post

ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ

川田治です

起業してビジネスを進めていくと

必ず「壁」が出てきますよね

特にこれからビジネスを

立ち上げる段階だと

ここがいわゆる「壁」なのか~?

っていう引っかかり

ポイントがあります

しかも結構たくさん笑

女性起業家で多いのは

ズバリ「価格」です

「高い価格なんてつけられない・・・」

というパターンです

うん、気持ちはわかります

きっと、起業して数ヶ月経っていたら

高い価格でやらないと

ビジネスが回らないくらい

わかってますもんね

 

価格=セルフイメージ

という話も聞いたし

確かに周りを気にし過ぎている自分も

自覚しているし

という感じだと思います

 

頭ではわかってるんですよね

コンサルタントには

「さっさと上げなさい」

って言われるし苦笑

「でもダメなんだもん

すごい抵抗あるもん大汗」

という状態ならば

こんなふうに考えてみましょう

まず

上げられない!と言う前に

その価格(単価)×

毎月のMAXセッション時間

で月収の上限はいくらになります?

その単価で目いっぱい働いて

その金額に満足できますか?

ならば上げる必要ありません

でももし、満足できないなら・・・

それはやっぱり

まだ価格を高くする心の余地がある

ということなんですよね

そもそもですね

高い価格で出しても

すぐに申込みは入らないですから笑

でも不思議なもんで

高い価格で出しておくと

すぐに申込みが入らないが故に

徐々に慣れていくんですよ

無意識に

「もう出しちゃったし

問い合わせが入ったら

その価格で答えるしかないもんね」

「運良く申込みが入ったら

 あとでサービスとか言って

 少し値引いてもいいかもな」

な~んてひとり言が

頭の中を駆け巡り、、、、、

結果

そのうちどうでも良くなります笑

これ本当ですよ

更に言うと

高い価格の商品を

見せる商品として割り切り

その下のミドルエンド商品を

メインとすることもできます

高くしておくと

その価格幅の中で

色々な工夫ができるんです

もう一つだけ言うと

高い価格で出すと周りから

後ろ指を指されるどころか

「あの人ってなかなかやるなーー!」

という目で見られます

みーーんな

高い価格にしたくてもできない

でも、あの人はやった

きっと、それだけの

何かがあるんだろう

と思ってもらえるんです

結果

周りの目も大丈夫になります

どうでしょう?

これでもダメですか笑?

まぁこうやってですね

ブログ文章だけで

抵抗感が取れないのは

僕だってわかってます

だって、僕もそうでしたから爆

いいんです無理しなくても

価格を上げる大切さがわかってれば

やがてそうなります

だって

価格は上げても

それが最終目的ではないからです

僕の場合は

「もっと大きな貢献を

するために時間が必要」

だから

価格を上げるんです

当たり前ですが

結局は「何のため?」

が最初にあって

そのための「いくら?」

なんですよね

その

「何のため?」の方が

よっぽど難しいですから

だからその価格で出して

その怖さを忘れるためにも

何のために

仕事をするのか?の方を考えましょう

そして見える化して

毎日毎日繰り返してみる

ぜひやってみてください

最後までお読み頂きありがとうございました

なにか参考になれば、すごくすごく嬉しいです


コメント