりました。

でも、逆に言えば、自分には少しづつ積み重ねたり、ちょっとずつ成長していくことならなんとか出来るかも!って思ったんです。

不器用だからこそ何かを実践するには、早く取り組む必要がある。長くコツコツ続けて行けば、道は必ず開ける。逆に言えば、人より遅く始めたら絶対追いつけない。そう思ったので、メルマガもコンセプトもテーマも決まっていないのに、起業前に始めました。コーチングスクールの課題の100人コーチングもスクール初日後に即スタートしました。もちろん最初は、失敗の連続。でも、他よりは遅くても自分との比較では成長を感じることが出来ました。だからこそ個人サポートでも経営塾でも成果を出すには、「早くチャレンジして、長く続けること」を大切にサポートしています。

長い時間軸で捉えてみよう

僕が継続サポートしている30代の女性キャリアコンサルタントのTさんがいます。出会ったのは3年前。まだ育休中で何かで独立したいけど、どうしていいか?という状態でした。

そこから僕のコーチング講座で学んでくれたことで、自分自身の価値観を知り、周囲とのコミュニケーションが変わりました→その結果、OLとして勤めながら、キャリアやカウンセリングについてもコツコツ学び続けて安定した大企業を退社→キャリアコンサルタント・研修講師として、派手なSNS戦略などはしなくても、独立初年度から徐々に依頼される仕事が増えて順調なスタートが切れています。

「1年目でここまで出来たなら、この先に色々あっても大丈夫」Tさんは、そう心から思えています。ここまで3年以上。ママ女性経営者として、家庭や子育てを大事にしながら、でも徐々にチャレンジ成長しながら、起業してからも成果を出し続けて、キャリアを築いています。

人は短期間でできることを過大評価して落ち込み、長期間でできることを過小評価して馬鹿にする傾向があります。でも女性起業家として、時間軸を長く設定すれば、チャレンジすることも怖くなくなります。そして長い時間をかけて体得したものは、決して離れていきません。それが「いち早くチャレンジして、長く続ける」起業スタンスをオススメする理由の一つ目です。

試行錯誤こそ必要なプロセス

また女性起業家との悩みとして、「成果は出したいけど、失敗するのが怖い」というテーマも毎週のように相談を受けます。集客・肩書・新商品のリリース・新しいプロジェクトへのチャレンジなどなど。女性起業家としてビジネスを成長させていくには、多くのチャレンジが必要。そしてチャレンジには失敗もつきもの。「頭ではわかっているんだけど、怖いんです」という気持ちもよーーくわかります。

僕も昔からすごく臆病だし、チャレンジが得意なタイプではありません。学生時代の授業でも積極的に手を挙げるタイプでもなかったですし、スポーツでも体育の成績は平均3。リーダーや部長を任されたこともありません。

こんな自分なので、大きく潜在能力を使って成長するという経験もなかった無難な学生時代を過ごしました。でも、起業家には失敗はつきもの。コーチングのセッションが上達するのも、ビジネスで大きく成果を出して成長させ続けるのにも、そのプロセスで失敗は不可欠。僕もコーチングを学んでいる当初には、継続サポートしているクライアントから絶縁されたこともありますし、セミナーでの集客がゼロだったことも何度もありますし、リリースして売れなくて消えていった商品も数え切れません。

でも「早くチャレンジして、長く続けること」という気持ちで続けることで、失敗に関する認知は変わっていきました。サポートしている女性起業家の方には、「30点リリースでOK!」「まずはモニターでいいから出してみよう」と声をかけています。

投資家の評価点は成果だけじゃない

有望な会社に投資する投資家は、企業の成果・実績・経営計画だけでなく、社長がどんな失敗をどれだけしてきたのか?入念に調べるそうです。僕も含めた凡人はいくら考えても、とてつもなく素晴らしいアイデアは閃く可能性は高くありません。だったら行動してみる前に考えても無駄。行動した方が学びが多いと経験的にわかっています。

事業継続が危ぶまれるような致命的な失敗じゃない限り、成果を出すまでの失敗は素晴らしい財産ですし、「行動しながら考える・修正する」ことで質が上がっていくこともサポートしてきて体感しています。

「失敗に関するイメージ・定義が変わる→だから行動できるようになる」これも「早くチャレンジして、長く続けること」オススメする理由の一つです

不器用だからこそ早くチャレンジを

「起業スタート3ヶ月で100万稼ぐ!」どころか、10万円の成果を上げることすらイメージ出来なかった自分でもここまで来れた理由の一つは「不器用だからこそ、早くチャレンジして、長く続けること」を決めたから。起業するのに遅いということはありません。「今日は一番若い日」是非、成果を出すためにも小さな行動をスタートしてみてください。最後まで読んで頂きありがとうございました!なにか参考になればとっても嬉しいです。


post

ネガな気持ちを突破口にできる方法


ご訪問ありがとうございます

累計4,000セッションの
サポート実績から生まれた
行動が加速する
120%応援コーチングに
絶対否定しない
安心コンサルティングと
脳科学に基づいた
成功に近づく習慣化で
月商100万達成をナビゲートする
女性起業家専門コーチ 川田治です

 

「ヤバーーーイ・・・

今度の募集は全然人が集まらない」

「マズイ・・・・

やっぱりワタシ飽きられてる感じがする、、、

何か新しいコトをしなきゃなぁー」

って

ネガティブな気持ちに

襲われる時

ってありませんか?

