post

新セミナー告知が怖い時は・・


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ川田治です

今回は集客につながる

「告知」についてです

頑張ってつくった

新メニューとか新しいセミナー企画とかを

告知する時って緊張しませんか?

「本当に誰か来てくれるのかな・・・?」

「告知して反応がなかったら怖いな・・・」

「この価格で本当に大丈夫かな。。。」

こんな感じで中々リリースできない

怖いから次の企画に取り組む

モチベーションが沸いてこない

という相談も案外多いんです

僕ももちろん

何かをリリースする時は

ワクワクもありますが

毎回憂鬱です苦笑

「治ちゃん、どうして出せるの?」

って

聞かれるんですけど

僕はそれを

「リサーチ」として

捉えているからです

大企業では新商品の発表とかCMとか

大型のリリースをする際には

事前にすんごいリサーチをしてます

すごいお金と時間をかけて

万全の体制で告知します

そんなコストをかけても

新商品の5%前後しか

生き残れないんだとか

コンビニの出店加速からは

特にその傾向に拍車がかかってます

大企業でさえリサーチしても

そうなんですから

僕達のような個人は

【失敗して当たり前】じゃん

って考えています

だからどんどん

やった方が良いわけです

でも、大企業のように

コストを投下できない私達は

どうリサーチすれば良いのか?

これはカンタン

【見込み客に聞けばいい】んです

この話以前から

何度もしてますけど

実際やる人が本当に少なくて笑

今回は、見込み客への聞き方って

いくつかのコツをお伝えします

とにかく一番大事なのは

【対象者を誰にするか?】

です

大事なのでもう1回

【対象者を誰にするか?】

です

これも実際

決める人が少ないんだもん笑

そもそも見込み客には段階があります

⑴申込む気持ちがある

⑵申込みたいけど何らの理由で迷っている

⑶どちらとも言えない

⑷申込まないけど何かの条件をクリアしたら考える

⑸そもそも申込まない涙

という

段階の人がいます

で、この中から

誰に聞けば良いかというと・・・

これは絶対に

「申込みたいけど何かの理由で迷っている人」

です

例えば

セミナーなどに何回も来てくれて

「ファンなんです!」って

言ってくれる人

単発か体験セッションを

何度か受けてくれて

継続セッションを検討していそうな人

以前に

継続セッションを卒業して

ずっと感謝してくれる人

とかです

こういう人がいたら

今自分の新メニューや新企画など

今後売っていきたい

というメニューについて

「すぐ申込まない理由って何?」

「何があったらすぐ申込むかな?」

って聞いてみてください

申込みたいけど

何らかの理由で

躊躇している人だったら

絶対に教えてくれますよ

当たり前ですけど

顧客の視点でモノを言ってくれるので

改善点も明確にわかります

ハッキリ言って

そのあたりのコンサルに聞くより

よっぽど精度が高いですから笑

これがわかるんだったら

何かを告知するのって

少し憂鬱でも

やってみたくなりませんか?

ちなみに・・・・・

そもそも

申込むつもりが全くない人に聞くと

ヒドいことを言われて傷ついたり

たくさんの条件付きだったら

検討するという人の場合は

その条件が

厳し過ぎる場合もあるので

こういう人は最初からスルーしてください笑

要するに

何かの新しい告知は

「最初から改善するつもりで出すこと」です

そのプロセスで掴んだことは

自分だけの貴重なノウハウになるので

自分だけの財産になりますから

最後までお読み頂きありがとうございます

なにか参考になればとっても嬉しいです


post

【開催報告】3時間でコーチングを身をもって知れた


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

今回のブログは先日開催した「ゼロからはじめる コーチング1年生の教科書」セミナーの開催報告です。

「コーチングって結局なんなの?」「講座は卒業したんだけど、セッションはどうすればいいかわかんない・・」「学んだことはないんだけど、自分のセッションにコーチング的な要素を取り入れたい」そんなコーチング初心者の方々へ、以前開催していたセミナーよりもハードルを下げて企画したのが、今回のセミナーだったのですが、予想以上にお申し込みを頂き、ほぼ即日満席で開催することができました嬉。しかも、大阪!金沢!長野!静岡!といった地方からお越し頂いた方も多く、本当に感謝しかありません。

