post

ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ

川田治です

「今月、売上目標には

ちょっと届きそうにないんだよな・・」

という月末

体験セッションのお申し込みが入って

実際に会ってみると・・・」

「この人はちょっと

論理的だし苦手なタイプww」

って

思いながら

目の前の売上欲しさに

お客様欲しさのあまりに

つい、自分に無理をして

契約してしまったことってありませんか?

僕はありましたよ爆

例えば

お金がないって言われて

人助けだからって安請け合いしちゃう

誰がどう見ても

明らかに依存系の人だって

わかっていても良い顔をしちゃう

特に依存系の人には

パッと見て明るい感じの人も

紛れ込んでて

また当人が

自分が依存だって気づいてないので

いざ契約した後は大変です・・

僕はこういうケース

今は全くないですけど

以前に

「おさむちゃん

私を引き上げてくれますか?

あんまりガムシャラに

働きたくはないんですけど」

って

言われた時は

それとなーーーく

話を契約しないように

持って行ったりとか

「今は継続サポートは受けつけて

ないんですよーー」

ってフェイドアウトして

もらったことはあります

なぜかというと

そう言う人って

「できないことを人のせいにする」

場合が

少なくないから

あ、ちなみに僕は

結果として

ビジネスモデルづくりが進まなくても

責めたり、ダメだとか

言ったりしませんよ笑

よくお話しますが

頑張ってビジネスを

つくっている最中に

自分が本当に求めていることに気づく

ケースもありますから

例えば

本当は結婚したかった

本当は今やっている本業が好きだと気づいた

本当は認められる仲間と一緒にいたかった

などなどです

こういうのは

起業塾やスクールに通っていても起こりますが

そのことが

「逃げ」じゃなければそれで良いんですよ

っていうか

むしろそれに

気づけたら幸せじゃんって思ってます

 

だって

コーチング受けてないと

気づけなかったわけですから

どうして

こんなことを言うのかというと

「契約できそうだけど、この人で本当に良い?」

って

ジレンマに陥っている人が

少なくないからなんです

ビジネスモデルづくりでも

カウンセリングでも

クライアント本人が

本当に自分の意志で

悩みを解決したい!

望みを達成したい!

と思わない限り

どんなセッションだって

効果は出ませんから

その人は

本当に自分の意志で

コーチングをやろうと思っているのか?

僕は

クライアントが自立して

自分の力で何かを解決できたり

描いた未来を

達成する人になることが

本物だと思ってます

多分、この話を聞くと

「その通り!」という人

多いんじゃないでしょうか?

でも

こういうスタンスでいると

「私に申し込めば

簡単に絶対に成功しますよ」

という人に

顧客を持っていかれる事は

少なからずあります、正直爆

売上も負けるかもしれません

それでもいいですか?

~別にそれでもいいんです

私のお客様になる人は

そんな言葉にフラフラ

するような人じゃないから~

って普通でいられるなら

きっと自分の商品を

売り込まずに

売ることができます

あ、ちなみに

塾生や継続クライアントさんは

ご存知だと思いますが

ワタクシ全く売り込みません苦笑

目立ちたい

人より沢山の顧客を抱えたい

という人は

たーーーーくさんいますから

売上が落ちていたら

どうしても

グラつくことだってあります

でも、そんな時こそ

「勇気を持って普通でいましょう」

難しいことだし

僕ももちろん

完璧ではないですけど

このあり方を

ドンドン高めていくのが

ロングセラーへの道

自分が本当に

心からやりたいことを

目の前の応援したいお客様に

真心を込めて

丁寧に丁寧に伝えていく

目先の売上に左右されずに

結果が出ない時こそ

ぶれずに行動し続けましょう

最後までお読みいただき

ありがとうございます

何か参考になれば

とってもとっても嬉しいです


コメント