 

僕は超ありますよ爆

不思議なもんで

こういうネガティブな気持ちって

たとえ同じ状況だったとしても

何かをきっかけに

わ~っと盛り上がったり

逆にちょっとした気づきで

スーッと収まったりします

事実だけみれば

締切まであと○日

定員まであと○人

でも、

気持ちひとつで

感情は全く変わりますよね?

できる限りネガな

気分は避けたいですけど

特にコーチやカウンセラー

セラピストの場合

まぁ、そうなるのは無理です笑(断言)

僕も避けられませんから

一人で盛り上がって

一人で落ち込んで

一人で自信に満ちて

一人で不信にハマる苦笑

こういうのは

呼吸と一緒くらいに

思っておいた方がいいです

でも、ネガな気分の時は

僕はひとつだけ

良いことがあると思ってます

(多分ひとつじゃないはずですけど笑)

それは何かというと・・・・

 

 

 

 

 

【アイデアが出やすくなる】

ってところです

もう少し正確に言うと

ネガな気分が

底を打った次段階で

アイデアが出てきます

アイデアが出る前って

必ず何かに集中しているもの

マズイ!

ヤバイ

何とかしないと!

というネガな気持ちは

一方で

集中力が高まってるわけです

なので

ネガな気分になった時は

まず

「むむむむ、、

こりゃアイデアを出す

必要に迫られているぞ」

って

しっかり認識すること

しっかりと認識したら

ネガな気分のままでも

「自分は一体何を必要としてるの?」

って俯瞰して

みるといいですよ

可能なら席を立って

座っていた

椅子や場所を

離れて見てみてください

大体落ち込んでいる時って

そもそもなぜ

落ち込んでるのか

自分でもわかっていない

ケースがほとんどです

「あの言葉を聞いたら

急に気持ちが沈んだ」

とか

「あれを思ったら

妙に心配になった」

とかは

確かに感情としては

そうかもしれませんけど

では、そのネガは

本当はどうだったら良かった?

って考えると

ほとんどの場合

すぐに答えられません

だから

ココをちゃーんと考える

しっかり言葉にしましょう

そうすれば

事実と感情が

段々、切り分けられてきます

この時の考え方は

「○○になれば良いのか?」

「××ができれば解決するか?」

をしっかり

正確に言葉にする

そうやって

できるだけ言葉にしようと

文章を考えていると

ある時

気持ちが反転する

瞬間があります

その瞬間、答えは出なくても

さっきのネガ感情は

「本物じゃないぞ」と

気づくことになります

ここまで来たら

とりあえずOK

あとは、その

「○○になるには

どうすれば良いのか?」

「××を解決する

打ち手って何か?」

を頭の中で

繰返しながら寝かせましょう

アイデアは

この集中が済んだ後に

出てきますから

こうやってネガをうまく

活用していくといいですよー

意外にポジだけだと

いいアイデアは出なかったりします

自分が商品となる仕事は

継続とアイデアが命

ちょっとしたアイデアがきっかけで

突破口が拓けることって

メチャメチャありますから

是非やってみてください

最後までお読み頂き 

ありがとうございます 

何か参考になればとってもとっても嬉しいです 


post

TO DOリストなんか、やめよう


ご訪問ありがとうございます

累計4,000セッションの
サポート実績から生まれた
行動が加速する
120%応援コーチングに
絶対否定しない
安心コンサルティングと
脳科学に基づいた
成功に近づく習慣化で
月商100万達成をナビゲートする
女性起業家専門コーチ 川田治です

 

最近、決断・選択系の

ブログが続いてますが

今朝も時間管理に関して

お話ししようかと

 

女性起業家の方は

手帳術とか大好きですよね

毎日やるべきこととして

手帳や付箋で

「TO DOリスト」

つくってたりします

 

でも、もし自分で描いた

未来やビジネスの計画が

思った通りに進んでないとしたら・・・・

 

今回考えてもらいたいのは

「やるべきこと」じゃなく・・・

【先延ばしリスト】です

 