コーチングで僕が大切にしていることは「あり方」と「やり方」どちらも大事。そして最初の土台は「あり方」「マインドセット」ってことなんです。これは運営している起業塾でも初日にお伝えしていること。まず頭で理解しようと学びに来る方も結構多いのですが、それだとうまく行きません。コーチングやカウンセリングは、「共感できるかどうか」が最大のキーポイントなので、いくら質問などを覚えても、クライアントの心に響かせるセッションができるようにならないんですよね。ということで、今回のセミナーも「とにかく実践!」をキーワードに徹底して体を動かしてもらいました。

参加者の声

そんなセミナーに参加してくださった女性起業家の皆様の声はコチラです

川田さんにお会いできたこと。参加されて素敵な皆様に会えたこと。実践を中心としたワークでコーチの立場クライアントの立場両方を体験できたこと。自分のことを信じてくれるコーチ役の方からお手紙がもらえたこと。不完全でいいと言うこと。よくわからなかったコーチングでしたがコーチングで大切なコーチの姿勢で分かったこと。おいしいランチが食べられること。大日方紀子さま

コーチングを学ぶだけではなく、実際にワークをしながらコーチングに触れることができたので、理解しやすく楽しかったです。家族や友人などにすぐやりたいとワクワクした気持ちになりました。何よりコーチングのことをもっと知りたい、もっと世の中に広まったら絶対に楽しいと思いました。素敵な時間をありがとうございました。Sさま

1番印象に残ったのは川田さんが心からコーチングで人生を変えていけるこの素晴らしさをたくさんの人に伝えていきたいと言う熱い思いを持って今日この今日のセミナーをやられているのが伝わってきたことです。その思いを感じながらクライアントもコーチ自身も人生の主人公であることを体感する「手紙のワーク」は過去現在未来と言う時間軸で進化成長し続けることができる人の偉大さを感じました。不完全である勇気を持つも刺さりました。自分のセッションですぐに実践できることばかりでクライアントさんと会うのが楽しみになりましたこころCafeオーナー 石原こころ様

あり方が大事。私の状態が1番大事。これはすぐに心がけて実践できますと思ったので今からやっています。まずはここから1歩進みます。今日もありがとうございました。Tさま

状態はすぐに変えられると言うことを知れたこと。なぜ笑顔とうなずきだけでいいのかがわかったこと。不完全であることで誰かが貢献できるスペースができるということ。信頼のスキルが低めの私にとってすごく大きな気づきでした。3時間だけなのにコーチングがどういうものなのか、身をもって知れたこと。治さんの暑さが超塾以上だと言うことを知れたこと。今日治さんのコーチングを受けているわけではないのに、コーチングを受けているかのような感覚になりました。どうもありがとうございました。アンガーマネジメント講師 鈴木知美様

あり方が大事と言うのはわかっていたのですが、具体的にどうするのかがわかってよかったです。プラスワンのステート、クライアントさんが話せる場づくり、クライアントさんを信じきること。それがわかってよかったです。O様

素敵なコーチと皆さんに関われてとても楽しかったです。相手をヒロインとして思うことが大切ということがとても心に残りました。認知をコーチングでどう変えられるのか、変えられるの知りたいです。仕事で本音の発言が出ない中で疲れていたのですが、元気をいただきました。N様

コーチングは質問しなくて良いのかと思ったことが1番驚きでした。自分にもできそうと思うことができました。一緒に夢を見る伴奏をして、一緒に前に進む自分が他人とどう関わってきたい姿と同じだとわかりました。もっと学んでみたいと思いました。S様

