post

ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

 

隙間時間に

知り合いや同期の

女性起業家のブログを見て

「どうして

あの人と同じようなことを

書いてるのに

私と違って

あの人だけどんどん人が

集まるんだろう?」

って

疑問に思うことって

ないですか?

僕は

ありますよーーー笑

でも

不思議に思いませんか?

マーケティングでも

一般に言われていることって

どの女性起業家が通う塾でも

ほとんど変わりはないはず

 

あれもこれも

どこかで聞いたことが

ある話ばかり

人が集まってる

女性起業家のあの人だって

普段発信してるメッセージは

どこかで習ったことや

誰かから聞いたことばかりのはず

 

でも差が出ちゃう

おんなじ話なのに

あの人はすごく面白くて

別の人は

ありきたりに感じちゃう

この

「目に見えない」差って

何なんでしょうね?

よーーーーーーく

考えてみてください

ポイントは

「目に見えないこと」ですよ

それは・・・

 

 

「戦略」と「戦術」

です

戦術って

ブログがどうだとか

Facebookがどうだとか

というヤツです

 

これは

目に見えること

 

でも、その人が

それを書く目的とか

どうして

そんな集客方法をしてるのか?

は見えませんよね

 

だから

売れてる人のブログや

ライバルだって思う人の

集客方法を

ただカタチだけ真似しても

なかなかうまく行かないんです

 

仮にうまく行ったとしても

短期的な成果で終わってしまいがち

 

本当は

その人の意図や

目指す方向まで考えないと

それを

取り入れるべきかどうかは

正しく判断できないですから

 

次に

よく聞くのが

「やり方」と「あり方」

僕が

よくセミナーで話すことです

あり方って

一言で言うとエネルギーです

その人が

「誰かの役に立ちたい」

「助けたい」という

エネルギーなのか?

 

それとも

「私をわかってーー!」

「私はこう見られたい!」という

エネルギーなのか?

こういう

気持ちのあり方ひとつで

同じことを言っても

受け取られ方は

ぜーーーんぜん変わります

 

これは別に

ブログだけじゃなくて

Facebookでも同じ

 

伝わるんですよねー

人間って本当にスゴイです

 

他にも

「お金のために」

仕事をしてるのか?

「それが好きで」

仕事をしてるのか?

も同じことですね

そして

「私をわかって欲しい」

「こう見られたい」って結局

「そもそも

私はわかってもらえない」

「そもそも私は

あんなふうに見られていない」

という

不足感が前提にあります

「お金のための仕事」も

「お金が足りないから」

という

意図が前提です

とあるセミナーに

参加してくれた後輩コーチから

~「自分には会社辞めたら

稼げる能力がない」

って思いこんでいたんですよね~

それが取り払われました

稼いでもいいんだみたいな

そんな感じがしています~

って

メッセージを頂きました

この素敵なコーチも

「好きを仕事にしてる」

前提だからです

逆にこの不足感を

外に求めると

自分にとって

違和感ある結果が出る

ってことなんですよね

もちろん

結果と言っても

人それぞれ

求めるスケールがあります

大きければ

手にするモノも大きいですが

同時に

責任なども大きくなるので

必ずしも

大きければ良いとは

一概に言えません

大事なのは

「自分にとって適した

スケールを見つけること」

そして

大小より先に

自分にとっての

充実感を理解すること

それが

正しく満たれると

「次は

どんなスケールが合うのかな?」

と、落ち着いた気持ちで

探し出すことができます

 

こんな風に

「ああなりたい!」

 ↓

「そもそもそうでない(不足感)」

 ↓

本当の充実感は得られない

より、

「今が充実」

 ↓

「結果に満足」

 ↓

次に行く準備ができる

という方が

道を進んでることになりますよ

ちょっと

抽象的でけど

でも、多くの人が

この順序を間違える気がしたので

継続クライアントさんは

よくご存知だと思いますが

僕だって

不足感に苛まれる時もあるし

こういう事は

知っているじゃダメですね

今日から4月スタートですが

今月の振り返りは

「あれができなかった」

「ああなれなかった」

って

不足を数えるんじゃなく

「あれも出来た」

「ここまでやった」

って

できたことにフォーカスして

気持ちを充実させましょう

最後までお読み頂きありがとうございます

何か参考になれば

とってもとっても嬉しいです


コメント