言い換えれば

「あとでやればいっか!」って

思っているリストのこと

そもそも

人って朝目が覚めてから

夜眠りにつくまで

数多くの選択をしてます

ほとんどは意識されることもなく

「これまでしてきたから」

という理由で行われてます

だから

習慣が大事なのですが

ここ最近のブログで

お伝えしているように

人生は選択によって創られています

「これまでの日々で

なにを選んできたのか」が

現在の結果をつくってます

言い換えれば

<人生は常に建設中>

だとも言えると思います

「なんでこんなに大変なの・・」

「何故こんなに時間がないんだろう・・」

という望んでない

結果になっている

女性起業家もいれば

「本当にすごーく幸せ

「この仕事をできていることに感謝したい」

といった

望んでいる結果を

手に入れている女性起業家もいます

 

「幸せとは偶然じゃなく

選択によって選ぶものだ」

という言葉があります

どれだけ素晴らしい結果だ

って周りが思っても

自分が望んでいないものであれば

それはストレス

それを避けるためにも

取り組むべきこと=「TO DOリスト」

だけに縛られるのはやめましょう

断言しますけど

未来を叶えるカギは

「先延ばしリスト」にあります

「これは後でやろう」

「これはいつかやろう」

「今日はいいっか」

そう思って

先延ばししているものを

リストにしてみてください

「TO DOリスト」は

ほとんどの場合

現状維持のためのリストですよ

それをやらないと

今手に入っている結果が

手に入れられないだけのこと

 

でも、描いた未来を

叶えようと思うなら

先延ばしリストに

チェックがつくことが大事

定期的に

先延ばしリストをみないと

「あれ?もう12月?

今年も早かったなー

あんまり変わらなかったけどwwww」

って

なってしまいます

先延ばしリストをつくって

「これをやったらどうなるかな?」

「これが完成したらなにが起こるだろう?」

って

イメージしてください

「明日でいいや」と

思ったことのなかに

夢をかなえるものが

眠っていますから

 

どこからでも

いつからでも

今の状況は良くすることができます

未来は今この瞬間も

つくられています

今改善したいって

思っているものは何ですか?

そう思ってから

どのくらい時間が経ってますか?

 

是非「先延ばしリスト作成」という

小さな一歩を踏み出してみてください

最後までお読み頂きありがとうございました

なにか参考になればとってもとっても嬉しいです


post

女性起業家に必要な決断力


ご訪問ありがとうございます

累計4,000セッションの
サポート実績から生まれた
行動が加速する
120%応援コーチングに
絶対否定しない
安心コンサルティングと
脳科学に基づいた
成功に近づく習慣化で
月商100万達成をナビゲートする
女性起業家専門コーチ 川田治です
今回のブログは起業家にとって
何よりも大切な「決断力」に関してです

 

自己啓発系セミナーに参加する方々の多くが

「成長したいんです」と口にします

あ、かくいう僕も

コーチングを受けてたり

話したりしていると

結構、頻繁に口にするタイプです

 

でも「成長しよう」と決めることって

怖いことでもあります

実は、その恐怖心を乗り越えて

進化する決断と覚悟ができた時点で

もう半分は

目的達成したようなもんなんですよ

これ、本当に

先日のオリジナルコーチング講座

STAGE UPで

「決断」について

暑苦しく語ってきました

そこで

お伝えしたことを要約すると、、、、

決断の文字には

「断つ」という

文字があるように

「退路を断つ」

「それ以外の道を断つ」

が決断です

「起業しようかな

でも稼げないかもな・・」

という状態は

決断ではありません

つまり

「あそこに行きたい」ではなく

【あそこに行く以外あり得ない】

って決めることが決断なんです

だからこそ

決断する最初の一歩は

「本当は自分がどうなりたいか」

「心の底から自分はどうしたいのか」

を描くこと

STAGEUPで受講生と歩いた

タイムラインでも

本当に描いた未来が輝いていました

でも

その未来に踏み出すには

すっごく勇気がいりますよね

でもですね

踏み出した自分から

アドバイスが言えるとすれば

決断して

一歩を踏み出して

最初のカベを乗り越える

ところが

最初にして最大の難関なんです

今の時代は

すごーく変化の激しい時代

その時代の変化に

追いつき乗っていこうと

自分が変化していくか

あるいは現状維持にとどまるのか

大きく分ければ

2つの選択肢がありますけど

起業家に言い換えて

もっと正確な表現をするならば

変化するか

滅びるか

という

選択をしなければならない

時代になっていると思います

これは決して

驚かせるために誇張して

言ってるんじゃなく

多くのビジネスの成功者や

リーダーたちが(数年前から)

そのように語っているのを

僕が、まんま知ってる風に笑

お伝えしてるだけです

 