熱かった!!です。コーチングで関わる、活かせるコーチングを受ける、コーチングで関われることができたら、毎日が楽しく幸せに生きていけると思いました。もっとコーチングと関わっていきたい学びたい、知りたいと思いました。コーチングに関わっているつもりでしたがなんちゃってでした。治さん今日はありがとうございました!須山まき様

新しい発見と言うより、忘れていたことを思い出せました!!新しく学ぶばかりが大切じゃないなぁと改めて感じました。振り返るのは大切ですね。有り難うございました。直江つかさ様

コーチング初心者の私にとって、わかりやすく、コーチングに対して良いイメージを持つことができました。私自身が先生として、経営者として、コーチの役割をする場面がたくさんあります。今日、学んだことをすぐに生かせそうです。ありがとうございます。安藤歩様

たくさんワークできたこと。相手を信じると言う事(あり方?なのかな)が腑に落ちたこと。楽しい雰囲気で学べたこと。沖原由希子様

初めてコーチングを体験しました。途中で自分が今迷っていることに答えが出てゴーサイン(自分に)出すことができました。人と関わることに対して、必要なことなんだなと思いました。K様

まず勇気がもらえた、と言うこと。私でもコーチングができるかも!と、なんとなく自信が持てたこと。頭でっかちになりすぎていたことに気づかされました。ついつい自分の中で考えてしまうので、相手の気持ちやタイムライン、状況、立場に意識を集中させられるよう、体験セッションで経験を積もうと思いました!

大田雪絵様

パートナーとのコミニュケーションに生かせそうです。ただ聞くだけじゃなく相手に興味や関心を持つことが大切なんだな、と思いました。自分を良い状況状態で保つ!当面の課題になりそうです。服部まいこ様

何度聞いても大切なことを思い出させてもらいます。リアルの体感と言う部分はズームセッションが多い中とても勉強になりました。体動かして感じてもらう…をたくさん取り入れていこうと改めて思いました。今度海セッションやってみることにしました。ママの変革サポートコーチ 小林愛様

スキルだけでなくコーチとしてのあり方が学べたこと。実践を通してあり方だけでこんなに相手に与える影響に差が出るんだと実感できたこと。セッション後「今のでよかったのかな…」と不安になったり落ち込んだりすることがあったけどうまくやりたいと自分に意識が向いてたんだなぁと気づくことができたこと。川田さん皆さんに会えたこと♡すのはらさよ様

体感できたことが、何よりよかったです。「相手の素晴らしさを信じる」この言葉独り言セラピーでも大事にしているところですが、正直、どういうこと!?てところでしたが、体感できて良かったし、頭じゃなく心で理解できたと思います。4つの「続ける」をちゃんとやりたいと思います。I様

自分に自信を持って、これからのコーチングセッションに望めそうです。今までもやろうとしていたけど、なかなか実践できずにいたのですが、セミナーで体感しながら想像すると体に入りやすいと感じました。今日は本当にありがとうございました。またお願いします。プレシャスマミーコーチ 山崎恵様

ということで表情を見て頂ければわかるように、初開催でしたが満足度の高いセミナーにすることができました。すでにリクエスト開催も頂いているのですが、次回は10月3日(水)に開催します。募集はメルマガでしますので空けておいてくださいね。

参加者の皆様 本当にありがとうございました!そして最後までお読み頂きありがとうございました。


post

強みで売れて貢献できる迄の3STEP


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

今回のブログは「強み」についてです

「あなたの強みって何ですか?」と聞かれて

即答できる女性起業家の方は非常に少ないです

体感覚データでは10%以下じゃないかなーと

当たり前ですけど

自分の強みを自覚するって

本当に難しいですよね

 

