post

ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

今回のブログは「強み」についてです

「あなたの強みって何ですか?」と聞かれて

即答できる女性起業家の方は非常に少ないです

体感覚データでは10%以下じゃないかなーと

当たり前ですけど

自分の強みを自覚するって

本当に難しいですよね

 

先月も3件「強みを明確にしたい」

というテーマでセッションしました

僕も小売業の人事部から

今のコーチングで

ビジネスを構築するサポートに辿りつくまで

どれほど迷って考えて試行錯誤したことか・・・・・

考えを書き記したノートは数冊

コーチングスクールだけでなく

起業系のコンサルもお願いし

自分のコンセプトはどうすべきか

それをベースにどんな風にビジネスにするのか

ずーーーーーーーーっと考えてました

 

実際のそれを

具体的にどうすれば良いのかも

ぜーーーーーーーーーんぜん

わかりませんでした

今になってみればですけど

これらの結果を活かした仕事をしてます

実際は、やりながら徐々に

手応えを掴んでいったんですが

最近振り返ってみて

強みをモノにするSTEPを

言語化できるようになりました

①それを一旦カタチにして

↓  ↓  ↓

②それで

実際にお客様から喜んでもらって

↓  ↓  ↓

③その結果

やっぱり自分はこれだな!と実感できた!

時にはじめて腑に落ちるんですよね

多分、最初に

僕が受けたようなコンサルは

その時は

あくまで方角がわかるレベルで

方角もわからないよりは

わかった方が進みやすいですけど

それをカタチにする過程で

できるだけ「自分の強みにあった行動」を選択して

効率良く進めたら良いですよね?

カタチにする過程って

ビジネスモデルをつくるのに

自分に合った方法を選ぶということです

そして、それはきっと

 

①自分を知ってもらうきっかけをつくるのは

どんな行動が無理なくできるか?

 

 ②自分はどんな風に信頼を築くのが得意か?

でわかってきます

なぜこの二つかと言うと

 

強みって

生まれ持った才能や経験や教育で

得たものはもちろんですけど

強みで実際に喜んでもらうには

ビジネスに絶対必要な

“きっかけづくり”や“信頼づくり”を

無理のない方法でやらないと

お客様に喜んでもらう段階まで

辿りつけないからです

 

きっかけをつくるのは

実際に人と会うのもそうだし

ブログ等のツールによるものも同じ

 

人と会うきっかけが良いなら

初対面は苦にならないとか

人より人脈づくりが苦にならないとか

そんな強みが必要ですね?

ツールを使うには書き続けるのが

苦にならないことが必要です

信頼ってつくったもので信頼されたいのか

キャラそのものを信頼されたいのか

その説得を信頼されたいのか

などなどです

こう言うと

「まだやってないからわかんないっ!」

って言われそうですけど

強みは

自分とは異なる経験をしてきた人と接して

「へぇ~、これが喜ばれるんだ」

「え?こんなのがいいの??」

という

小さな驚きの積み重ねで

確信できていきますから

それを“とりあえず”信じてカタチにする

カタチにしたら

きっかけと信頼づくりを

自分らしくできる方法を選ぶ

すると本当にお金をもらって

喜んでもらって

やがて強みの確信に辿り着くわけです

いつも言っていますが

結局

マーケットに出して経験しないと

強みは永遠に確信に変わらないってこと

60点でいいじゃないですか

まずは出してみましょうね

という結論はいつもと同じ感じになりました笑

最後までお読み頂きありがとうございます

なにか参考になればとってもとっても嬉しいです


コメント