もう一度お伝えします

決断して

覚悟を決めて

はじめの一歩を

踏み出すこと

が大切です

「千里の道も一歩から」

という言葉がありますけど

実際には

0から1へ進むことが

いちばんつらく苦しくて

それから先の

「1から10」

「10から100」というのは

思いのほかカンタンですよ

行動にも

「慣性の法則」が働くので

一歩目さえ踏み出せば

二歩目、三歩目は

非常にラクに

足が出るようになります

これは習慣も同じ

もう一度自分の中の

心の声に耳を傾けてください

きっと

「このままではいやだ!」

「こんなもんじゃない!」

って声が

聞こえてると思うのですが

もし、まだ、変化の決断を

していないなら

<<今日を変化の第1日目>>

にしましょう

昨日と違ったことを

今すぐ始めてみましょう

決断の結果はココでわかる

「まぁいっかー
今日はランチ会参加して
疲れたから明日やろう」

って
7回言えば1週間が過ぎていきます

「そーだよねー
もうすぐ月も変わるし

今週区切りが悪いから来週からやろう」

って
4回言えば1ヶ月が過ぎちゃいます

当たり前のことですけど

今日何もしなければ
明日は今と同じ場所から
始めることになります

 

今日ひとつでも行動すれば

明日は一つ進んだ場所から

スタートできます

結局・・・

 

 

 

 

 

動かなければ
何も始まりません

現実から
ビジョンや夢や理想へ
近く第一歩は【動くこと】です

「私らしくマイペースで」

そんな風に
多くの女性起業家が
その一歩を先延ばしていきます

「今まで」も「今この時」も
有意義に使えない人が

どうして明日からを
有意義にできるんでしょうか?

今「動く」ことが大事なんです

全てなんです

だから決断したかどうかが
わかるのは

「時間の使い方」です

昨日とは自由になる時間の
使い方が変わっていたら決断したってこと

だし

もし
時間の使い方が
変わっていないとしたら

それは決断とは言えません

決断していますか?

その時間の積み重ねこそが
自分を主人公の人生に
していきますから

そんなサポートをしたい

っていつも考えてコーチという仕事をしています

最後までお読み頂きありがとうございます

何か参考になればとってもとっても嬉しいです


post

強い空手家と売れる起業家


ご訪問ありがとうございます

累計4,000セッションの

サポート実績から生まれた

行動が加速する

120%応援コーチングに

絶対否定しない

安心コンサルティングと

脳科学に基づいた

成功に近づく習慣化で

月商100万達成をナビゲートする

女性起業家専門コーチ 川田治です

独立して5年
ある程度売れている
起業家の方々にお会いして
また自分が
サポートしてきた
女性起業家の方に

継続セッションしていて

どんな業種でも
全員一人残らず
間違いなく共通してることが

あるのに気づきました

今回のブログは

そんな話をお伝えします

数ヶ月前
ある空手の達人がTVに出て
インタビューを受けてました

印象に残ったのは二つ

まず
いくらトレーニングで
筋肉をビシバシ鍛えても
実戦ではほぼ役に立たない

ということ

次に
ボディビルダーばりの
腹筋の持ち主でも
空手家の拳の前では

倒れてしまうけど

実戦をしっかり
積んできた人は
筋肉がそんなにブ厚くなくても
拳に耐えられたり
拳を跳ね返すことができる

という話でした

それって
売れてる起業家も

全員同じなんですよね

強さは打たれた数に
比例するものだし
強くなるには
何より実践を

積み重ねることが不可欠

「打たれ強さ」って
起業して必ず起こる

ピンチで堪えたりとか

続けていれば巡り会う
チャンスを掴むための
基本的なマインドセット
でも、ただ一人黙々と
マインドを

鍛えてきたつもりでも

いざ
ピンチに直面したときに
ぜーんぜん役に立たない

ということも起こり得ます

だから

いつも現場主義です

よく出席する
コーチング勉強会では

トレーニングだけじゃなく

会社や有料セッションで
コーチングをしている

実践者ばかりでしたが

身内だけで
練習しているコーチは

すぐにわかります

反応が鈍いですから

もちろん諦めて
全然やってないよりは

はるかにいいんですけど

やっぱり
座学より実学
習うより慣れろ
です
つねに現場でもまれて

打たれ続けているうちに

チャンスを
掴めるまで耐えられる
本物の起業家の

打たれ強さが身につきます

そして
数多くのピンチや困難を

乗り越えてきた時

本物の武器と
メンテリティが身につきます
でも一人じゃ辛いし

シンドイじゃないですか

だから
コーチやコンサルのような
勇気づけしながら
サポートする仕事が

絶対必要なんです

 

大事なので

もう一度

座学より実学

習うより慣れろ

自分も改めて

肝に銘じたいと思います

最後までお読み頂きありがとうございます
なにか参考になればとってもとっても嬉しいです