先月も3件「強みを明確にしたい」

というテーマでセッションしました

僕も小売業の人事部から

今のコーチングで

ビジネスを構築するサポートに辿りつくまで

どれほど迷って考えて試行錯誤したことか・・・・・

考えを書き記したノートは数冊

コーチングスクールだけでなく

起業系のコンサルもお願いし

自分のコンセプトはどうすべきか

それをベースにどんな風にビジネスにするのか

ずーーーーーーーーっと考えてました

 

実際のそれを

具体的にどうすれば良いのかも

ぜーーーーーーーーーんぜん

わかりませんでした

今になってみればですけど

これらの結果を活かした仕事をしてます

実際は、やりながら徐々に

手応えを掴んでいったんですが

最近振り返ってみて

強みをモノにするSTEPを

言語化できるようになりました

①それを一旦カタチにして

↓  ↓  ↓

②それで

実際にお客様から喜んでもらって

↓  ↓  ↓

③その結果

やっぱり自分はこれだな!と実感できた!

時にはじめて腑に落ちるんですよね

多分、最初に

僕が受けたようなコンサルは

その時は

あくまで方角がわかるレベルで

方角もわからないよりは

わかった方が進みやすいですけど

それをカタチにする過程で

できるだけ「自分の強みにあった行動」を選択して

効率良く進めたら良いですよね?

カタチにする過程って

ビジネスモデルをつくるのに

自分に合った方法を選ぶということです

そして、それはきっと

 

①自分を知ってもらうきっかけをつくるのは

どんな行動が無理なくできるか?

 

 ②自分はどんな風に信頼を築くのが得意か?

でわかってきます

なぜこの二つかと言うと

 

強みって

生まれ持った才能や経験や教育で

得たものはもちろんですけど

強みで実際に喜んでもらうには

ビジネスに絶対必要な

“きっかけづくり”や“信頼づくり”を

無理のない方法でやらないと

お客様に喜んでもらう段階まで

辿りつけないからです

 

きっかけをつくるのは

実際に人と会うのもそうだし

ブログ等のツールによるものも同じ

 

人と会うきっかけが良いなら

初対面は苦にならないとか

人より人脈づくりが苦にならないとか

そんな強みが必要ですね?

ツールを使うには書き続けるのが

苦にならないことが必要です

信頼ってつくったもので信頼されたいのか

キャラそのものを信頼されたいのか

その説得を信頼されたいのか

などなどです

こう言うと

「まだやってないからわかんないっ!」

って言われそうですけど

強みは

自分とは異なる経験をしてきた人と接して

「へぇ~、これが喜ばれるんだ」

「え?こんなのがいいの??」

という

小さな驚きの積み重ねで

確信できていきますから

それを“とりあえず”信じてカタチにする

カタチにしたら

きっかけと信頼づくりを

自分らしくできる方法を選ぶ

すると本当にお金をもらって

喜んでもらって

やがて強みの確信に辿り着くわけです

いつも言っていますが

結局

マーケットに出して経験しないと

強みは永遠に確信に変わらないってこと

60点でいいじゃないですか

まずは出してみましょうね

という結論はいつもと同じ感じになりました笑

最後までお読み頂きありがとうございます

なにか参考になればとってもとっても嬉しいです


post

女性起業家の向き・不向きな性格って?


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ川田治です

今回は「起業家の性格向き・不向き」についてです

いま、あなたは未来にワクワクしてますか?

女性起業家としてビジネスをしていても

未来にワクワクしている人がいます

一方で、未来に不安をもっている人もいます

まだ来ていない現実に対して

ワクワクするか?不安になるか?

それって【想像力の問題】です

「これから、どうなるんだろう」と考えることで

ドキドキ・ワクワクする女性起業家もいれば

不安がじわじわと増えてくる女性起業家もいます

また一方で

「これからどうなるか?なんて考えてもいなかった」

っていう方もいます

「なんで、あんなことをしちゃったんだろう」

って後悔している方もいれば

「なんでうまくいかないんだろ・・・」

って悩んでいる方もいます

これって「性格」なんでしょうか?

