ご訪問ありがとうございます!

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ川田治です

HPを開設してから初めての継続サポートクライアントさんの感想は、、、、

IMG_0261
なんと男子っ!どうだっ!(←何が笑)

1年で電子書籍を5冊出版

継続してサポートさせて頂いている篠崎龍治さんは、サラリーマン生活を送りつつ、プロコーチ、執筆、セミナー活動などに多岐に渡って活動されています。

通っていたスクールの後輩コーチなのですが、全く何のノウハウ0から、たった1年でアドラー関連の電子書籍を5冊も出版しちゃったんです!

すげー!すげー!!すげー!!!

あ、これぶっちゃけますよ(本人未承認だけど)スクールの初日に初めてシノさんに会った時には「わー、、この人大丈夫?すんごい自信なさそうで辛いんじゃないかな・・」って印象でした。スクール中にも、確か落ち込んでいるシノさんを、skypeで何度かショートセッションや相談に乗っていた記憶があります。

でも、スクールに通い続けているシノさんをクラスアシスタントとして見ていて2ヶ月目くらい過ぎたときに「あ、なんかシノさん表情変わってきた」って思う日がありました。実はシノさん、仕事をしながら、コーチングを学んで実践していきながら、自分が学んだアドラー心理学を、ブログでコツコツコツコツ発信したんですよね。(←実はあんまり読んでなかった爆)

その結果、卒業する最終日に「みんなのお陰で、電子書籍出せることになりました!」スクールの最終日にクラスの前で発表しているシノさんは最初に会った頃とは別人の笑顔で輝いてました。この発表はクラスの仲間にも本当にすごい勇気を与えてくれました。なつかしー。
これはその時の卒業式の写真。
11896027_826746584111623_4621301277550117737_n

コーチングしている期間も「セミナー開催」「メルマガ配信開始(しかも2種類!)」「4,5冊目の電子書籍出版」「オリジナル継続メニュー作成」などなど着実に歩みを進めています。

シノさんの最新5冊目は「理解不能な旦那の心理がわかる!」です。既婚者の女性起業家の方是非笑

セッションに満足してもらえることが多くなりました

そんなシノさんに3ヶ月コーチングを受けた感想をいただきました

Q1:3ヶ月で変ったこと・成果はなんですか?

メルマガを始めたこと。文章が得意になったこと。オリジナル商品が複数出来始めていること。ターゲットを絞る重要性がわかったこと。クライアント様が数が増えたことで、プロコーチとしての活動に自信を深めたこと。

 

Q2:ここが一番良かった!という点は?

電子書籍が自分の強みだと気づけたこと!オリジナル商品の手応えが持てたこと!

Q:3コーチングってどんな体験でしたか?

自分の可能性を広げる体験で、将来にワクワクする機会が増えた

Q:4どうして沢山のコーチがいる中で選んでくれたんですか?

自分の理想像に1番近いひとだったから。コーチングだけでビジネスにしていて、メルマガで集客もしていて、理想に近かった。あとは、うなずき力がハンパないから。おさむ、ハンパねぇ 笑

Q5:他の人に紹介するとしたら、どんなコーチだって紹介してくれますか?

うなずき力で引き込まれて、安心感もある。時に厳しいけど、愛情がある。本質を掴もうとしてくれているのを感じる。

Q6:マイコーチにひとこと

たくさんのコーチから吟味して選んだのがおさむちゃんでした♪ あり方が本当にいい。そのあり方を受け取ってぼくのクライアントさんに還元出来て、セッションに満足してもらえることが多くなりました。本当にありがとうございました!

電子書籍を出したい方へ

現在は組織で頑張る個人をコーチングでサポートしながら、電子書籍出版したい方をオリジナルメニューでサポートも開始しています。

そしてそして、メルマガ文章も優しいんですよー。(僕と違って汗)めちゃ寄り添ってくれるんです。「あーー、そうそう!僕もサラリーマン時代そうだったわー」って感じの文章です。

だから、シノさんがコーチングで関わると、疲労困憊したサラリーマンが本当にゆっくり、でも確実に回復→未来へ進んでいくんだなーと。電子書籍を出版したい起業家の方はぜひ読んでみてください。シノさんのメルマガ登録はコチラ

小さくまとまらないでください

「サポートする人をサポートする」これは僕のコーチング活動のコンセプトでもあります。もし、あなたが「わたしが半年間で、こんな劇的な変化なんて無理・・」って思ってるとしたら、、、、

そんなことないですよっ!!小さくまとまらないでください。自分の可能性を舐めないでください。それは自分に失礼なことだから。そしてもし、あなたが起業家として新しい挑戦をしたいなら、、、全力でサポートさせていただきます!まずは体験セッションからどうぞ。

最後までお読み頂きありがとうございました。


コメント