post

ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

先日、あるコンサルの方の

ブログに書いてあった話なんですけど

コンサルの言われた通りにやって

成果が出る確率って

5%という説もあるんだとか汗

衝撃・・・・

5%ですよ

少ないですよね

どうしてこんなに、低い数字なのかと言うと

言われたことが

ちゃんと腑に落ちていないと

アドバイスを行動に移すことが実際は少ないから

なんですよね

いつもメルマガやブログで

ゼロ→1にするのが大変

という話をしていますけど

「1」になる前に脱落する人って

あるデータによると93%だそうです

めちゃめちゃ多い

こうやって数字にすると

すごいインパクトありますよね?

ではでは

なぜ、多くの人が、

93%に入ってしまったり

5%に入れないんでしょう?

■モチベーションが続かない

■何となく自分とは違う気がする

■時間のやりくりができない

などなど

まぁ、色々ありますよね

色々ありますけど

ちょっと自分なりに

思いついたモノを整理してみたら

まずは意識の問題

言われたことをやれば

成果が出ると思っている

こういうと「え?え?」って

思うかもしれませんけど

コンサルやコーチから言われたことを

ただやっているだけでは

そりゃ、成果は出ませんって

なぜかというと

月に2回程度のセッションで

成果が出るまでの項目

全部を「言われて理解する」には

時間が無さ過ぎるからです

やっぱり自分で出来る所までやってみて

「何がわからないかを知ってから」

人に聞く方が遥かに効率的です

コンサルやコーチを

うまく活用している人は

言われなくともドンドンやってみて

その上で意見やアドバイスを

聞くのを当たり前にしてます

だから言われてやる人と

やってみて意見やアドバイスを聞く人の

パフォーマンスや成果には圧倒的な差がつくんです

次は

諦め

頑張ってつくった

何かの結果が中々でないと

すぐ捨ててしまう

これはよく、バックエンドをつくって

反応がない時に多くの人が感じるんですが

バックエンドができたからと言って

それですぐに売れるとは限りません

っていうか

それで

「はい、申込み来ました~」とは

まず、なりません、、、、

はじめてつくるバックエンドは

大体、顧客の悩みを掘り下げきれないし

自分自身へのフィット感も弱いから

セールスも弱めになります

また、浸透するにも時間がかかるので

すぐ売れないのは当然

 

なので

頑張ってつくったバックエンドは

・まず出してみて

・反応を観察する

・改善点を見つける

・更に自分の他のリソースと

 組合せるってできないかな?

リリースして価値を高める工夫を続ける

のが正しいスタンス

 

僕の場合はバックエンドは

出して半年くらいは様子を見続けます

その間は

色々なフロント施策をやりながら修正点を探します

それもやらずに

反応がないからと言って捨ててしまったら

またリセットです。。。。。

ゼロから0.1位になったはずなのに、

ゼロから「1」になるまで時間がかかるのに、、、

またゼロに逆戻りです、、

そもそも

最初から改良するつもりで出せば

精神的ダメージも少なくて済みます

商品企画はこれから

ずっとやり続ける事ですから

自分の価値をアップデートし続けるつもりで

どんどん修正・どんどん改善をしていきましょう

一人で頑張るのがシンドイ場合は

お気軽にお問い合わせくださいね

最後までお読み頂きありがとうございます

なにか参考になればとてもとても嬉しいです


コメント