ある心理学者の研究で

こんな発表があります

「性格という言葉は

まるで変えることのできないものが

存在しているかのような錯覚を起こさせる

そう考えると、

性格は固定のように感じてしまう

でも本当は

人間ってもっと変化できる存在だ」

 

これってどういうことかっていうと

「おとなしい性格」が存在するわけじゃなく

自分自身が「どのように考えるのか?」

自分自身が「どのように感じるのか?」

自分自身が「どのような感情を抱くのか?」

自分自身が出来事を解釈するときに

どのような経験を思い出すのか?

その時どのように振る舞うのか?

こんないくつもの要素が

相互に影響を与え合って

僕たちが「性格」って呼ぶものがつくられている

ってことなんですよね

ひとつが変われば

それに影響されて他の要素も変化していきます

僕なんてビジネスで何か新しいことに

チャレンジして成果が出ない時

以前は

「あー、やっぱり自分には向いてないのかな」

って考えて

↓  ↓  ↓

暗くなって「落ち込んで」

↓  ↓  ↓

「昔から新しいことするのって

失敗ばっかりだったよな」

って

マイナス経験ばかりを思い出してました

あ、こういうパターンは独立前からです苦笑

でもコーチングを続けて4年経って

「未来」や「挑戦すること」に対する

考え方・感じ方・意味付けが

かなり変わりました

人って固まった存在じゃなく

表面下でいくつもの要素が進行中なんですよね

あなたは「未来」に関して

どんなイメージを持ってますか?

一方で

「人は変わらないものだ」という説もあります

心理学教授のドゥエックさんは

「人は変わらないのか

それとも、人は変わるのか

研究を通して分かったのは

その人が、どちらを信じているかによって

変わりもするし、そのままでもある」

要するに

「人はどんどん変わっていく」と信じている人は

最初はダメだって評価されても

どんどん変わっていく一方で

「人なんて変わらない」と信じている人は

優秀だって評価されていても

成長せずにどんどん追い抜かれていきます

「人は変わらない」と信じている人は

うまくいかなくなると

「もうダメだ、私」って思います

「人は変わる」と信じている人は

うまくいかなくなると

「学んで成長すればいいだけじゃん」

って思います

どちらが正解ということではなく

どちらも正解なんですよね

ではどうしたら変えられるんでしょう?

人の性格をつくっている

ひとつの超大きな要素は・・・

自分にどんな「問い」をしているかです

「これからどうなるんだろう?」

→不安になりやすい

「なんでアレをしなかったんだろう?」

→後悔しやすい

「なんでうまくいかないんだろう?」

→悩みやすい

全てこれにあてはまるわけではないですが

ほとんどの場合

状態が悪くなると

自分にする問いが乱れると

思考が乱れてきます

思考が乱れると

感情が乱れてきます

感情が乱れると

行動が乱れてきます

行動が乱れると

結果が乱れてきます

こんな相関関係なんです

コーチング学んでる人でも

自分へのネガな問いかけを

変えられない人が結構いますから

だから調子が悪くなってきたら

自分の問いをチェックしてみましょう

自分はどんな結果が得たいのか?

自分はどうなりたいのか?

という得たい結果に

集中する問いを

【想像力をもって考えること】が大切

何よりも想像力こそが

僕たちにワクワクを与えてくれます

何より想像力こそが

これまでの延長線上にはない

未来をつくりだしてくれます

想像力をもって自分の未来を描きましょう

もし一人で難しければ

声をかけてくださいね

お手伝いができたら嬉しいです

最後までお読み頂きありがとうございました


post

憧れや嫉妬を感じる人・感じない人


ご訪問ありがとうございます

女性起業家のビジネスモデル構築コーチ 川田治です

「もっとビジネスを発展させたい」

とか

「自分だけのコミュニティをつくりたい」

とか

「これから同じような分野をやりたい」

とか

そんな風に思っている

自分の「何歩か先」を行ってる人っ

ていると思います

そういう人を見て

憧れってありませんか?

