post

ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ

 川田治です

 

焦らずに

コツコツ

マイペースで

自分らしく

そういう積み重ねは大事ですね

平凡なことを非凡に積み重ねる

それこそが王道ですから

 

それは

間違いない本質

でも

その大前提で必要なのは

 

方向性を決める行動を決める決断力

 

じっくり調べてから

自分の内面と向き合って

色々な人に相談して

マイペースな女性起業家の方に

意外と多く見られるケースです

 

それも

間違いじゃないですけど

「チャンスの神様は前髪しかない」

という格言にあるように

チャンスを逃してしまう人が多いのは

本当に勿体無いなーと

前置きが長くなりましたが

今回のブログは「決断について」

お伝えしようと思います

D・カーネギーという

有名な鉄鋼王がいました

「人を動かす」って

名作を書いた人ですね

当時既に大金持ちだった

カーネギーにある青年が会いに行きました

それが

後に「思考は現実化する」という名作を

世に出すことになるナポレオン・ヒル

当時25歳のヒルは

学費を稼ぐために

「成功者」に関する雑誌を発刊しようと

カーネギーに取材します

カーネギーは当時73歳

探究心旺盛で熱意がある

ヒルをカーネギーは気に入ったらしく

何度か自宅に招いていたそうです

そしてある日

こんな提案をします

「私と205名の成功者達と

これから成功者になる人の成功ノウハウを

20年の時間をかけて体系的にまとめてもらいたい。

ただし、20年間、金銭的な援助はゼロ。

もし、君がこの仕事をやり遂げたら

君は世界中の誰もが知っている

成功者の一人となると思うよ。やるか?」

目の前には超大富豪。

その依頼は

無報酬で20年かかる

人生の成功哲学の体系化

あなたなら・・・受けますか???

 

カーネギーの提案に

対するヒルの回答は・・・

 

 

 

「イエス」でした

カーネギーは

ヒルの回答を聞いた後

ポケットからストップ・ウォッチを出して

こう語ります

「29秒。君が答えを出すまでに29秒かかった。

私は1分を超えたら君を見込みの無い

ただの人間として

あきらめるつもりだった

決断というのは

1分以内に出せる人間でなければ

その後、何をやらせてもダメなんだよ」

 

カーネギーはなんと・・・

ヒルの前に260人以上の

人間に同じ話を提案してたんだとか

 

結果は

もちろん全員不合格

この「29秒の決断」によって

ヒルの人生は

大きく変わっていきます

そして世に出た本が

世界的大ベスト&ロングセラーの

「思考は現実化する」なんです

 

「決断するのは今この瞬間」

そういう直感と決断力

それは女性起業家のみならず

全てのビジネスの成功するために

必須条件です

 

それは頭でわかってる

でも決めたのに行動できない

どうして

そうなってしまうのか?

それは決めているつもりでも

それに反する現状を

同時に受け入れてしまっている

からなんです

決断大事!

って口では言いながら

どこかに

「この決断をしなくても

今のままでやっていける」

という

気持ちが少しでもあれば

人間は行動しません

どこかで

現状を否定する力がない限り

現状を変える

決断力は持てないもの

脳内で

「現状を否定する」

「現状を変える決断をする」

という

葛藤が起こってるわけです

 

じゃぁどうすればいいか?

厳しいですが

「このままの延長線上ではダメだ」

と現状を否定することをしてみましょう

だって

延長線上でいいなんて

本当は思ってないはず

現状を否定して

このままいったら未来はどうなるのか?

真剣に向き合ってみてください

いきなり29秒とは言いませんが

間違えなく決断力は上がりますから

最後までお読み頂きありがとうございます

何か参考になればとても嬉しいです


コメント