数年前、僕は猛烈にありました

こんな自分が大好きで仕方ない

コーチングセッションをすることで

会社員の頃の自分より

稼いでい人がいるんだ・・

しかもSNS見ると

平日に旅行とかホテルで会食とか

ものすごい楽しそうだな・・

でも、そこから数年後

自分も同じようなステージまで

ビジネスを成長させることができました

だから

憧れてる人がいるのはOK!なんです

あなたの次のステージは

きっとその先にいる人の世界ですから

では次の質問です

その先を行っている人に

嫉妬を感じてます?

もし

メチャメチャ嫉妬しちゃう

嫉妬かどうかはわからないけど

心がザワザワする

でも、ついつい

Facebookはチェックしちゃう

こんな感じで嫉妬してたとしたら・・

 

 

 

大丈夫です

 

どうしてか言うと

嫉妬してるとしても

次のステージは

やっぱり、その人のような世界ですら

先を行く人に憧れるのは

もちろんですけど

仮に、嫉妬したとしても

あの人を

追い越したいと思ったとしても

そこに行きたいと思えるなら

それに向けて頑張れますよね?

それってすごく幸せなことですから

もう一方で

憧れと言われても・・・

嫉妬と言われても・・・

今ひとつ

そういう気持ちにならないとしたら?

 

もしかしたら

こちらの方が嫉妬より

ちょっと辛いかもしれません

あの人の

コーチングはすごいと思うけど

自分がそれに当てはまるかというと

そこまでじゃないしなーーー

 

あの人があんなに

稼いでいるのは羨ましいけど

別にお金だけじゃないしなーー

 

え?じゃぁ一体、私は

どこへ行けばいいの・・

こんな状態じゃないでしょうか?

その行き先の答えは

もちろん、人それぞれ

この世界ですよ!ってコンサルに

言ってもらえるものじゃありませんから

だからこそ

自分で探さないといけないわけです

だからこそ

ちょっと考えてみて欲しいんです

まず

「行き先がない」って言いながら

実は諦めたりしてません?

 

世界を股にかける○○のようになりたい

すごい売れっ子の△△コーチみたいになりたい

世界にひとつだけのオリジナルメニューを創りたい

 

多くの人は年齢とか

今の立場とか

過去の延長線上で考えるので

諦めがちですけど

これからもっと寿命が延びて

100歳まで生きるなんて

当たり前になる時代です

 

100歳と言ったら人生50年×2

今は人生を二度生きられる時代にいます

だから、それが一見

壮大に見えたとしても

10カ年計画とかつくって

たった今からでも

それをはじめた方が

宙ぶらりんな気持ちはなくなります

正社員勤務からの独立だって

大きな負荷がかかるし、時間もかかります

だったら10年位

腰を据えてやればいい

僕もビジネスモデルの

基礎編は大体カタチになりました

仕組みのつくり方については

どこから聞かれてもわかります

でも、その後

次を模索し始めました

ハッキリ言ってかなり憂鬱でした

小さなアイデアが出ては消える

そんな毎日

でもですね

更にレベルの高いカタチにできました

そしてそのプロセスでも

そう信じてました

独立を決心した時なんか

本当に全くのゼロでしたから

まだ会社を辞めて丸4年です

だからどんな起業家も

次に移行し始める時って

こんな感じです

周りを見渡したら何もない

自分の中に何もない気がする

このまま不安が増えてく気がする

でもそれは全て思い込みですから

一人だけで

頑張り過ぎないでください

この先10年ずっとじゃなくても

迷われてるならお問い合わせくださいね

一緒に頑張れたら嬉しいです

最後までお読み頂きありがとうございます

なにか参考になればとっても嬉しいです